× Q 翻訳訳語辞典
不思議   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
curious
   
なぜ〜なのか、不思議でしかたない: be curious as to why ... デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 41
impressive
   
前々から不思議: be always impressive ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 60
marvel
   
転生の不思議: marvel of reincarnation 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 45
mysterious
   
子供ごころにも不思議だったのは: even more mysterious to a child like sb 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 63
odd
   
私は面倒よりも不思議の感に打たれました: I thought his behavior not so much irritating as odd 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 226
puzzle
   
(人が)〜するのは自分でも不思議で仕方がない: it puzzles sb that one should do ... オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 45
remarkable
   
<例文なし> 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 13
strange
   
strangeness
   
不思議に思いながら: taken with the strangeness of it 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 8
surprise
   
不思議なことに: to one’s surprise ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 543
surprised
   
〜が不思議なぐらいだ: I’m surprised ... デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 65
surprising
   
〜も不思議ではない: it is hardly surprising that ... メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 146
wonder
   
不思議はない: little wonder ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 151

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

不思議な抽象的な街: a curious abstraction of a neighborhood
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 94
もっともほほえましい、そしてもっとも不思議な: take the cake for being both adorable and odd
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 87
きれいなお嬢さんでしたからねえ。もうとっくに結婚なすってらしても、不思議じゃないんですものねえ: she was pretty enough to have been married long ago
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 333
不思議にはっと気がつく: somehow be on full alert
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 83
かねがね不思議に思っている: have always wondered
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 196
かねてから(人は)不思議でならない: have always puzzled sb
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 295
不思議な感慨とともに(人を)眺める: look at sb with amused surprise
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 225
一度発作が起こったとすれば、もう一度起こったとしても不思議はない: one seizure means sb is ready for another.
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 254
不思議なくらい:astonishingly
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 87
幽霊や妖怪の徘徊する不思議な、影に包まれた世界: a strange, shadowy world of phantoms and bewildering imaginings
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 103
〜しても不思議はない: be bound to do
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 53
不思議な話だ: seem a bizarre idea to sb
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 71
不思議なこともあるもんじゃないか: don’t you think it’s pretty bloody odd
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 122
どうして〜なのか、不思議だ: can’t understand why ...
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 40
(人の)顔は不思議な輝きを放っている: certain subtle incandescence refracts through sb
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
これほどひとが囁きあう悪評もかえって(人の)不思議な魔力をいやがうえにも増すばかりだった: these whispered scandals only increase sb’s strange and dangerous charm
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 208
不思議な親近感がある: have a mystical closeness
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 263
とうてい人工的に作り出すことは不可能と思われる摩訶不思議な姿だ: exquisitely more complex than anything like it humans knew how to build
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 86
不思議な満足感がある: become oddly content
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 155
不思議なのは〜ことです: it is curious that ...
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 421
不思議な部屋: curious room
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 44
不思議な:curious
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 32
不思議でしかたない: very curious about ...
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 385
なぜ〜なのかと不思議に思う: be curious about why ...
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 175
あの不思議なショックが体をつらぬく: drill sb with that little secret jolt
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
そして今、自分は不思議な経験をしていると思う: this is an unusual encounter
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 53
個人の行く末に思いを馳せることに何の不思議があろう: it is natural to think of your own end
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 295
〜を願ったとしてもなんの不思議もない: have every reason in the world to want ...
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 337
なんの不思議もなく、完全に筋が通る: be exactly, perfectly right
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 181
不思議な一体感を味わう: experience a strange sense of identity
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
つねならぬ興奮も不思議でない: explain an extra excitement
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 236
不思議な言葉: an odd expression
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 33
不思議なときめき: feel a faint, mysterious shuddering
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 158
〜の不思議な動き: fantastic motion of sth
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 90
不思議なのは〜だ: be remarkable feature
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 13
何とも言えない不思議な気持: funny feeling
(人には)不思議な性格ができあがっていた: find oneself in the strange predicament
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
(人には)〜が不思議だ: find ... strange
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
まる二十四時間眠っていないわりには不思議に眠くなかった: For not having slept in twenty-four hours, I felt surprisingly awake
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 35
〜するのに何とも不思議な風習がある: practice a unique form of ...
馬丁仲間には不思議なほどの友情と仁義があるものなのだ: there is a wonderful sympathy and freemasonry among horsy men
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
不思議なことに: funnily enough
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 161
一種不思議な顔をする: go a little funny
不思議に強い: be surprisingly good at ...
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 76
神経質になっても不思議はない土壌がある: there are grounds for nervousness
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 244
習慣とは不思議なほど抜けないもの: it is strange how powerful habits are
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 417
不思議でならない: really cannot help wondering
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 70
不思議に感じたことの一部を披露すると: here is a few mysteries
すべて人間というものは、誰もみなそうした不思議な衝動を、胸の奥深く隠している: all of us have like wonders hidden in our breasts
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 178
(人は)〜をなんだか有りえない不思議なことのように思う: it seems incredible to sb, impossible indeed, that ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 221
不思議な:incredible
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 44
人間の想像もつかないほど、ひどく不思議なものだ: be infinitely stranger than anything which the mind of man could invent
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 93
何やら教訓めいた不思議なもの: an instructive but puzzling gift
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 75
様式も何もない実に不思議な形の三階建て: an irregular three-story house
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 7
不思議な松明: a very uncommon kind of torch
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 76
声をしのばせ、不思議な音を出して笑う: laugh with a strange low sound
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 187
〜としても不思議はない: be quite likely to do
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 170
愛という名の摩訶不思議な化学変化: the mystic transubstantiations of love
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
不思議な一日: a day of magic
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 154
透明な空気は不思議に遠いものを見た目に近く引き寄せる: the air here has that odd magnifying quality
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 171
並んでいるとなんだか不思議な光景だ: make quite a pair
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 42
〜なのが不思議なくらいだ: it is marvel ...
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 279
水の不思議: the marvel of water
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 45
〜と不思議に思われる方もあるかもしれない: you might well ask ...
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 39
〜しても不思議はない: might do
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 283
不思議不思議、発作が収まる: have a miraculous recover
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 197
〜の不思議さについてしばし考える: spent a moment with the wonder of ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 54
世にも不思議な、異常な事件: the strangest and most unique things
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 52
不思議なおののき: mysterious tingling
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 98
ツイート