× Q 翻訳訳語辞典
仕事   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
activity
   
きのうまで一役演じていた仕事: the activity in which one had so recently played a part クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 6
assignment
   
仕事で: on assignment デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 7
billet
   
割りのいい仕事だ: the billet is a good one ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 67
business
   
仕事の基礎工事にとりかかっているあいだ: while one is still building up one’s business スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
care
   
同時に家の仕事もやってゆかなくてはならない: have to take on one the cares of woman at once E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 55
career
   
心ふさがれる仕事: depressing career ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 473
chore
   
なかなか楽しそうな仕事: sort of a fun chore スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
contract
   
軍事関係の仕事: military contract ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 29
crap
   
いまの仕事はそこが違う: This crap is different デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 19
deal
   
(人)だったらひきうけないような仕事: the kind of deal sb could forget about トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 53
dealing
   
ほかの〜に仕事をとられるのを最小限にとどめる: minimize sb’s dealings with other ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 229
desk
   
夜勤の仕事を切りまわす: run the night desk タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 26
do
   
仕事の手を休める: stop what one is doing カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 67
duty
   
仕事をサボる: shirk one’s duties タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 30
employment
   
決った毎日の仕事について、こんな奇妙な言い方をしたあと: after this odd description of one’s daily routine of employment ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 43
enterprise
   
本質的には善である仕事にたずさわっている: be engaged in an enterprise that is fundamentally good トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
exercise
   
手に負えない仕事だ: be too formidable an exercise プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
flow
   
仕事が着実にありさえすれば、月三十五ドルの家賃が払えるというものだ: If the flow was steady enough, Stern could satisfy his rent of $35 a month トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 227
function
   
目をつむっても自分の仕事はやれる: can do every function in one’s sleep クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 364
game
   
まずは生き延びることがすべてに先立つ仕事である: survival is an all-encompassing game クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 273
gig
   
ほんの腰掛け仕事: a temporary gig グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 20
job
   
とてもいい仕事をしてくれた: you did a fine job クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
labor
   
きつい仕事: hard labor ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
life
   
司祭という仕事: life of a priest 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 37
matter
   
ほとんどの仕事をこなす: handle most matters トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 115
mission
   
最大の仕事: the most important mission ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 172
morsel
   
ほんの少しの仕事: a few morsels トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
occupation
   
波のある仕事: be a very chancy occupation ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 265
operation
   
この仕事は気持が安まる: it is a soothing operation ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 103
practice
   
仕事の悩み: tribulation of practice トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 120
problem
   
大事な仕事: real problem ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 134
profession
   
仕事にかけてはまるでお話にならない男: an absolute imbecile in one’s profession ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 82
project
   
国家機密にかかわる仕事: classified project ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 214
sledding
   
ちょっとかったるい仕事: a bit heavy sledding ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 295
specialty
   
(人の)仕事: specialty of sb ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 11
story
   
この仕事は千載一遇の好機と受けとめる: have been waiting around for a story that finally came プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
stuff
   
意味のない仕事: pointless stuff ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 391
task
   
腰を据えて仕事にかかる: settle down to one’s task クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 482
thing
   
trade
   
世の中に役にたつ仕事をする: have a necessary trade カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 167
undertaking
    辞遊人辞書
weariness
   
一週間の仕事の疲れ: weariness of the work week トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 289
what
   
心得た者の仕事だな: one know exactly what one is doing クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 559
work
   
仕事ぶりが〜に見えるだけだ: work as if sb did ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 43

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

仕事: be involved in sth
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 178
仕事: job responsibility
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 96
女には女の仕事がある: woman’s work
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 235
ひと仕事: a job
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 397
平々凡々を絵に描いたような仕事だ: just men doing a job
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 19
仕事で来たもののその結果は芳しくない: on an abortive business trip
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 136
自分の仕事にかまけている: be absorbed in one’s own work
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 52
ときどき仕事のほうに忙殺されて、疎遠になることもあったが: after several relapse into business-absorption
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 163
ひと仕事終えたようなすっきりした気分になる: feel as if one have accomplish something
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 92
収穫は多かったものの、仕事はまだほんのとば口にさしかかったばかりなのだ: Much had been accomplished, but the work was still just barely begun
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
実際の仕事の見当がつく: have acquired some idea of what the work actually is
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 71
実際の仕事: active business
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 16
実際におこなわれている仕事: actual operation
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 189
ほんとのことをいうと、それはなかなか楽しそうな仕事だった: Sort of a fun chore, actually
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
住所も仕事も替っている: have a new job and address
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 205
仕事はなんでも迅速かつ手際よくなされることをよろこぶ: admire a job well and quickly done
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
〜を代弁する仕事: an advocate’s job of sth
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 194
仕事上の書類処理能力はずばぬけている: be downright superb at documenting one’s business affairs
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 157
(人が)仕事に出かけてまもなく: shortly after sb leave for work
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
明白な違法行為といわざるを得ない仕事: be after all a patently illegal act
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 274
そのあとは、一週間の仕事の疲れが口実になってくれるだろう: Afterwards, the weariness of the work week could overcome him
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 289
ハンドバッグを腕にかけた彼女は、あらためて仕事へ出かけていった: Then she set sail for work again with her purse hanging over her arm
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
ネッティはもういっぺん時刻をたしかめてから仕事にとりかかった: She checked her watch again and started
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 302
仕事に取りかかった物腰は〜のそれだった: get to work with air of ...
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 125
こんなしんどい仕事: all the hard work
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 110
仕事の道具を詰めた道具箱を下げて: with all of one’s work things in a box
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 77
それがきみの仕事だ: that’s all you have to do
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 199
そのかわり、〜する仕事が残されている筈だ: all that is left for sb is to do
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 12
ひたすら丁寧に〜するのが仕事である: all sb have to do is ... as well as sb can
仕事はずいぶんはかどった: all is well
仕事の周辺部を手下に任せる: allow one’s people to nibble at the edges of the operation
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 423
つい仕事がお留守になってしまう: almost forget what one is doing
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 241
ユーザー・プログラムはそれ自体、さしたる仕事をするわけではない: Alone, user programs can't do much
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 20
おまえさんは自分の仕事をしろ: just run along
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 30
これまた絶え間ない仕事でもあった: It was also steady work
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 10
面倒な仕事は下にやらせる: shit always rolling downhill
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
この若さで仕事をやる気がない: be still young and sb have no ambition
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 163
仕事の量はそれでちょうどいいくらいだ: have just the right amount of work
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 241
国際間にとびかう電気信号を傍受して情報を分析することがNSAの仕事の大半ですが、: Most of NSA works on collecting and analysing signals from abroad
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 146
補助的な仕事を行う:ancillary
辞遊人辞書
これでもうだいじょうぶよ、さ、仕事に出かけなきゃ: That's taken care of, big boy, and I must get to work!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
またひと仕事が終わった: another job was done
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
次から次へと仕事に追いまくられる: jump from one thing to another
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 289
食べながら仕事の話をしたいという希望: one’s anxiety to get on with the investigation while dining
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 130
もはや、彼の仕事のことにもぜんぜん耳を貸さないようになっていた: She didn't want to hear about his work at all anymore
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 189
「いずれにせよ、彼の仕事とかわりたいものです」そして、しみじみとつけくわえた: 'Anyway, I wish to God I had his job,' he added feelingly
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 104
だいたいどうしてこれがわが国の仕事なんだね、レックス: Why is this one ours, anyway, Rex?
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 236
この裁判所での彼女の仕事はいちおう終わったようだ: Her business here was apparently concluded
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 337
仕事に取り組む: applying oneself to one’s task
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 32
仕事をすませる: one’s appointment finishes
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
我々の仕事を認めてくれる: somebody appreciate us
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 433
仕事につく: be around
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
早く片づけなけれがならない仕事があると言いたげにせかせかと歩いている: hurrying as if one have business to conduct
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 47
「ほんとにきまり仕事かしら」彼女は気にかけた: 'You sure it was just routine?' she asked
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 343
かいがいしく仕事にはげむ: be most assiduous in one’s attention to one’s duties
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 145
デスク仕事にまわされてファイル・キャビネットの奥ですごす: be assigned behind a file cabinet
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103
その仕事を振られて: on assignment
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 170
仕事のことだろうと察して、問いただすことはしなかった: She assumed it had to do with work and didn't press the point
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 260
そのときすでに村の背後の丘の頂で仕事にかかっている: already at work on the hilltop beyond the village
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 230
仕事場:atelier
辞遊人辞書
仕事で出張中だ: be away
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 16
おぞましい仕事: awful business
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
仕事をしなきゃならない: have to get back to work
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
わたしがBAD(弁護士資格審査委員会)で法律家としての最初の仕事をしていたとき: when I got started at BAD
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
あまり感心しない仕事: a bad business
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 185
仕事をいい加減にやってのける: be doing a bad job
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 17
善悪の垣根の同じ側で仕事をする: be both working the right side of the good-and evil beat
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 13
だってあのときはおまえ、ほかにもっとたいせつな仕事をかかえてたんだものな: Because you had your own fish to fry
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
彼は・・・から、また国を救う仕事にもどった: before he returned to his task of saving the country
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
〜の仕事は未経験だ: never worked ... before
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 27
仕事が忙しいことを理由に同行を拒む: beg off accompanying sb, pleading an excess of work
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 320
仕事を恵んでほしい: beg for a job
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 11
仕事にかかる: begin one’s work
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 11
(仕事に)にかかる:begin
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 28
仕事が軌道に乗る: begin doing so well
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 364
(人の)仕事のやりかたにけちをつけるつもりはない: do not begrudge sb a living
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 288
女には女の仕事があるという考えを拒む: don’t believe in women’s work
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 235
その仕事に祝福のハイファイヴを贈る: bestow a high-five salute to sb for doing such a thing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 297
(人を)忘れず、仕事をたっぷり与える: remember sb with the opportunity for lavish billing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
仕事にならない: not do a bit of work
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 57
本を書く仕事をしている: write books for a living
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 93
書類仕事向きの男: a born paper man
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 123
仕事の邪魔をする: bother sb
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 171
仕事中に恐縮だが...: I hate to bother you, but ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 431
賞金稼ぎの仕事: bounty-hunter work
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 52
隙あらば仕事を横どりしようとしている有能な人材: brainy people hungry for jobs
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 132
仕事にはへこたれない: the work don’t break me
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 69
仕事が一段落すると: during a break from one’s work
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 38
(人に)仕事を教える: break sb in
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 5
根をつめて仕事をする: breathless concentration
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
その仕事ぶりを褒められたこともある: some said brilliant
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 56
全員が一丸となってあたる仕事: the business of bringing everyone together
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 84
てきぱきと、いかにも調子に乗った仕事ぶりである: work briskly and efficiently
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 38
自分の仕事をてきぱきとこなす: do one’s work briskly
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 231
睡眠不足になって翌日の仕事にさしつかえる: lose sleep and do not work briskly the next day
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 189
ツイート