× Q 翻訳訳語辞典
もっとも   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
actually
   
<例文なし> 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 44
although
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
and
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
appropriate
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 198
but
   
もっともチェイニーは、この王子が彼なりの行動律をもっていることが気になった: But Cheney worried that the prince had his own agenda ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 300
certainly
   
もっとも幾つかの細かい症例は明らかになった: Certainly they shed light on a number of specific symptoms 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 182
especially
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 122
even
   
もっとも、目を閉じたところで、若いときのようないい夢は滅多に見られなくなっている: Even when he slept, his dreams were no longer what they were in his youth 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
fully
   
〜から考えて、もっとも適している: be fully entitled by reason of ... ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 52
highly
   
もっとも進化した陸棲動物: highly developed land animal 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 243
however
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
if
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40
indeed
   
<例文なし> 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 186
least
   
もっとも嫌われている人間のひとりだ: be one of the least popular トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 218
perhaps
   
もっとも多少は自分のほうの魂胆もないわけではない: perhaps not quite disinterestedly ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 141
reasonable
   
これはきわめてもっともに聞こえる: it certainly sounds reasonable デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 322
sound
   
もっともながら、気の滅入る忠告だった: Sound but depressing advise メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 51
still
   
もっとも彼は決して社交的な人間ではなかった: Still, he was not your most sociable creature 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 44
though
   
もっともいつもなら、用事はもうたっぷり二時間は早く終っているのだろうが: though it is usually performed a good two hours earlier ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
ultimately
   
もっとも蔑まれる行為: ultimately contemptible act ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 162
unless
   
もっとも、いまのがコーヒーだったかどうか: Unless that was the coffee ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 510
while
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 451
yet
   
もっとも、ただ一つの点で他の二家よりも優遇されていた: Yet there was one way in which Mito received preferential treatment 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 7

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

もっとも: but of course
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 240
もっとも: of course
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 69
もっとも: on the other hand
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 129
もっとも: mind you
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 397
もっとも: to be sure
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 379
もっとも: that is
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 276
もっとも: in a way
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 192
ごもっともです: you’re absolutely right
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 84
もっともよき種のまかれた: the good seed had been most abundantly sown
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 9
もっともらしい口実: an acceptable reason
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 14
もっともな妥当な意見を述べる: produce an opinion that is just and acceptable
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 374
ごもっとも。おれも理論的にはそう思う: Actually, I agree in theory
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 49
もっともこの場合:actually
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 298
もっともそのときは:actually
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
もっとも〜だが: though I must admit ...
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 155
もっともほほえましい、そしてもっとも不思議な: take the cake for being both adorable and odd
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 87
〜を目にすると(人の)言い分ももっともだと思える: seem to affirm sb’s perceptions
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 176
(人の)意見はもっともだと思わざるを得ない: have to agree with what sb say
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 253
もっとも基本的な政治的事項において見解をまとめる: agree on the most fundamental matters of public policy
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 69
おまえがいろいろいうのはもっともだ: it is all very well to talk
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 115
最良かつもっとも慎重な方策: the best and most discreet alternative
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
もっとも、〜だけれど:although
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 228
もっとも〜だろうが: --although ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 82
もっとも〜:although
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
もっとも〜だが:although
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 134
もっとも遠く(高く)離れた点:apogee
辞遊人辞書
もっともらしい:appropriate
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 27
〜するもっとも有力な理由のひとつだ: be one of the foremost arguments that ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 360
〜のもっとも苦痛に満ちたプライベートな側面がニュースになって世間に流される: have the most painful and private aspects of ... transformed into public news
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 481
もっともいかがわしいスポーツ愛好者たち: the geekiest sports audience
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 314
もっともらしく見せるため: for authenticity
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 396
もっとも、わたしの場合はバーテンが心得ていてノラに電話してくれるのがふつうだったが: though usually the barkeep knew enough to give her a call
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
野球史上もっとも圧倒的なパワーをもつ存在: the most devastating force in the game of baseball
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 147
もっともお日さまの沈む側だけは別だ: except on the side of the sun going to bed
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 304
もっとも悪意に満ちた行為: the most malicious behavior
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
もっともな理由: a believable reason
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 188
もっとも〜の言うとおりだとすれば: if one believe sb
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 76
余がもっとも怖れるのは、苛酷な真実だ: worst I fear the bitter truth
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 57
もっとも敬意をこめて祝福するときは〜: the most respectful of blessings is when ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 108
記録に残るもっともはなばなしいハーレムの主: the most successful harem builder on record
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 58
見つけだしうる限りのもっとも秀れた織物や刺繍の標本: the most exquisite specimens that one can find of textile and embroidered work
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 204
もっとも世界じゅうどこでもそうしたことに決っているのだが: be invariably the case, all the world over
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 203
(人が)もっとも気にかけている疑問: one’s central suspicions
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
(人に)とっては、映画を別にすれば、生まれてこのかた目にしたもっともチャーミングな男だ: be the most charming person sb have ever seen outside of a movie
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 357
もっとも〜を持ってくるまでもなく: even without citing the example of ...
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 88
もっとも、沖へ出るまでは、お二人には下でじっとしていてもらおう: But you two stay below until we've cleared
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 158
もっともよく考えれば: come to think of it
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 191
もっとも私にしても礼儀正しい男だというわけでもない: not that I am in the least conventional myself
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 134
もっとも、〜したが: though, of course, ...
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 48
もっとも貴重な充実した毎日: the most important, satisfying days
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 156
〜というもっともらしい名で呼ばれている: be decorously referred to as ...
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 157
もっとも扱いに当惑する: prove much more difficult to handle
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 94
あまりにもっともな意見で、感心する: be impressed by a discourse like that
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 66
食物さえ手に入れば、もっともっと幾らでも食ってやるのだが: how much more one will eat if one have it
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 80
人間の持つもっとも原初的な感情: that most primitive of human emotions
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 218
もっともな話だ: be fair enough
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 321
自然界のもっとも恐ろしい異変: nature’s most inscrutable events
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
〜するのは至極もっともだ: have every reason to ...
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
いちいちもっともだ: agree with everything
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 115
もっとも〜だけど: except that ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 235
もっとも効率よく、思いやりをもって〜する: do with the most expediency, the most kindness
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 438
一応もっともらしく(物を)指で上からまさぐる: ostentatiously explore sth with one’s fingertips
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 32
もっとも残酷な苦しみ: the most exquisite agony
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 28
もっとも・・・、結局は: in fact, ...
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 60
もっともそんなことをいえば: in fact
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
もっともな質問: a fair question
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 118
もっともな:fair
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 27
これまでのところ、もっともヤバい感じ: the scariest by far
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
恋がしゃにむに、彼をもっとも恋にふさわしい人間に化してしまいました: Love was feverishly at work, transforming him into a person suited for love
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 118
もっともだ: that figures
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 147
大きさと重さに似合わず、イタチは荒野のうちでもっとも兇暴だ: for size and weight the weasel is the most ferocious
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 97
それよりもっともらしい話をしよう: I’ll give you a more plausible possibility
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 405
(人の)出世の足を引っぱる云々といったもっともらしい文句: glib words about not standing in sb’s way
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 33
もっともらしい口実がある: have a very good excuse
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 51
一つにはもっとも至極な原因がある: for one good enough reason
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 69
もっともこれはみんなこちらの当推量からのことなんだ: But of course we're only guessing
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 174
もっともらしくとぼけて: with specious guile
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 92
それはもっともだ: you have a valid point
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 316
お説はごもっとも: I hear you
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
もっとも、何と言われようと構わない: the hell you say
ツイート