× Q 翻訳訳語辞典
  訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
big
   
失敗をやらかす: make a big boo-boo デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 394
especially
   
good
   
成算: we have a really good chance クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 140
great
   
火: the great fire 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 134
huge
   
瓶: huge bottle スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
large
   
農場がまばらにあるだけの土地: an area of large and widely separated farms クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 371
major
   
事件: major crime デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 184
mighty
   
資本家: mighty capitalist 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 37
ponderous
   
〜が仕事: the ponderous business of ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 254
redoubtable
   
音楽家: redoubtable musician 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 39
teeming
   
群衆: teeming throng トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
very
   
〜するのは事件だ: it is a very serious thing to do 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 152

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

何故なら糞尿は大地の象徴であるから: : excrement is a symbol for the earth
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 10
大伽藍のひとつものみ込みそうに〜: ..., big enough to drown a cathedral
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 159
グラスゴーのさる大病院: a great Glasgow hospital
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 80
よくしたもので、大野浦へ着いたときには足の痛みが薄れていた: Luckily enough, the pain in my toes had abated by the time I got to Onoura
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 225
大修道院長:abbate
辞遊人辞書
大嫌いなもの:abhorrence
辞遊人辞書
〜の上で:above
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 239
楽の音にまけじと大声で: in a loud voice that carries above the music
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 325
しかし、何といっても最大の: above all
何より大きいのは: above all
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 34
大胆にも、この土地に踏みこんできている: be abroad in the land and defiant
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 10
(人の)口調は突然、大言壮語調から実務的なそれに変った。: Abruptly sb’s tone of voice shifted from expansive to matter-of-fact
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 294
大嵐が捲き起っている: be an absolute tempest
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 11
ひそりとしている: be absolutely quiet
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
網焼きステーキと大黄のタルトを腹に収める: absorb one’s grilled steak and rhubarb-tart
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 117
〜の愚行に対して声を大にしてとがめる: emphasize the absurdity of ...
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 101
そんな大袈裟なことをするのも馬鹿馬鹿しいかぎりです: this seems absurdly dramatic
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 237
大量:abundance
辞遊人辞書
さもなければ、いやしくも大佐が准尉ごときに痛めつけられて黙っているはずはない: How else could we get away with abusing a full colonel?
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 256
大学:academe
辞遊人辞書
大学での勉学が進むにつれて: as the academic year proceeds
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 400
過去二、三十年間、〜の消費が加速度的に増大している: the last few decades have witnessed an accelerating consumption of AA
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
条件を大歓迎する: happily accept an offer
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 204
大乗気だ: eagerly accept
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 102
彼ら--どう言ったらいいだろう?--つまり、われわれより偉大な存在は、われわれ地球人をねんごろにもてなしてあげるよ、と匂わせているんだろう、きっと: There's a hint of acceptance by--how to put it?--greater beings
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 321
増大:accession
辞遊人辞書
盛大な拍手に送られる: be accompanied by loud applause
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 252
大した宗教的達成と思われていなかったみたいだ: did not seem much of an accomplishment
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 123
増大:accretion
辞遊人辞書
〜に対するこうした描写を大げさに感ずる人があったとしたら: if anyone accuses sb of overdoing sb’s description of ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 186
(人を)納得させるために、ずいぶんと大骨を折る: achieve a hell of a lot to do reassure sb
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 150
〜から莫大な利益を上げている: be achieving super-profits from ...
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 157
大いなる成就の瞬間: a moment of high achievement
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 487
たった二語の組合せながら、その効果は絶大で利用範囲も広い: a remarkable achievement for two short words
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 321
大仰な挨拶: demonstrative acknowledgement
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 143
大統領は吐息をついて、先を促した: The President merely exhaled, acquiescing
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 172
脈絡のない厖大なデータ: acres of disconnected data
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 271
大股で〜を横切る: stride across ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
もう大詰めにかかっている: the last act has begun
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 21
軍医大尉代理: Acting Surgeon Lieutenant
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 35
大活躍を演じる: spring into action
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 380
〜に大童だ: be in a state of hectic activity, for ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 5
その実結婚は、僕にとって何か極めて重大な幸福かもしれないんだ: Actually, for me marriage could probably be some very grave happiness
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 157
〜を大げさに吹聴しさえする: actually brag about sth
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 235
大いにがっかりした様子で: with what have seemed like acute dissapointment
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 37
大いに元気を恢復する: add to the Refreshment
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 23
ある大学の学位授与式でスピーチをする: deliver the commencement address
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 199
大急ぎでそう言うと: with this hurried adjuration
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 17
あっぱれなほど寛大な気持ちになっている: admirably charitable
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
海軍大将:admiral
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 98
大の〜好きだ: have a great admiration for ...
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 77
(人を)大いにかう: admire sb
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
(人に)自分の失態の大きさ加減を教えることになる: entail admitting to sb the dimensions of one’s failure
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 214
大きな声では言いたくない: hate to admit it
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 163
自明の理を子供に説明する大人のような口調になる: adopt the tone of one who explains the self-obvious to a child
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 89
(〜が)(人に)大受けに受ける: sb adore ...
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 332
(物に)大変感心する: adore sth
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 34
(人の)あとに残された大人たち: one’s adult heirs
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 404
妙に大人びた丁寧な口調で言う: mysteriously speak in the polite tones of an adult
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 154
いっぱしの大人のような顔をして言う: answer sb with a terribly adult expression
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
二年生のくせになにかあまりにも大人びてきちんきちんと答える: speak in such an adult, formal fashion for a second grader
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 43
やみくもに大きくなっていく: suddenly turn into adult
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 258
これまでの人生の大半を行政委員として過ごす: have been a Selectman for most of one’s adult life
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
〜がなくて、子どもがどうしてまともな大人に成長できよう: how could a child grow to proper adulthood without sth?
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 475
(人から)大いに乗ぜられるところとなる: be taken full advantage of by sb
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 71
危険なほど大胆な:adventuresome
辞遊人辞書
大胆な:adventuresome
辞遊人辞書
大胆に:adventurously
辞遊人辞書
大手の広告会社: major advertising agency
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 167
大統領や補佐官たちのお出ましとなれば、意志決定は彼らの手に委ねられる: When the President and his advisers are engaged, they run the show
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 12
大気の:aerial
辞遊人辞書
大気界面:aeropause
辞遊人辞書
大気圏:aerosphere
辞遊人辞書
大家の責任だ: be the affair of the landlord
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 159
生涯かけた大恋愛: a lifelong love affair
〜に甚大な影響をあたえる: tragically affect ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 478
それを大部分(人の)おかげだという: affirm it is in a great measure owing to sb
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 55
その大きな家を維持することができない: can no longer afford that big house
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
(人に)(物事をされたら)大変だ: be afraid for sb to do sth
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 38
大学を出て一年後に: a year after college
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
トゥーツ大佐が自分の戦歴を得々と語り終えるのを待って、わたしはたずねた: I asked client, after he had given a gaudy review of his war record
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 139
十二時を大分まわったころ、〜だ: it is after midnight when ...
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 13
(人を)大事にする: look after sb
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 120
大丈夫: after all
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 161
「どうしてわたしが大喜びしなきゃならないのよ?」そういってまたもや笑いだす: 'Why should I gloat?' she asked and laughed again
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
(人と)(人の)間に大分年の差がある: there is a considerable difference in age between sb and sb
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 193
大小老幼とりどりの四足の悪鬼: four-footed fiends of various sizes and ages
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 10
高齢で大往生をとげる: die peacefully at a great age
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
大人になる: come of age
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 91
大手の不動産会社: the large real-estate agency
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
最大の法執行機関: principal law-enforcement agency
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 252
昔も昔、ほんとに大昔のこと: a very long time ago
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
突き当たりの大きな扉: the big door that lies straight ahead
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 57
払暁の大気: dawn air
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 106
大空に向っていっせいに矢を射る: shot Flight into the Air
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 18
強調された尊大な雰囲気: jazzed-up air of self-importance
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
大仰におどろいて見せる: with an air of large surprise
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 64
大げさな歓迎の雰囲気: the air of ceremonial grandeur
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 213
ツイート