× Q 翻訳訳語辞典
文章   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
massage
   
note
   
口述筆記による文章: dictated notes クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 554
passage
   
文章の調子をたしかめる: test the tone of the passage 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 30
piece
   
他ワイのない文章: a piece of rot べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 154
prose
   
拘束衣を着せられた文章: prose in a straitjacket トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
sentence
   
story
   
(何かを新聞社などに)文章をつけてもちこむ: take sth to ... with a story ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 23
style
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 200

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

ここにおさめられている文章: what you are about to read
(人の)現実の記憶と、文章や映画に描かれた出来事: sb’s real memories and the written and filmed accounts what have happened in sb’s life
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
とまあ、見てのとおりのとおりの他ワイのない文章である: as a piece of rot this was
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 154
文章を書いて暮らしている: make one’s living as a writer
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 57
断片の文章: detached sentence
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 28
意外に文章が心になじまない: fins oneself unexpectedly displeased with it
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 102
ペンをもたせると流暢な文章を書く: a smooth writer
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 101
比較して辛辣な文章を書く: pen a tacky parallel
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 72
文章の体をなす:text
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 272
だけどもとの文章がなにかわからないと、まったく解読不能だからね: But if you don't know what the sentence is it's virtually indecipherable
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 27
文章にする:write
文章があまりよくない: can not write very well
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 15
ツイート