× Q 翻訳訳語辞典
思い   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
design
   
自分の思いのままにつくりかえていこうとする: try to change sth according to one’s own designs 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 58
emotion
   
耐えがたい思い: difficult emotion トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
emotional
   
〜の入りまじった燃えたぎる思い: with a combustive emotional mix of ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
fancy
   
鳴曲の響きを外で聞いてみたいとの思いに駆られる: be seized with a fancy to listen to the peal from outside セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 59
feel
   
〜という思いを胸に帰路につく: return home feeling that ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 508
feeling
   
複雑な思いで: with mixed feelings マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
imagine
   
〜など思いもおよばない: be unable to imagine ... ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 164
knowledge
   
辛い思い: bitter knowledge ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 117
mind
   
(人に)は〜との思いがある: in one’s mind, ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 379
mood
   
敬虔な思い: mood of devotion 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 26
question
   
胸につかえていた思いを口にする: ask the question one have been building ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 504
realization
   
胸の内には〜との思いだけがある: one’s only company is the realization that ... クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 292
reflection
   
こうした思いにとらわれて: lost in these reflections トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 349
sensation
   
これまで味わった事のない悽愴の思い: a sensation of desolation more intense than anything I have previously known 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 103
sense
   
〜と同じ思い: the same sense of ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 423
thought
   
そんな情のこもった思いを(ひとに)伝える: transmit those loving thoughts to sb ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 16
time
   
ずいぶん辛い思いをした: it was not an easy time ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 456

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

思い: feelings
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
自分は一介の兵士だという思いがある: consider oneself a soldier first
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
一種の狡猾な思いつきから: out of an arch impulse
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 257
〜に思いも寄らないという風をする: seem taken aback by ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 247
ものの形を思い浮かべる感性: the ability to create images
やっとの思いで〜することができる: be just able to do
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 317
(人の)ことを思い出しても〜特に〜しない: find oneself able to think about sb without doing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 316
秀男は二の句がつげないほど、思いがけない: Chieko's confession was so abrupt that Hideo could find no words
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 146
ふと思い出したように言う: say abruptly
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 38
物思いにふけっているあいだに: during one’s mental absence
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 416
思いだしたように片手をそっと優雅にあげる: absentmindedly raise one’s hand in a regal gesture
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 92
正直も正直、思いきり正直な話: to be absolutely totally frank
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 18
もの思いからつかのま覚める: wake sufficiently from one’s absorption
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 135
何を馬鹿なことを、とお思いだろうか: guess that sounds absurd, doesn’t it?
思いがけない:accidental
辞遊人辞書
(自分の)思いを抱いて歩き去ってゆく: walk off, accompanied by one’s own thoughts
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 84
思い通りに: in accordance with one’s beliefs
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 329
思い通りにことが運んでいる: everything is going according to plan
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 85
思いがけなくスーパーユーザーになる: stumble into a privileged account
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 190
正確なことが思い浮かんでこない: can not recall things accurately
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 72
(人の)前にのこのこ現われて、姿をさらして(人に)恥ずかしい思いをさせる: look up sb and embarrass sb by making sb acknowledge one
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
部屋の反対側の隅に思いきり投げつける: throw sth across the room
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
思い切った勢いで: in a desperate desire to act
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
思いきった行動に出る: take some drastic action
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 227
〜している自分の姿をありありと思い描くことができる: can actually see oneself doing ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
あなたがたもやはり我々のように行っていると思いますがね: you humans are actually doing very much the same sort of thing
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 17
〜が十分に信頼できるものであることを思い知る: begin actually to have confidence in ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
なにか思いつく: an idea actually dawns
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
自分は〜だと思いなす: actually believe oneself ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 422
(人の)ゆるぎない信心に、いつもながら頭の下がる思いがする: long admire sb for sb’s unswerving faith
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 208
〜と思い切る: admit that ...
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 28
思いもかけない展開を見せたものだ: this is a very unexpected turn of affiars
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 31
思いやりをこめて(人を)制する: scowl at sb with affection
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 76
後ろめたい思いをする: a vague shame afflict sb
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 6
そこまで思いつめての話の間、(人は)、黙ってじっと聞いている: sit meditating after these earnest words are spoken
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 34
〜の一部を建築家があとから思いついて改造した部屋: architectural afterthought carved out of ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
恰好の目印を思いだしてつけくわえる: as a brilliant afterthought, sb add
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 89
それから思いついて: as an afterthought
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
ふと思いついて: as an afterthought
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
〜をあとでじっくり思い返す: relish sth afterwards
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 132
〜をいま一度思い出した: it occurred to sb once again that ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
いけないと思いながら: very much against all one’s better judgment
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 28
思い直す: decide against it
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 270
いい年をして〜なんて恥ずかしいと思いなさい: it is positively disgraceful for a girl of your age to ...
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 136
あてもなくとりとめない思いにふけって過ごす: spend in aimless desultory reflection
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
適当に思いつく: pull out of thin air
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 251
宙をみつめて思いだし笑いをする: grin reminiscently into the middle air
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 6
緊張して思いを巡らせる: wonder in alarm
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 303
思いがけない光景: alarming scene
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 53
体じゅうの血も凍るような思いで: with one’s blood all chilled
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 247
世の中、思いどおいになれば苦労はない: we can’t all get what we want in life
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 22
思いつくかぎりのことをする: try all sorts of things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
いったいどうしてこんな結果に終わってしまったんだろうと深く思い苦しむ: feel tormented as to why all of this has happened
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 315
それしか思い浮かばない: be all one can think of
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 149
思い浮かんだのは〜だけだった: about all one could think of were ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 264
(物に)特別な思い入れはない: have no special allegiance to sth
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 185
言われてみて、(人も)初めて思い出したのだが、そういえば〜だ: the allusion serves as a timely reminder to sb that ...
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
〜という言葉に、何か思いあたることはありませんか: what did you gather from this allusion to ...
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 215
なんだかしみじみと犯罪者ふうに暗かった(人の)眼を思い浮かべる: think about the shady, almost criminal look in sb’s eyes
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
疲れ果てて、ものを思い出すのも億劫だ: be almost too tired to remember things oneself
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 67
自分だけという思いをしている: feel alone
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
もうかかわってしまったことだからと思い直す: decide that one is already committed
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
〜したいという思いがある。でも同時に〜したいという気持ちがある: in part, one want ... but also one want ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 320
そう思いはしたものの、そんなことが不可能であるのはいうまでもない: think, although that, of course, is impossible
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
思いやりというより破損を怖れてジャックリーンはそう言わずにはいられなかった: Fear of breakages rather than altruism had prompted Jacqueline to protest
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 60
自分にくどくどと念を押す人間といったら、(人)しか思い浮かばない: only sb one can think of who is always reminding one of things
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355
欲しい欲しいとずっと思いつづける: always want
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
今思い出してみても、思わず恐怖で総身が震えだすほどの恐ろしさだ: always remember with fear and trembling
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 213
〜に目を見張るような思いだったろう: how amazed one must have been at ...
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 41
思いもかけない逃げ口上を見出した: give an amazing explanation
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 73
思いがけず〜が強い: turn out to be amazingly good at ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 359
そして、執事としての円熟期に入った頃、その望みはかなえられたと思います: And in my view, at the peak of his career, my father achieved his ambition
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 52
しらべるなんて、そんな大それたこと、思いもよりませんけど: Nothing so ambitious as that
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 180
現下の状況について二つの相反する思いを抱いている: sb’s ambivalence over the situation
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 493
複雑な思いで: with some ambivalence
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 101
思いちがいをする: take this amiss
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 209
過去の物思いにふけっている: anchor in the past
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 220
いましも頭にわいたのは〜との思いだった: and sb was thinking that ...
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 177
それにしても、ご両親は、おしりになってどうお思いになるかな?: And how do you think they'll take the news?
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 17
〜の方に一歩踏み出そうとしたが、思い直してやめる: take a step toward ... and then stop
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 289
(〜を)手に汗をにぎる思いで見まもる: anxiously watch sth
辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 56
いささか心ぼそい思いで(物を)見やる: look at sth rather anxiously
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 184
不安な思いでききいる: listen anxiously
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 343
〜などとは、だれも思いもつかなかった: the last thing anyone thought is that ...
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 237
どうしても思い出せなかったが、いまとなってはどうでもよい: He couldn't really remember, and it didn't matter much, anyway
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 76
わたしとしてはそう思いたい: I like to think so anyway
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 22
そこには、歴史を思い起こさせるような事物はひとつとして見当たらない: there’s no history visibly apparent
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 68
思い出す: become apparent to sb
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 432
なにをどう勘ちがいしたものか〜と思い込む: apparently get things confused and think ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 6
この皮肉な状況を苦々しく思いつつも、まんざら悪い気はしない: find the irony bitterly appealing
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 19
思いがけなく可憐だ: be strangely appealing
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 102
改めて思い起す:appreciate
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 124
その事実を思い知らされる: appreciate the truth of that
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 466
〜を思い知る: appreciate sth
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 268
つくづく思い知る酸素のありがたみ: a completely new appreciation for oxygen
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 50
燃えるような思い:ardor
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
脳裏に〜を思い浮かべる: there arises in my mind ...
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 53
ツイート