× Q 翻訳訳語辞典
もっぱら   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
all
   
もっぱら(人)からの口コミ情報にたよる: get all one’s information about it from sb by word-of-mouth 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 68
almost
   
もっぱら: almost universally サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 229
especially
   
もっぱら(人を)標的にしている: be especially interested in sb アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 213
fashion
   
まだまだ(物を)もっぱらとする: sth be still the fashion ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 141
largely
   
もっぱら自己裁量で仕事をしている: be largely on one’s own トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 115
lot
   
夏の午後はもっぱら〜で過ごすことにしている: spent a lot of summer afternoons sitting in ... フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 201
most
   
もっぱら〜が(人の)仕事です: most of sb’s work is ... ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
mostly
   
ビルはもっぱら私に、このことは内聞に、と言った: Mostly, he wanted me to keep my mouth shut ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 233
only
   
もっぱら〜する: only do ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 299
primarily
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 63
quite
   
もっぱら無自覚のうちに: quite unconsciously 鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 90
really
   
こもる期間は、もっぱら僧の意思にかかるといいます: The length of time really depends on the will of the monk himself プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 231
solely
   
もっぱら〜するためだ: solely in order to do ... 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 14
totally
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 151

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

もっぱら: in particular
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 313
もっぱら〜の問題を追求する: become almost completely absorbed in developing one’s theory of ...
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 2
非番の日はもっぱら〜をしている: spend all one’s free time doing
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 257
〜ということはもっぱらの噂だ: people begin to whisper that ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 325
もっぱら〜の話題でもちきりだ: be the main subject of conversation
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 16
もっぱら〜に力を入れる: devote oneself to sth
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 101
もっぱら〜に打ち込む: devote oneself to ...
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 373
彼はもっぱら夜勤だが、それはがらんとして寂しい家が、夜間は格別寂しいからだった: He worked the night shift because his house was especially empty at night
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
(人は)もっぱらいい物笑いだ: there are jokes in plenty at the expense of sb
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 44
(人が)夜の稼ぎ場としてもっぱら愛用しているコース: sb’s favorite territories for moonlighting
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 206
尋問はもっぱら(人が)引き受ける: handle most of the interrogation
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 304
もっぱら〜にしか関心を持たなくなる: limit oneself to the specialization that ...
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 171
もっぱら夜勤だ: work the nigh shift
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
そして少し足りないのではないかということはもっぱらの噂であった: People began to whisper that perhaps she was not all there in the head
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 325
もっぱら思索だけで: by pure thought
ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 36
〜というもっぱらの噂だ: it is rumored ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 249
〜になるというもっぱらの評判だ: everybody is saying I’m sure to be ...
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 61
もっぱら体裁をつけるため: mostly for show
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 44
もっぱら仕事の話をする: stick to business
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 52
もっぱら、(人の)おかげだ: thanks to sb
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 229
ツイート