× Q 翻訳訳語辞典
むろん   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
certainly
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 293
naturally
   
むろん誘惑は多い: Temptations, naturally, abound トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
obviously
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
only
   
むろんジョークだった: It was only a joke クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 46
though
   
むろん根も葉もないこととすぐに打ち消したが: though dismiss the idea as baseless ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 152
understandably
   
すべては計画的ではあっても、むろん、ふたりともいくらかナーヴァスになっていたはずだ: They've planned this, but they're understandably a little nervous デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 169
well
   
むろん、こういう推論自体、邪悪だと言える: Well, even this speculation was vicious トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 244

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

むろん: after all
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
むろん: of course
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 186
むろん: a’course
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 188
むろん: for God’s sake
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
むろん: not to mention
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18
むろん: to be sure
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 111
むろん: be sure ...
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 101
むろん、トリックということは考えられない: there’s absolutely no doubt that
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 11
むろん、ばかばかしい言いがかりだが、この屈辱はあまりにも耐えがたい: It was absurd, of course, but the humiliation was unbearable
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 273
そうしたことをむろんわきまえている: be well aware of all that
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 17
言い合いが愚劣なら、こうして言い合いを避けるのも、むろん同じくらい浅薄な欺瞞である: If the bickering wa absurd, avoiding it would have been blatantly dishonest
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 124
この亡霊的性格はむろん幻影だが、それは計算ずみの幻影だった: Illusion, of course, this ghostliness, but a calculated illusion
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 56
(人が)こういうことをやれば、むろんまわりは心配する: in the case of sb, this would be cause for concern
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
むろん、しこりは、深く棘のようにささって残ったままだった: Of course, the constraint remained a deep-piercing thorn
安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 169
「むろん古い話になりますが」スマイリーは気の乗らぬふうにいった: 'We are talking old history, of course,' said Smiley deprecatingly
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 301
描写はむろんあからさまだが、エロチックではない: The descriptions were, of course, explicit, but not really erotic
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 422
いまはむろんご用済みとはいえ、例の靴つくりの腰掛と道具箱とが置かれている: stand the disused shoemaker’s bench and tray of tools
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 167
TNはむろん世界各地にホテルをもっている: TN of course owns hotels everywhere
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
むろん意識なんて上等なものをもっているはずがないさ: Of course I wouldn't have anything so fine as perception
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 178
むろん中には、御婦人の前では話せないようなこともある: some of the things, of course, not fit for a lady’s ears
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 13
この謙譲の辞は、むろん、連邦検事の耳に入ることを意図したものだ: This gallantry, of course, was intended for the US Attorney's consumption
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 337
むろん、彼はとっさに後戻りした: Immediately, of course, he retreated
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 17
むろん、素人に話すようなつもりで、気楽にやりなさい: Informally, of course, as though you were talking to a layman
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 34
反射的に上を見上げたが、むろん洞窟の中だ: Instinctively, he looked up, but of course he was in a cavern
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 169
お膳立てしたデブのオレグも、むろんつかまったけど、もうそのときはみんなにもわかったの: Including fat Oleg, of course, who'd set them up--but they knew
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 269
むろん、金の使い方はあらい: be, of course, a liberal spender
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 5
むろん、嘘なんだけど、実を言うと、それを言ったときにはほんとにその気だったんだ: It was a lie, of course, but the thing is, I meant it when I said it
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 194
むろん(人)とて完全ではない: naturally sb be not perfect
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
むろん実際には:naturally
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 168
むろん〜はいうまでもない: needless to say
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 78
むろん頼木に一本釘をさしておくことも忘れなかった: Of course, I did not forget to prick Tanomogi
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 23
むろん、そうしたに決まっている: no question
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 210
むろんサーカスの名は出さずにだ: Unattributably, of course
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 197
むろんだ!: Undoubtedly!
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 61
ツイート