× Q 翻訳訳語辞典
呼ぶ   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
address
   
(人を)「サー」付けで呼ぶ: address sb as “sir” ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 62
ask
   
(人を)名指しで呼ぶ: ask sb by name トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 279
bring
   
(人を)呼ぶ: bring sb to ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
call
   
〜と呼んでくださって結構よ: you can call me ... トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
describe
   
とても〜と呼べるようなものではない: it is not what you would describe as sth トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 61
drag
   
(人を)呼ぶ: drag sb in トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
draw
   
(人を)蔭へ呼ぶ: draw sb aside 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 99
earn
   
低いうめきを呼ぶ: earn one a growl クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 50
find
   
(人を)呼べ: find sb ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 35
get
   
(人を)わきに呼ぶ: get sb on one’s own ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 91
hire
   
電話でベビーシッターを呼ぶ: call out and hire a baby-sitter タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 159
invite
   
(人を)呼ぶ: invite sb プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 42
name
   
どう呼ぶべきかわからない何か: nothing you could really name トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
prompt
   
口にできぬ疑問を呼ぶ: prompt yet another unasked question クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 47
refer
   
〜と呼んでいた手を使う: do what sb used to refer to as ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
reference
   
(人の)ことをいつも軽蔑をこめてこう呼ぶ: this is one’s condemning reference to sb アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 204
say
   
刺すような声で呼ぶ: say sharply スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
signal
   
(人を)呼ぶ: signal sb デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 144
spark
   
(人の)怒りを呼ぶ: spark sb’s anger ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 103
speak
   
首と呼べるほどのものがない: have no neck to speak of カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
take
   
(人を)わきへ呼ぶ: take sb aside クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
tell
   
面と向かってそう呼ぶのは気の毒だ: it isn’t kind to tell sb so セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 166

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

嗚咽まじりに、(人の)名をおろおろと呼ぶ: sob, uncertain how to address sb
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 59
色男と呼ぶにはちょっと難がある: almost a hunk, but not quite
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 55
不安に高まった声で一緒に呼ぶ: in voices full of anxiety and dismay
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 39
世の中にありとある砂漠とくらべてなお、これこそが本当の砂漠と呼ぶにふさわしい場所だ: the desert is the apotheosis of all deserts
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 16
威厳のある声でそう呼ぶ: call out in one’s voice of authority
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 538
(人の)名を大声で呼ぶ: bellow one’s name
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
誇らしげに〜と呼ぶ: boastfully call ...
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 113
電話一本で自動車屋を呼ぶ: call a mechanic to come
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 19
ティンドルは名を呼び、こたえを待つようにうしろに身をそらせた: Tyndall called and leaned back expectantly
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 205
(人の)名を呼ぶ: call to sb
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 153
この話だけはかなりの反響を呼ぶ: that tale, at least, finds a certain echo
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 6
ねたみからそういうことをしておいて、それを公徳心と呼ぶそうです: He says they do it out of envy and call it civic-mindedness
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 252
〜と呼ぶのは何となく気がひける: do not feel comfortable with ...
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 203
気のおけぬ相手にはAAと呼ぶ代物: what sb confidingly calls AA
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 36
仔細ありげに(人を)部屋へ呼ぶ: summon sb conspiratorially to one’s room
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 162
(人を)呼ぶ: contact sb
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
〜を不細工と呼ぶのももったいない: calling ... ugly does ... credit
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
近ごろは〜のことをそう呼ぶらしい: the current term for ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 334
ロボットを呼ぶときにふつう“ぼうや”とは言わない: ‘boy’ is not a customary term of address for robots
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 61
面とむかって(人を)〜と呼ぶ: dare call sb sth to sb’s face
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
歩く大八車とでも呼ぶほかないような姿: in a state which can only be described as heavily laden
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
いかにもそう呼ぶにふさわしい: be a man who obviouly deserved the title
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 119
御客を呼ぶ: have a dinner party
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 108
医者たちが「夜驚」と呼ぶ種類の夢: the dream that some doctors call a night terror
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 552
人気を呼ぶ: gain the favor of the people
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 175
けっこう親しげに「〜」と呼ぶ: call sb by the more friendly “...”
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 59
強風と呼ぶにはほど遠い: hardly a gale
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
(人を)呼ぶ: give sb a holler
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 239
(人を)恥知らずだの悪党だのと呼ぶ: call sb mean and hard
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 39
(人を)呼ぶ: have sb over
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 330
それでとうとう、救急車を呼ぶ: eventually one has to call an ambulance
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 517
(人の)名を呼ぶ声が聞こえた: heard one’s name mentioned
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 229
助けを呼ぶ: would better get help
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
助けを呼ぶ: get help
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 304
その人を〜と呼ぶ: call him ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
しかしアランは、自分がもう一度そう呼ぶことを予期していた: He supposed he would do it again, however
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
うっかり〜と呼ぶ: refer to sb inadvertently as ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 81
ナーヴァスと呼ぶだけでは言葉が足りない: to say that she was nervous would not do justice
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 21
〜と好んで呼ぶ: like to call ...
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 55
どう呼ぶにせよ: call it what you like
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
親の呼ぶ声などまるで耳に入らなくなってしまう: parents’ voices no longer register
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
〜と呼ぶ:name
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 295
必死に(人の)名を呼ぶ: shout sb’s name out
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 128
(人の)名を呼ぶ: say sb’s name
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 150
看護婦を呼ぶベルに指をかける: ring for the nurse
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
いかにもそう呼ぶにふさわしい人品骨柄をしている: be a man who obviouly deserved the title
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 119
お上品な人なら「・・・」と呼ぶかもしれないもの: something you might politely call ‘...’
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
店の主人を大声で呼ぶ: holler for the proprietor
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 48
すべてを瓦解へみちびく裏切りを呼ばずには措かぬのだろうか?: Did it not inevitably provoke a betrayal that led to complete dissolution?
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 353
(人)のことを一貫して〜と呼ぶ: refer to sb throughout as ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 252
ほかにも相当の患者依頼を呼ぶ: bring otherwise in moderate request
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 166
それはまさしく〜と呼ぶにふさわしい: sth is the right word for it
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 138
〜と呼ぶべき: semblance of ...
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 133
使いをやって(人を)呼ぶ: send for sb
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 244
無愛想に(人を)呼ぶ: call sb’s name sharply
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 87
小声に名を呼ぶ: softly call to sb
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 247
〜と呼ぶ: speak of ...
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 275
静寂を破って呼ぶ: call sternly into the silence
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 593
ツイート