× Q 翻訳訳語辞典
例の   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
famous
   
例の三人組: the famous gang of three 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
old
   
例の期待感: old feeling of hope レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 445
other
   
例の一件: other thing ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
same
   
例の女子職員: the same night registrar ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
that
   
例の(物): that sth ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 141
the
   
すべての亡命貴族は追放する、そしてそれにそむくものは死刑だという例の法令: under the decree which banished all emigrants on pain of Death ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 180
these
   
例のまんまる眼鏡の奥で眼をぱちくりさせる: blink behind these round spectacles プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185
this
   
例のセックスの話: this sex talk サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 228
those
   
例の「お気楽ドラッグ飛行」: those “joy pops” プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 62
typically
   
例の生真面目な調子で: in one’s typically overserious tone 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 196
usual
   
例の人を喰ったようなゆうゆうとした足どりで自分のところへ帰る: strut to ones with one’s usual imperitent swagger ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 136

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

例の: of course
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 425
その視線は魂でも抜けたように、例の床上に落ちる: sb’s eyes in gloomy abstraction seek the ground
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
例のきちんとした身だしなみで、まだ十分時間もあったので: having abundance of time for sb’s usual methodical toilette
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 30
例のすばらしい〜なまり: that beautiful accent
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18
その時彼は例の事件について、突然向こうから口を切りました: He suddenly began to talk about the affair
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 236
〜という例の調子だ: again, one say it like ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 105
例の(物): sth sb agreed on
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 24
肌身離さぬ例の帽子を使いながら: with the aid of his indispensable cap
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 304
例の体毛が薄いとかいう(人): allegedly hairless sb
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 163
例の芳しくない女道楽はひとまずおいて: forgetting a moment the disputable and licentious angle
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 17
よりによって、その日は恒例のお祭りだった: We had chosen the night of the annual fete
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 204
恒例のイギリス旅行: annual trip to England
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 132
例の大きな笑い声だ: laugh one’s big laugh
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 396
例のカードの住所は(人の)ところになっている: the card gets billed at sb’s place
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
見事な手なみで例の擬音をやってのける: make one of one’s brilliant vocal imitations
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
例の豪快な笑いをほとばしらせる: burst into one of sb’s juicy laugh
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 100
例のばかばかしいまね: that stupid business
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 232
例の "けなげな未亡人" といった見せかけ: this ‘noble widow’ business
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 218
例の無感動: the callousness
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 184
さりげなく例のクレジットカードを見せ、それでカウンターの端をコツコツと叩いた: I showed her the credit card casually, tapping an edge on the counter
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
〜とは例のごとき競り合いがある: have the usual cat-and-mouse game with ...
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 33
あの笑いは知ってるだろ、慇懃なんだが、あまりにも型通りなんでなんの気持も伝わってこない例の笑いだ: You know that smile, civil, but too habitual to mean anything
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 204
例の都会人の小生意気さを発揮して、きいてみようかとさえ思った: She had even considered asking him, for she had this urban cockiness
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 9
手を出すなら出してみろといわんばかりの例の「警察歩き」: that cop-roll, do-me-something stride
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
例の鍵の固くかかった部屋にひそかに赴く: one oneself would creep upstairs to the locked room
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 190
例によって例のごとく舳先にむらがる: pick up one’s customary bow positions
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 125
例の調子で: in one’s customary voice
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 115
例の手際のいい罠を仕掛けてたのね?: been up to some of your cute tricks?
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 226
むしろ徹夜をするので、例のぬれタオルの必要はいよいよ度重なる: it takes a deal of extra wet-towelling to pull sb through the night
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 248
例の変な投球フォーム: that strange delivery
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
ふたたび例のひたむきな眼で(人を)とらえる: hold sb with another of one’s direct looks
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 312
いまはむろんご用済みとはいえ、例の靴つくりの腰掛と道具箱とが置かれている: stand the disused shoemaker’s bench and tray of tools
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 167
例の無尽蔵の資金源: that endless source of funds
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 370
例の件などすっかり忘れる: have forgotten the entire incident
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 43
(人の)指は、しきりに例の敏感な神経のあたりを撫でまわしている: one’s fingers ever wandering over and over those fine nerves
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 308
異例の若さで: at an exceptionally early age
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 51
例の脅迫者からの電話だった: it was unmistakably a call from the extortioner
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 173
きわめて異例の:extraordinaire
辞遊人辞書
例のない:extraordinarily
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 76
例の様な御米: familiar Oyone
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 181
パリを指してイギリスをたった例の旅人の、旅程は一向にはかどらなかった: The traveller fared slowly on his way, who fared towards Paris from England
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
例の旅人の旅程は一向にはかどらない: the traveller fares slowly on his way
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
例の悍婦〜の姿: the figure of the sharp female called ...
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 163
例の怪漢たちは、東へ、西へ、南へ、北へ、一瞬の休みもなく進んでいる: the fierce figures are steadily wending east, west, north, and south
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 90
前例のない思い切った試みだ: be flying by the seat of one’s pants without much precedent
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 29
帽子を軽くヒョイと脱いで、例の忍返し頭を風になびかせる: lifting off one’s hat to give one’s spikes free play
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 296
例の白人至上主義のアホタレの一人: one of those white-supremacy geeks
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 309
(人)から例のプレゼントをもらう: get the usual from sb
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
例の謎々みたいな科白をいう: give sb one of those sayings
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 155
例のない:greatest
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 43
例の小狡そうな、人を食ったような薄笑いを浮かべる: give me that sly insolent grin
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 44
例の〜の件で?: this here ...?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
例の牧師口調になる: have these Holy Joe voices
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 156
この騒然たる気配を、例の半白の道路人夫に伝える: convey this hurry to the grizzled mender of roads
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 230
例の人を喰ったようなゆうゆうとした足どりで自分のところへ帰る: strut to ones with one’s usual impertinent swagger
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 136
〜という例のひとつにすぎない: be just one more indication that ...
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
例によって例のごとく:inevitably
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 356
例の呪文「〜」をとなえる: invoke the magic words ‘...’
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
〜という例のひとつに過ぎない: be just one more indication that ...
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
(人が)例の茶目っ気を出したに過ぎない: just sb up to sb’s tricks
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 301
(人が)こんなに遅くまで起きているのは異例のことといってよい: it is mighty late for sb to be up
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 351
(人の)心に潜んでいた例の不安は、この手紙を読むことによって、いっそうはっきりと表面へ出た: the latent uneasiness in sb’s mind is roused to vigorous life by this letter
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 105
例の短い自由時間: that quick liberty
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
例の調子で否定的なコメントを発表する: make one’s usual negative statement
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 198
例の〜: ... one have mentioned
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 88
例の金を持ち逃げする: run away with the money
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
ツイート