× Q 翻訳訳語辞典
  訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
fist
   
をふりあげる: shake one’s fist カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 111
grip
   
〜のにがっちりとつかまれて: in the thick grip of ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
hand
   
ちょっと足を止めて、いきなりで壁をドスンと打つ: stop to strike the wall with one’s hand ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 64
heel
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 30
knuckle
   
(人の)大きなのなかにすっぽり隠れてしまう: it disappears between one’s big knuckles スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

拳銃を構える:aim
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 57
拳をかため身をもだえている: fists clenched in anguish
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 188
拳でもう一発自分を殴る: give one’s head another jolt with one’s fist
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 210
拳をかたく握りしめる: one’s hands balled into tight fists
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
拳を固めて激しく(人に)襲いかかる: beat sb savagely
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 400
拳をのばして(人の)眉間に打撃を加える: thrust out one’s fist and punch sb between the eyes
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 359
(人の)かためた拳: one’s bunched fist
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 86
〜に拳固をお見舞いする: bury one’s fist in ...
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 280
拳をぎゅっと結んで: fists clenched
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
拳をにぎりしめる: clench one’s fist
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 73
〜を拳のなかで固めていく: clench one’s fist on sth
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
拳を軽く握りしめる: close into loose fists
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
手の拳を固める: sb’s fist doubles
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 213
拳銃を構える: drop into a firing stance
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 42
拳固と抱擁で出迎える: pummel and embrace sb
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 366
ぶよっとした、なまっちろい拳: fat white fist
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
指を拳銃のように(人に)つきつける: sight sb down the line of a finger
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
〜を拳固でなぐる: pound a fist on ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 292
〜に(人の)拳固が押しこまれたような気がする: feel like sb have shoved one’s whole fist into ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
足で蹴ったか拳固でなぐったかしたらしい凹みがある: be pretty much staved in from a foot or fist hurled by sb
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 291
気ぜわしく拳でドアを叩く: rap a flurry of knuckles on the door
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
ネクタイに拳銃という姿で: be wearing guns and ties
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
拳銃を突きつけられる: be under the gun
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 310
拳骨の分前を戴かしてやるよ: shall have one’s share of my hand
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 82
(人が)拳をかためる: roll one’s hands into fists
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
(人は)拳をかためている: one’s hand roll itself into fist
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
ブラッシーがパンティストッキングの裂け目に拳をつっこんで見せ、ふたりとも大笑いした: We both laughed when she poked her fist through the hole in her panty hose
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
右手の拳を左手のてのひらでなでる: lay the knuckles of the right hand in the hollow of the left
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
〜に拳をつっこむ: poke one’s fist through ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
グラヴを拳でぽんぽん叩く: pound sb’s fist into sb’s glove
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
拳闘選手:prizefighter
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 248
拳闘:pugilism
辞遊人辞書
拳骨を振り回す:punch
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 237
拳で裏までつきぬける: put one’s hand right through it
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 166
血のりのついた拳を固めた:red-fisted
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 165
制式拳銃: service revolver
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
拳をふり上げる: shake one’s fist
拳銃:sidearm
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 16
拳の中には汗が煮立っていた: Sweat simmered inside them
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 404
拳銃を腰にさげた: with pistol slung at one’s hip
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 44
じわり、じわじわじわりと、手にとったピンクの用紙をキートンは拳のなかで固めていった: Slowly, very slowly, Keeton clenched his fist on the pink slip
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
ウェスがニヤリとしたのを見て、わたしはやつの骨張った顔に拳固をお見舞いしたくなった: Wes sort of smirked, and I wanted to bury my fist in his bony face
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 280
太極拳にてあればこれは愚挙ならん!: In Tai Chi we call this stupidity!
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
拳骨をふりまわす: shake one’s fists wildly
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 6
ツイート