× Q 翻訳訳語辞典
理由   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
answer
   
理由ははっきりしている: The answer was obvious 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 225
argument
   
〜するもっとも有力な理由のひとつだ: be one of the foremost arguments that ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 360
basis
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 186
because
   
理由はいくつかある。ひとつは〜: partly because ... スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
benefit
   
前記のような理由がなければ: were it not for these aforementioned benefits カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 240
circumstance
   
同様の理由で: in such circumstances カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 68
explanation
   
その理由はアル・オバイディに関するファイルの教育の項目に見いだされるはずだった: The explanation could be found in Al Obaydi's file under "Education": ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 20
ground
   
〜ばかりが理由ではない: be not merely on the grounds of ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 492
justification
   
〜する理由もない: there is no justification for doing マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 199
point
   
何かの理由でやる: have a point to make トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
problem
   
理由を説明する: explain one’s problem メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 122
purpose
   
それも〜という理由だけで: and all for the sole purpose of〜 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 13
reason
   
理由はともかく: whatever the reason クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
thing
   
〜する理由のひとつはそれだ: that is one of those things トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 65
why
   
それが大変だという理由はどこにも見あたらない: none of that explains why it’s so hard スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 252

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

万人が疑わない放校理由: a reason credible enough to find general acceptance
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 76
〜という理由で: on account of ...
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 81
〜が〜を流行させた理由である: account for the enormous vogue for ...
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 109
(人の)訴因というのは、亡命者だという理由だ: be accused by the public prosecution as an emigrant
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 180
(人を)〜することに強硬に反対する理由が見つからない: find no adequate reason for putting up any forceful opposition to sb doing
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 449
これといった理由なしに: almost without cause
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 209
怒りに駆られる理由が山ほどある: have plenty to be angry about
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
〜するにはもっと別の、もっと切実な理由がある: there is another, truer reason for why ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
いくつかの理由があって: for one reason or another
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 582
それで、理由はわかったのですね: to which you obviously have a satisfactory answer
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 66
宗教上の理由でいっさいスポーツに手を出さない: sb’s religion keeps sb from doing any athletic stuff
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
理由を(人は)もはや疑わなかった: had no doubt anymore why ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
これといった理由もなしに: for no apparent reason
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 496
〜する理由はない: there is no apparent reason why ...
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 118
約束を理由に切り上げる: leave for an appointment
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 312
相応の理由: some appropriate reason
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 144
欠席する理由がない: cannot appropriately stay away
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 294
秘密の業務上の理由: arcane reason of procedure
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
〜するべきである理由をくだくだと述べつづける(人): sb’s remaining arguments for doing
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 231
自分でもはっきりわからない理由: reasons one can hardly articulate
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 87
〜という理由で:as
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 123
とうとう〜の理由を反問しなければならない: be forced to ask sb why ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 154
理由はおれにもわからない: don’t ask me why
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
理由を一言も詮索しない: ask for no explanation
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 140
〜に対する理由のわからない愛着: mysterious attachment to sth
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 67
〜ような、理由のわからぬ気まずい生活をする: begin our life together, on terms so bad, that ...
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 134
現実的な理由: reason what it is
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
〜が理由のひとつだ: in part, that’s because ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 286
〜だからか、理由はさだかではない: can not tell you if that is because ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
仕事が忙しいことを理由に同行を拒む: beg off accompanying sb, pleading an excess of work
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 320
もっともな理由: a believable reason
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 188
疑う理由はない: I believe sb
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 588
〜するにはそれなりの理由がある: have better reason than most to do
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 222
これは若い男性が吹聴したがるからというのがおもな理由だ: largely because young men boasts
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 70
〜する理由としちゃいちばん「鈍くさい」: the most “bovine” reason for doing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289
〜にこられた理由は: what bring sb to ...
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 234
とはいえ、シェフがここでこれを出すには、出すなりの立派な理由がある: But the chef knew what he was doing
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 258
理由を表す:causal
辞遊人辞書
〜にはそれ相当の理由がある: there is cause for ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
最大の理由: chief reason for ...
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 90
〜しなければならないのっぴきならぬ理由をあれこれならべる: claim a variety of urgent reasons for ...
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 8
これという理由もないのににんまりする: smile to oneself for no clear reason
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 10
理由は思案するまでもない: the answer comes easily enough
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 110
これと言った理由なく: completely without rhyme or reason
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 25
いろいろもつれた理由で: for a complexity of reasons
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 335
〜の決定的理由となる: constitute a sufficient smoking gun to ...
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 186
不幸につけ幸福につけ、傍から見ればいつも理由の薄弱なこの人の: though one’s reasons for sorrow or joy rarely seem convincing to the observer
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 118
決定的な理由: good convincing reason
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 172
同じ理由で:correspondingly
ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 68
〜の理由がわかったような気がした: could see why ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
もっとねじくれた理由もある: there is a more cynical reason
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 88
無論否む理由を有たない: have no reason to decline it
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 176
(人に)理由を詰問する: demand an explanation from sb
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 252
〜に文化的な理由づけをする: describe cultural reasons for ...
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 58
だが、もしそうされても当然な理由が父親側にあるとしたら?: But what if he deserved it?
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 204
立派な理由がある: be deserved
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 110
〜なのか、その理由をさぐりだす: determine why ...
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 306
理由をでっち上げる: develop a reason
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 97
それぞれの理由から: for different reasons
理由こそちがえ: though for different reasons
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
特別何の理由もない: it’s difficult for sb to explain why ...
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 98
それなりに納得できる理由があるという場合も、警察はとりあってくれない: be dismissed for any number of indisputably logical reasons
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 8
(人が)そこに存在する理由をなんとか理解しようとつとめるように: as if to divine why sb exist there
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 33
およそばかげた理由、不測の理由で失敗した任務を、これまでにもどれほど見てきたかしれない: He'd seen missions go wrong for any number of dumb and unpredictable reasons
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 254
経済的にも、利用効率の面からも合理的だというのが〜を選んだ理由だ: on the ground of economy and efficiency
いやだという理由も言わない: make no effort to say why not
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 26
理由はなんであれ: either for ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
〜せずにいられない理由がある: there is a good enough reason to do
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 72
それなりに理由があって決められたことだ: didn’t get established in law by itself
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 553
理由はわからない: be not even sure why
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
だれにもいかんともしがたい理由により: for reasons outside everyone’s control
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 50
〜を期待する理由はない: have no reasonable expectation to ...
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 318
便宜的な理由:expediency
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 404
安手な英国貴族の声色で、「この人間たちと、この騒ぎではな」と、理由をつけくわえた: His English lordling's voice: 'The people and the noise,' he explained
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 102
理由は言う必要がない: there is no need for an explanation
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 184
〜の理由がわからない: cannot fathom why ...
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 377
噂好きの村人を憚る尤もな理由: well-founded fear of the village’s love of gossip
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 32
理由を知りたかった: was trying to figure out why ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
理由をつきとめる: find out why
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
〜しなくてもいい理由を見つける: find some reason not to do
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 434
その理由がはっきりするまで: until one find out why ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 36
理由は〜にある: the reasons flow from ...
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 299
多くの理由から: for many reasons
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 30
〜の理由を懸命にさがす: hunt frantically for an explanation for sth
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 19
この混乱状態の理由として、パウエルにはいくつか心あたりがあった: He thought he saw several reasons for the frenzy
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 142
〜する必要はないという、もうひとつの理由: a further reason for not doing ...
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 115
あわてふためく理由なんかないのよ: this is not something to get unnecessarily worked up about
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 72
ツイート