× Q 翻訳訳語辞典
  訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
bugger
    辞遊人辞書
dog
   
抜目のないですぞ!: an artful dog, mind! ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 56
guy
   
女を買いに行く: horny guy 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
he
   
と同じような目にあわされた連中を俺は何人か知っている: I knew other boys who described similar experiences with him ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 225
kid
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 237
man
   
そんな: a man like that ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
one
   
人に指図されねばならん: the ones who need to be told クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 348
thing
   
嫌味なだ: be a hateful thing カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 26

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

奴隷制度廃止:abolition
辞遊人辞書
奴隷制度廃止論:abolitionism
辞遊人辞書
奴隷制度廃止論者:abolitionist
辞遊人辞書
奴隷がいたから、労働力にはこと欠かなかった: Slavery provided abundant labor
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 68
下らない奴だ: be no account
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 10
優秀な奴らがずらっと揃ってる側: where all the hot-shots are
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 16
自分の頭で考える奴: the ones who figure it out all by themselves
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 348
奴の呆気にとられた顔つき: his blank look of amazement
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 82
ダサい奴:anorak
辞遊人辞書
奴隷制度反対:antislavery
辞遊人辞書
奴隷制度反対の:antislavery
辞遊人辞書
奴が悪いんだ: he asked for it
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 215
腹を立てさせられる奴: pain in the ass
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 231
ちびりちびりとよく飲む奴だ: he keeps on sipping away
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 11
おまえって奴は、何をやらせても、きまってチグハグなことをやりやがる: You always do everything backasswards
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 66
あんな奴ら: those bastards
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 279
まことにもってふてえ奴だ: be a real bastard
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 240
勉強のできる奴: best students
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 84
けんかの強い奴: best fighter
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 84
奴らが祭り上げた優勝候補は今ここに消え去ろうというのだ: here was a dead cert going to die on the big name they’d built for him
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 53
とてもひねくれた奴: a very bitter guy
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 215
奴らが何と言おうと、そんな人生ってあるものか: it’s not the way to go on at all, though they swear blind that it is
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 57
考える頭を持たぬ奴ら: brainless bastards
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 154
そういう間抜けな奴らが大挙して: the whole goddam stupid bunch of them
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 240
あんな奴が〜するなんて、もってのほかだ: what business had he to do
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 49
たしかに腹を立てさせられる奴ではあったけど、語彙の豊富な男には違いない: He was strictly a pain in the ass, but he certainly had a good vocabulary
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 231
ちょつとおもしろい奴だ: be a real character
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 30
奴隷:chattel
辞遊人辞書
今よりもまだ習慣の奴隷だ: be even more of a slave to convention than one is now
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 182
根性のくさった奴: a dirty coward
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 144
あの〜の奴: that crazy ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 152
われらが王様を売国奴呼ばわりする: declare the King’s traitor to his own people
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 97
奴隷じみた熱心さで〜しようとする: be slavish in one’s eagerness to do sth
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 204
無学な奴の蒙をひらくような態度に出る: be very enlightening
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 212
奴隷と化す: be promptly enslaved
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
奴隷化させる:enslave
辞遊人辞書
まれに見るいい奴に変身する: make sb one of the nicest people you would ever want to know
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 165
いいかげん、でれでれやりやがったあげくに、サリーの奴が、その男と僕をひき合わした: Finally, when they were all done slobbering around, old Sally introduced us
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 197
そのうちに、やっと、ルースの奴が現れたんだ: Finally old Luce showed up
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 221
がっちりした奴:fireplug
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 63
まったく友情に厚い奴だ: be a real friendly bastard
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 230
船漕ぎ奴隷のようにこき使われるのは目に見えている: would literally make sb a galley slave
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 131
でも、奴には通じなかったな: He didn't get it, though
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 36
顔のきれいな奴: handsome guys
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 237
(人のことを)いやな奴だと思う: hate sb
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 291
優秀な奴ら: the hot-shots
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 16
実に利口な奴ら: a most ingenious People
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 20
イカレた奴らが〜んゴマンと押しかけてくる: millions of jerks coming to ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 239
僕のまわりはイカレた奴らばかしだったな: I was surrounded by jerks
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 133
奴は、いつだって、誰が行くかたしかめきゃ承知しないんだ: He always had to know who was going
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 59
インチキな奴らの揃ってるところ: a line-up of sneaks
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 59
この口数の多いやつといいあう気力はなかった: Too tired to argue with this loudmouth
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 108
バーテンダーがまたいやらしい奴なんだ: The bartender was a louse, too
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 220
因業な奴だ: be a mean old man
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 182
ああいうグリーン・ベレーみたいな奴らと事を起こす: mess around with any Greenie types
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 171
イカレた奴らが〜にゴマンと押しかけてくる: millions of jerks coming to ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 239
奴らはそんなふうにできてんじゃねえか: It's their nature, for Chrissake
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 130
ストラドレーターに限らず、誰でも腹のすわった男のことはきらってた、みたいだな、奴さん: He hated everybody's guts, damn near
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 34
女奴隷:odalisque
辞遊人辞書
かつての奴隷積出し港: the old slave port
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 59
ところが、チキショウメ、これがまた奴らにはオドロキだったんだな: But God damn it, they thought that was a panic, too
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 111
気取った奴ら: the phonies
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 219
その張本人はAAなんとやらという奴だ: that AA is the man behind the plot
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 155
最高に幸福な奴隷: the happiest possible slave
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 62
サリーの奴は、足首のとこが内側に曲がって、今にも氷にくっつきそうになるんだ: Old Sally's ankles kept bending in till they were practically on the ice
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 200
あんな奴が姫君のむこになるなんて、もってのほかだ: What business had he to be married to the Princess!
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 49
ろくな奴じゃない: be not much of a prize oneself
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 106
ひどく古ぼけた奴: a real old one
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 127
売店の奴ら、俺をぺてんにかけてやがる: They're screwing me at the hospital canteen, he says
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 63
奴隷根性:servility
辞遊人辞書
奴隷状態:servility
辞遊人辞書
ツイート