× Q 翻訳訳語辞典
姿   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
aspect
   
気味わるい姿をした足なえ: a crippled wretch of hideous aspect ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 172
dress
   
普段着姿である: be dressed in one’s usual outfit メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 192
figure
   
理性の姿: the very figures of reason トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
form
   
でぶっとした(人の)姿: bulkish form of sb プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 361
image
   
どのような姿も浮かんでこない: no images materializes ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 74
look
   
彼らは一様に、〜という姿だ: they all look like ... タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 220
montage
   
(人の)姿が脳裏に浮かぶ: in one’s mind’s eye one see the montage of sb デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 152
picture
   
姿がはっきり浮かび上ってくる: the picture come quite clearly アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 282
presence
   
が、そのたびに目の前に見る正真の(人の)姿に、ハッとなっては、いっそう強くすがりつき、いっそう強く恐怖に震える: and then one cling to sb’s real presence and tremble more ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 189
reflection
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 172
scene
   
凄愴な姿だ: be an ominous scene 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 126
shape
   
事態の真相が(人の)前に姿を現す: the true story begins to take shape for sb ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 98
sight
   
正直な愛すべきヘレンが屈辱にさいなまれている姿に、スターンはひどく胸を打たれ、: The sight of dear, honest Helen so humiliated moved him terribly トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 295
sign
   
(人の)姿はない: be no sign of sb レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 412
silhouette
   
闇の中から(人が)姿を現す: show one’s silhouette in the darkness 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 195
similitude
    辞遊人辞書
way
   
あるべき姿: the way it is meant to be ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 88

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

姿: in a state
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
(人の)姿を目にして驚く: be taken aback to find sb
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 172
窮屈げな姿勢を変える: abandon one’s ungainly posture
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 192
中でもひときわ目立つ恐ろしい姿: above all, one hideous figure
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 163
ふっと姿を消す: abruptly log off
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 64
(人が)姿をくらます埋め合わせに何か面白いものを持ってくる: bring something back to justify sb’s absence
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 115
(人の)姿がない: find sb absent
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 193
姿が見えない: be absent
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 21
〜する自分の姿を想像する: absorb the thoughts of ...
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 269
無理な姿勢: absurd posture
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
(人の)ぶざまな姿を眼にしても、〜を浴びせかけない: accept sb’s troubles without ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
(人の)前にのこのこ現われて、姿をさらして(人に)恥ずかしい思いをさせる: look up sb and embarrass sb by making sb acknowledge one
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
〜している自分の姿をありありと思い描くことができる: can actually see oneself doing ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
すばらしい姿: an admirable form
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 15
感にたえたような顔をして、(人の)後ろ姿を見送っている: looking after sb with admiration
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 337
われながらぶざまだと思える恰好で(人の前に)姿を現わす: have to admit one must have been a sorry sight in sb’s eyes
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 87
アフリカに棲む動物たちの姿が彫りこまれている: carve into African animals
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
(人の)うしろ姿をけんめいに追う: look urgently down after sb
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 224
それっきり(人の)姿が見えなくなる: be never seen again
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 440
列の何人か前に(人の)姿が見える: see sb a few places ahead of one
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 310
気品豊かな容姿: the fine air of the elite
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 77
積極的な姿勢はしめさず: shoot airballs
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 332
しゃんとした姿勢で:alertly
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 105
サンプル・ケースごと姿を消す: disappear, sample case and all
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
古い家並みはおおかた姿を消す: almost nothing is left of the old neighborhood
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 201
およそ一分間、ネッティはじっとその姿勢を保つ: She remained so for almost a minute
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
(人に)一種の政治的指導者めいた姿勢を与えている: lent sb an almost stateman-like stature
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
はやくも連中、これでソ連の姿勢はどうかわるのかと、いまからきいてくる始末だ: They're already asking what the Soviet posture will be, even now
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
ひとりでさまよっている子供の姿がきっと見つかる: always spot some isolated children
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 29
岩陰に姿を隠す: disappear back among the rocks
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
姿態:anatomy
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 7
おまけに蓬髪をばっさり切って、なんだか以前とくらべるとまるでたよりないような丸坊主姿になっていた: And he had lopped off his wild hair, which gave him a forlorn, bald look
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 69
新たな記憶がまざまざと姿をあらわしていた: another memory have broken through
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 317
わたしがベルを鳴らすと、軍服姿のハンサムな青年があらわれた: ... and I rang the bell. A handsome young man in the uniform answered
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 129
反ノリエガの強硬姿勢をうちだすこと: hard-line anti-Noriega rhetoric
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 140
(人の)姿が視界から消える: be not there anymore
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 235
(人の)姿が見えない: don’t find sb anywhere
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 98
〜にたいして冷淡なりにもとっていた容認の姿勢: sb’s apathetic tolerance of ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 87
黙示録に出てくる不倶戴天の宿敵同士が野球の姿を借りて戦うと思えばよいだろうか: featuring the old apocalyptic rivalry, that baseball avatar
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
〜する姿はなかなか魅力的だ: in an appealing fashion
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
夢に気をとられているような姿に化す: appear to be dwelling within a dream
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 94
生身の姿をあらわす: appear in the flesh
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 37
姿を見せたかと思うとすぐいなくなってる: appear and then have gone
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 163
姿を見せていない: have not appeared
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 165
つかのま姿を見せてじらし、すぐまた、せまりくる夜にもうほとんど無用の煙幕のなかにかくれたりして: appearing briefly, tantalizingly, then disappearing behind a smoke-screen, hardly needed now in the coming night
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210
ふたたびふわっと姿を現す: suddenly appear again
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 90
なんて馬鹿げた姿だろう: how ludicrous a sight one must appear
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 29
精力的に公衆の前に姿を現す: make lots of public appearances
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 390
姿形:appearance
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 222
ぱっとしない容姿の(人): sb of uninspirational appearance
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 279
他人の容貌風姿にたいする(人の)鑑識眼はだいぶ肥えた: have quickened sb’s appreciation of the personal appearance of other people
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 112
姿を現わす: put in appearance
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 285
〜から姿を現わす: make one’s appearance out of ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
このところ姿を見かけない: haven’t seen sb around
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 276
〜の姿はどこにもない: do not see any ... around
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 239
姿を消す: be not around
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 126
できるだけ楽な姿勢を取る: arrange one’s limbs as comfortably as one can
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 69
姿をみせる:arrive
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 246
わたしたち、ありのままの姿をさらけだしてるわけね: no wonder we find ourselves as we are
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
〜しようとする(人の)姿を眼にした人は、容易に見分けがつかなかったはずだ: looking at sb as ..., you would have been hard-put to tell if sb ... or ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
祈りの姿勢をとる: assume a prayer position
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 111
変身した姿での非業の死に直面する: face unhuman death in one’s assumed shape
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・解放の呪文』(Wind's Twelve Quarters ) p. 117
おっかなびっくりの姿勢のまま: still in one’s original posture of scared astonishment
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 340
反射的に身構える姿勢になる: one’s way reflexes brace one against attack
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 113
気をつけの姿勢で敬礼する: stand at attention and salute
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 195
直立不動の姿勢で立つ: stand to attention
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 245
気をつけの姿勢をとる: stand at attention
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 200
直立不動の姿勢をとる: stand at attention
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 446
不動の姿勢: position of rigid attention
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 190
不動の姿勢をとる: be at attention
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 106
そのつんと取り澄ました姿勢: that attitude of smugness
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 197
この姿勢とうごきとを見れば十分だ: sb’s attitude and manner tell their own story
その動きと姿勢を見れば、すべてがわかる: sb’s attitude and manner tell their own story
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 11
まったく同じ姿勢で: be in the exact same attitude
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 121
本来の姿: essential attribute
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 46
通りすがりに〜するひとたちの目には、(人の)姿はほとんど入っていないようだ: people walk by, do ..., scarcely aware of sb’s presence
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 66
なんともぶざまな姿をさらす: behave so awkwardly
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 288
娘の歩く姿のみっともなさ: awkwardness in a walking girl
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 83
(人の)背後姿が、何故か、いやあな気がする程、淋しく感じられる: sb’s back looks ominously forlorn
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
手をうしろに組んだ姿勢: one’s hands clasp behind one’s back
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
うしろにもたれる姿勢をとる: lean back
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 407
まるでたよりないような丸坊主姿になっている: give sb a forlorn, bald look
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 69
影に隠されて姿はよくみえない: barely visible in the shadows
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 9
(人の)姿はない: be not in there
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
理知的な顔、そして端正な姿勢: intellectual of face and upright of bearing
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 140
姿をくらます: beat it
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
容姿すぐれ:beautiful
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 50
社会的にかくあるべしと望まれる姿: what sb must become
本来の姿に立ち返る: become what it is
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 135
世の中から姿を消している: become a rarity nowadays
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159
(人が)どこにいるかは姿を見ずとも音でわかる: hear sb before one see sb
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 340
〜したとき、もうその姿はない: be gone before ... have done
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 375
ツイート