× Q 翻訳訳語辞典
  訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
funny
   
だぞ: you look funny スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
lurgy
   
なんだがになってくる: get one’s lurgies ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 271
odd
   
ほんとにだ: be quite odd プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
silly
   
怒ったりしちゃだ: getting mad would only look silly 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 54

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

旧約聖書に出てくる狩人、ニムロデの生まれ変り: a modern Nimrod
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 263
窮屈げな姿勢を変える: abandon one’s ungainly posture
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 192
変種の:aberrant
辞遊人辞書
変則:abnormality
辞遊人辞書
変態:abnormality
辞遊人辞書
さして変りはない: be about the same
そろそろツキの変わる転機にきているようだ: it is about time sb’s luck changes
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 256
態度の急変:about-face
辞遊人辞書
空から見ると世界は変わる: the world looks different from above
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
何かあると気分ががらりと変化する傾向がある: be a man given to abrupt mood changes
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 53
そうおいそれとは変ってくれない: do not alter so abruptly
安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 94
俄然変わってくる: change abruptly
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 43
(人の)口調は突然、大言壮語調から実務的なそれに変った。: Abruptly sb’s tone of voice shifted from expansive to matter-of-fact
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 294
乱暴にくるりと身体のむきを変える: turn abruptly away
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 195
一変する: change abruptly
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 61
(人と)絶交する決意に変わりはない: a capitulation that does not lessen one’s resolve to put sb absolutely out of one’s life
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 83
つぎつぎに変化していく模様にすっかり気をとられていた: absorbed in the shifting patterns
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
なにか人間どもが貧弱な変てこなものを造って走ってやがるな: an absurd vehicle for vainglorious apes to scoot across the water in
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 49
異変が起る: the accident occurs
三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 19
宇宙の異変: some cosmic accident
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 177
文化変容:acculturation
辞遊人辞書
〜を根底から変えることによってのみ実現される: be achieved only by profound changes in sth
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14
そういえば、そっちもちょっと変わってる: Actually, it's one of those personalized plates,
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 333
(人は)どうだ、変わりないか: how is sb, actually
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 176
率直にいって、バンガローでの暮しは以前とほとんど変わらないように思えた: Actually, life in the bungalow seemed to go on pretty much as before
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 98
変化させる:adapt
辞遊人辞書
子供ではないから臨機応変に処分する: consider oneself old enough to adapt orders to changed circumstances
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 184
土地のミルクは、たしかにちょっと癖があるかもしれないが、彼女にとってはヒマシ油と変わりない: The local milk, admittedly rather curious stuff, put her bowels in an uproar
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 158
(物に)大変感心する: adore sth
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 34
女遊びのやりかたを変える: alter the conduct of one’s amorous adventures
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 111
自然町並みが変わる: affect the appearance of streets
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 121
(人に)(物事をされたら)大変だ: be afraid for sb to do sth
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 38
(人を)以前に変らぬ一人の男と見る: look sb as a man again
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 51
郵便受けは相変わらず空っぽだった: But again the mailbox was empty
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 376
変幻していく: change again and again
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 124
若い時分とあまり変らない: have not aged at all
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
風がその向きを変える: the air shifts
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 543
雰囲気を一変させ、白けさせた: deaden the air
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
相変らず何かを求めて、まるで飢えかわいたもののように: with strikingly greedy air, as if one hunger for something
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 308
考えて見れば大変なことなので: the idea being an alarming one
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 39
手順を変更する: different algorithms
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 236
変名:alias
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 128
なにもかもががらりと一変してしまう: change all sth
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 343
なにからなにまで変化してきたものだ: there’ve been all sorts of changes
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 303
〜の様相が一変した: it all looked different now
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 396
(人の)顔が失望の色に変わる: disappointment is written all over sb’s face
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 219
〜によって事態が一変する: change all that
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 9
〜であることに変りない: all the same
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 223
(人が)風向きをすっかり変えてしまった: all that changed with sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 16
〜で状況は一変した: all that changed when ...
ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 25
ほとんど昔日の面影なく変化を遂げる: be changed almost beyond recognition
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 111
〜というだけで目の色を変える: one’s eyes almost start out of one’s head at the mere mention of the word “...”
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 27
キャメラは引きに変わり、〜がフレームに収められる: the camera pulls back to allow sth to show in the frame
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 300
〜を作り変える: alter sth
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 129
世界を変える: alter the face of the world
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
角度が一瞬々々に変わる: angles alter from one instant to the next
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 91
市場価格に変動をもたらす: alter market prices
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
変容する:alter
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 26
変色剤:alterant
辞遊人辞書
改変:alteration
辞遊人辞書
改変箇所:alteration
辞遊人辞書
変化:alteration
辞遊人辞書
変更:alteration
辞遊人辞書
変更(校正):alteration
辞遊人辞書
変更の結果:alteration
辞遊人辞書
変質:alteration
辞遊人辞書
変質作用(地質):alteration
辞遊人辞書
変性:alteration
辞遊人辞書
法的文書の内容変更:alteration
辞遊人辞書
気分の変動: alternate moods
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
歴然と変わっている: be altogether different
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 55
ずっと変わることなく:always
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 276
(人の)表情は相変らず物憂げである: sb’s habitual melancholy expression is as always
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 25
不変の忠誠: Always Faithful
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 58
従来も今後も変りなく: always have been and always will be
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 376
心変わりはしない: would always be true to sb
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 105
相変らず: as always
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 66
相変わらず: as always
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 8
変形細胞:amebocyte
辞遊人辞書
歴史的変化による言葉の意味の向上:amelioration
辞遊人辞書
変形細胞:amoebocyte
辞遊人辞書
小さな円形劇場に変える: form a small amphitheater
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
媒介変数を示す方程式が解析関数である:analytic
辞遊人辞書
でも、変だったら電話するのよ、ネッティ。わかった?: And you'd tell me if you weren't, Nettie, right?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
顔色を変える: turn white with anger
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
変なふうに体をねじまげたまま: with one’s body bent at a weird angle
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 162
血相を変えた役人: angry official
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 119
変則的に:anomalously
辞遊人辞書
変名:anonym
辞遊人辞書
相も変わらぬアイリッシュの飲んだくれ: another Irish drunk
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
部屋を変えてもらいたい: one would like another room
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 190
言い方を変えれば: or to put it another way
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 229
人が変る: be another man
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 59
いつもとちっとも変わらぬ様子だ: as if this was just another day
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 413
抗突然変異性の:antimutagenic
辞遊人辞書
歳、変わんないのにね: especially since one isn’t any older than sb
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 64
ツイート