× Q 翻訳訳語辞典
感じられる   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
aware
   
着物の下の肌がどこも一続きに感じられる: be aware of one’s flesh beneath the clothes as continues 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
convey
   
咎める気配と狼狽とが、同時に感じられた: conveyed simultaneous reproach and alarm 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 50
detect
   
一族の長としての威嚇のようなものが感じられた: I detected an implicit threat from the head of our family 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 159
feel
   
肺がすっかりきれいになったように感じられる: lungs feel like one had breathed in bleach トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
like
   
この日の風は壁のように感じられる: be like leaning against a wall セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 105
look
   
(人の)背後姿が、何故か、いやあな気がする程、淋しく感じられる: sb’s back looks ominously forlorn 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
perceptibly
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 32
seem
   
部屋がひどくせまくるしく感じられる: the room seems incredibly stuffy デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 494

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

ひしひしと感じられる: be acutely aware
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 168
幾分の警戒心は感じられる: be somewhat alert
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 467
暑さが強く感じられる: feel the heat badly
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 155
胃の腑に熱いものがじわーっとしみわたるのが感じられる: feel the warmth in one’s belly as it spreads out
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 451
〜が強く感じられる: betraying a strong streak of ...
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 134
(人の)からだがこわばるのが感じられる: can feel sb’s body tense
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 163
おなかのほうからわくわくした気持ちが湧いてくるのが感じられる: can feel the excitement, that exhilaration deep inside
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 88
貴重な中身の入ったプラスチックの袋が、手のなかで妙に重く感じられる: The plastic envelope with its precious cargo felt weirdly heavy in his hand
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 46
ひどく無骨ではあるが、なんとなく誠意のようなものは確かに感じられる: there is a certain rugged fidelity about one
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 42
冷え冷えとしているものの、信じられないほどさわやかに感じられる: chilly but incredibly refreshing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
〜したことで、自分がケチな人間みたいに感じられる: feel churlish about doing
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 590
この十年間、これほど親密に感じられる人間に会ったことがない: sb is the closest friend one have made in the last ten years
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
ずいぶんと深刻げで不可知な悩みのごときものが感じられる: give sb the impression of profound intellectual torments beyond ordinary human comprehension
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 436
呪文をとなえ、どこか不吉な考えを呼びだすようなひびきが感じられる: conjure up vaguely threatening thoughts
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 330
変化の兆しが感じられる: it feels different
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 315
格式が高く感じられる:dignified
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 345
妙に薄暗く感じられる: look a bit dim and gloomy
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 329
疎ましく感じられる: seem disagreeable
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 12
〜がふっと消え、〜がじょじょに感じられるようになる: ... disappear, only to be replaced by ...
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
ものすごく遠くにいるみたいに感じられる: seem so distant
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 525
不愉快に感じられる: find ... distasteful
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 173
(物にも)気配は顕著に感じられる: can distinctly be tasted in sth
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 262
なかば夢のように感じられる: seem to sb half a dream
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 65
心臓が黙々と働きつづけているのが感じられる: feel one’s heart drudging away
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 180
〜が少し異様に感じられる: produce a lightly weird effect
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 10
自分のやった冒険の無鉄砲さがひしひしと感じられる: enormity of one’s adventure strikes one
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 93
ひときわいたいけに感じられる: look even more helplessly charming
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 199
〜が感じられる: can feel ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 330
〜の功徳がしみじみと感じられる: the merits of ... impress themselves on sb most forcibly
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 134
なんだか以前とは違って感じられる: seem foreign somehow
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 159
時間がものすごく長く感じられる: that moment seems to last forever
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 31
「〜」って呼び名、なんだか親しみが感じられる: there is a friendliness to ‘...’
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
〜が耐えがたく感じられる: need to get away from ...
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 148
(人が)いるおかげで、〜は進取の気風に富んでいるかのように感じられる: give ... a progressive tone
ぼんやり感じられる: get a faint idea
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 357
知性が感じられる:intelligent-seeming
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 157
人間味の感じられる:life-giving
辞遊人辞書
〜も実感として感じられる: it is with a tangible sense of one’s meaning that ...
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 205
だがそのやり口が不愉快に感じられるのはなぜだろう: Mungo asked himself why he fund his methods distasteful
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 173
時のたつのが外界の二倍も遅く感じられる: you’d swear every thirty seconds took a real-world minute
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
一番身近に感じられる: feel sb most in touch
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 364
フロアの書棚が一つ一つこちらを向き、それが息ぐるしく感じられた: Each of the bookshelves seemed to be facing towards him, oppressively
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 91
人間の健全な精神が生きていることが感じられる話: pieces of sanity
〜する心地の良い感触が感じられる: have the pleasant sensation of ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 214
すばるの引力が感じられる: feel the pull of the Pleiades
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 115
さわやかに感じられる:refreshing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
いいようもないほどすがすがしく感じられる: be a wonderful refreshment to sb’s sense
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 261
声に、不本意と逡巡が感じられる: one’s voice is tentative and regretful
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 38
〜と感じられる: it seems to sb that ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 166
(人が)身じろぎする気配が感じられる: can sense sb stirring
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 75
〜らしい気配が感じられる: can sense that ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 125
(人の)肩の上で重く感じられる: be a weight on sb’s shoulder
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
自分が卑小に感じられる: feel small
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
自分が軟弱に感じられる: feel soft
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
空気にはやわらぎが感じられる: there is a softness in the air
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 85
ツイート