× Q 翻訳訳語辞典
嫌悪   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
abomination
    辞遊人辞書
contempt
   
〜を嫌悪してやまない: have great contempt for ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
disaffection
    辞遊人辞書
disfavor
    辞遊人辞書
disgust
   
だが、ストレルスキの嫌悪は、見ていて不安を覚えるほど偽りなしのようだった: But Strelski's disgust seemed alarmingly genuine ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 209
distaste
   
傍目にも明らかな嫌悪の表情: distinct expression of distaste トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 135
loathing
   
嫌悪を感じながら: with loathing 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 229
nauseousness
    辞遊人辞書
revulsion
   
〜への嫌悪: revulsion at ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 343

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

嫌悪を感じる:abhor
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 10
イヌに対する嫌悪が根強く植えつけられてしまっている: have acquired a fixed aversion for dogs
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 291
嫌悪のそぶりすらある: almost with distaste
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 285
〜した瞬間(人は)嫌悪感が身体を駆け抜けるのをおぼえる: a momentary revulsion sweeps over sb as ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
自己嫌悪と恥ずかしさに襲われる: be disgusted and ashamed of oneself
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 76
(人に)見せつけるように目玉をぐるりとまわして嫌悪感を表す: careful to make sure that sb catch the disdainful roll of one’s eyes
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 37
身の毛もよだつほどの自己嫌悪: chilling self-disgust
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 326
〜にかすかな嫌悪感がある: feel a trace of contempt for ...
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 10
嫌悪感しか抱けない〜: disapprove of sth
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 120
〜する自分に嫌悪感をおぼえる: be disgusted with oneself for doing
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 36
嫌悪の色を隠そうとしない(人): a disgusted sb
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 69
(人に)対する直観的な深い嫌悪感: one’s instant deep dislike of sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
ひと目見ただけで(人に)嫌悪感をいだく: dislike one’s face on sight
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
(人を)嫌悪する気持ち: distaste for sb
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 275
嫌悪感を振り払う: pull free of one’s hatred for sth
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
じぶんの道化の浅ましさに自己嫌悪がふきあげてくる: full of disgust with oneself for shamelessly making up to sb
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 71
目にはいるものに嫌悪を覚える: hate what one see
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 181
演技たっぷりの嫌悪の叫び: highly theatrical expressions of disgust
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 418
(物に)嫌悪をおぼえる: do not like sth
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 197
(人の)嫌悪してやまぬ(物)だ: now sb loathed sth
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 65
もうその嫌悪感を呼び戻すことはできない: can no longer summon up that rancor
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 543
嫌悪の表情がさっと顔をよぎる: expression of distaste passes by swiftly
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 135
〜にたいし何度もぶりかえす嫌悪: periodical spurts of revulsion at ...
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 60
病的恐怖・嫌悪:phobia
辞遊人辞書
見下げ果てた(人を)烈火のごとき怒りで嫌悪する: hate poor sb with a positive fury
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 55
〜にはげしい嫌悪を感じる: be sickened by ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
軽い嫌悪感を押し殺して: suppressing a small twinge of revulsion,
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 68
いままで抑えつけていたライプチヒ殺害への怒りと嫌悪: His anger and revulsion at Leipzig’s murder, till now suppressed
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 343
嫌悪を催させる:unwholesome
辞遊人辞書
道のものに対する恐怖・嫌悪:xenophobia
辞遊人辞書
ツイート