× Q 翻訳訳語辞典
奇妙な   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
bizarre
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 327
curious
   
奇妙な物音を耳にする: notice a curious sound ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 224
disagreeable
   
奇妙な現象が起こる: a disagreeable situation arises 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 44
eccentric
   
奇妙な節まわし: eccentric reading 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 23
extraordinaire
    辞遊人辞書
fucked
    辞遊人辞書
incongruity
   
奇妙な気持に捕えられる: a sense of incongruity comes over sb 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 146
odd
   
世にも奇妙なこと: the oddest thing デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 369
paradoxical
    辞遊人辞書
peculiar
   
(人の)奇妙ななれなれしさ: sb’s peculiar would-be intimacy トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 191
quaintly
   
身を守ってくれたブーツに彼女は奇妙な誇りを覚えた: she was quaintly proud of the way they had supported her ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 188
queerly
   
(人は)全身に広がる奇妙な感情の波につつまれる: a queerly pervasive feeling steals over sb スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
rum
   
奇妙: rum thing ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
strange
   
まったく奇妙なことに: this is the strangest goddamn part トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
unreal
   
そういう奇妙な日がつづく: we spend many unreal days 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 39
unsettling
   
実に美しくはあるが、どことなく奇妙な手だった: Truly beautiful hands, if somehow unsettling 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 88
weird
   
奇妙な使命感をもたれて: with a weird zeal 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 34

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

いささか奇妙なそぶりを見せる: act rather strangely
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 148
あまりにも奇妙なふるまいが多い: have been acting so strange
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
一種奇妙な驚愕の感情: peculiar sense of alarm
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 169
奇妙な構図: peculiar lateral alignment
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 113
店はありとあらゆる奇妙な品々でいっぱいだ: the shop seems to be full of all manner of curious things
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 102
とりわけ奇妙な感じをあたえるのは、〜だ: oddest of all is ...
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 50
奇妙な欲望のときめき: weird little amorous thrill
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
心臓が奇妙な反応を示す: one’s heart behaves oddly
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 49
(人の)奇妙な行動: peculiar behavior on one’s part
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
ぶうんという奇妙な電波を感じる: feel a strange buzzing connection happening
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 66
奇妙な静寂が(人を)を包んでいる: a strange kind of calm have descended over sb
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 54
朝の光景に奇妙な隈どりをあたえる: give a strange cast to the morning
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 212
奇妙な謎めいた想いがあれこれ: certain bizarre and intriguing notions
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 76
一瞬、(人は)奇妙な確信にとらわれる: have a momentary certainty
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
雪によって変貌した奇妙な都: a strange snow-changed city
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 29
それから引きつづいて、奇妙な事件がいくつもおこって: by an odd train of circumstance
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 108
また奇妙なものが見えてくる: come upon yet another odd sight
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 39
スターンはこの奇妙な説が驚くほど正確であることを発見した: Stern found surprising accuracy in this peculiar commonplace
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 268
ちょっと奇妙な気持だ: have a confused feeling
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 203
なにか奇妙な後悔のようなものを覚える: be conscious of an odd feeling of regret
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 325
奇妙な思索的な生活: a curious, contemplative life
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 17
現在この国に澎湃とみなぎっているナショナリズムの息吹きと一見奇妙なふうに入りまじっている: present an odd contrast to the wave of nationalism then surging through the country
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 66
数々の奇妙な事件や小さなスキャンダルに彩られる: be decorated with odd incidents and minor scandals
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 174
決った毎日の仕事について、こんな奇妙な言い方をしたあと: after this odd description of one’s daily routine of employment
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 43
奇妙な、それでいながらどうしようもなく大切な宝さがしに精を出している: some strange, desperately important treasure hunt
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
奇妙な疎外感を覚える: feel like one live in totally different worlds
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
ふらふらと方向の定まらない奇妙な走り方で近づいてくる: sb’s body sways to and fro as sb come, in a curious directionless run
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 140
奇妙な現象である:do not make sense
辞遊人辞書
(人の)奇妙なほど指の長さのそろった手: one’s hands, with their queerly even fingers
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
じつに奇妙な、ほとんど奇想天外といってよいくらいの症状: odd, even exotic symptoms
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
なんだかひどく奇妙な成り行き: a very strange turn of events
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
奇妙な夢うつつの姿勢でよこたわっている: lie in strange fantastic poses
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 162
奇妙なお伽話: some far-fetched story
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 105
奇妙な憐憫の情に胸がうずく: feel an odd pang of pity
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 256
〜と〜ののあいだには奇妙な仲間意識が存在する: there is a peculiar fellowship between ... and ...
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 124
この奇妙な代物: this strange find
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 147
空中を走る奇妙な音: the strange sounds floating back
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 361
名状しがたい奇妙な: in a funny way
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 24
いろいろ奇妙な憶測のたねを蒔く: give rise to so many strange conjectures
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 9
〜に奇妙な、荒々しい味を加える: give ... a kind of curious wild quality
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 111
話を奇妙なふうに持ちまわる: have rather an odd way of going about things
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 387
奇妙な気分をおぼえる: have a strange moment
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
わたしの手のなかで、ウィスキーの壜は奇妙な魔法の重さをもつ: In my palm, the bottle had a strange magical heft
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
どうやらとほうにくれたような奇妙なひびきがある: with a curious sound of helplessness hovering over
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 64
なんだかわけのわからない奇妙な感情にかられる: be seized by a strange impulse
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 89
一種奇妙なあてこすりめいたもの: some strange insinuation
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 111
このところの彼は、あまりにも奇妙なふるまいが多いのだ: He had been acting so strange lately
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
非常に奇妙な事件の調査に手をつけている: be in the midst of a very remarkable inquiry
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 166
その名の奇妙なひびき: the peculiarity of the name
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
自分の身に起こった奇妙なできごとをおぼえている、ということがあると思うんですが: I notice you have memorized your odd occurrences
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 79
奇妙なのは、そんなに自信があるくせに、それでもまだ怖いことだ: The odd thing was that notwithstanding all this, he was still afraid
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 385
奇妙なことに:oddly
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 311
仲間内の奇妙な隠語で: in one’s own strange jargon
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 15
奇妙な〜ではあるけれども:perversely
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 87
奇妙な成り行きだ、と首をひねる: think this is pretty strange
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 91
ツイート