× Q 翻訳訳語辞典
まるで   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
absolute
   
仕事にかけてはまるでお話にならない男: an absolute imbecile in one’s profession ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 82
absolutely
   
それじゃまるで、モスクワ2号の勝をみとめたのと同じことじゃないですか: That's absolutely the same as recognizing the victory of Moscow II, isn't it? 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 20
actually
   
プロのテクニックはないし、というより、そのほうはまるで話しにならん: No tradecraft, actually a complete catastrophe ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
all
   
金なんかまるでない: have hardly any money at all 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 71
almost
   
こいう堪え性のないやり方は、まるで女だ: the act seems petulant, almost girlish ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 70
altogether
   
まるでちがう生き物: a different creature altogether ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362
amazingly
   
まるで不毛: amazingly barren ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 110
clean
   
まるで(その人)らしからぬ行動をする: act clean out of character ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
complete
   
世間にまるで名前を知られていない人だ: live in complete obscurity 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
completely
   
まるで並みの人間: be completely ordinary ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
entirely
   
人物の外殻とまるで異なる中身: an entirely different man inside the shell ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 150
exactly
   
まるで正反対だ: be exactly the opposite サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 38
extremely
   
根拠がまるで稀薄だ: the basis is extremely slight. 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 65
indeed
   
まるでぴんとこない: make sb feel very little indeed タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 114
just
   
まるで〜しない: just be not doing ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 262
kind
   
(人の)態度ときた日には、全くひと言も口をきかない、全くの仏頂面で、あれじゃまるでふてくされだよ: sb’s manners have been of that silent and sullen and hang-dog kind ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 250
like
   
まるで没収試合: like forfeitures プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 320
little
   
〜といった愚劣な悩みはまるで同情を買わない: there is little sympathy for the meaningless problem of ... リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 44
mostly
   
まるでがらあきだ: be mostly empty 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 70
perhaps
   
まるで酔狂だ: be perhaps a little mad 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 195
quite
   
まるで矛先をそらされることなく: quite undeflected ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
simply
   
まるでわからない: simply do not know 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 95
singularly
   
まるでつまらない: a singularly uninteresting スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 59
so
   
まるで音もなく: so silently ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 291
sort
   
まるで不思議の国にでもいるように: in a Wonderland sort of way フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 8
sound
   
まるで〜といったおもむきだ: sound like ... フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 16
total
   
〜をまるで知ることもなく: in total ignorance of ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 363
totally
   
もういちど話しかけたが--そういうときの彼を知っているだろう--こちらのことなんかまるで眼中にない: I spoke again--you know his ways--he ignored me totally ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
veritable
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
very
   
まるで違う意味: very different meaning ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 21
virtually
   
<例文なし> 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 105
whatever
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 193
wholly
   
直衛にあたるにはまるで不足である: a wholly inadequate cover マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 186
wildly
   
まるで言うことを聞かない: be wildly out of control メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 38

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

まるで: as ... as the day
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 154
まるで: look like
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 44
まるで見当違いのことが出てきたのには(人は)唖然となる: be genuinely taken aback by the irrelevancy
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 125
まるで咎めるような口吻である: be almost an accusation
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 168
まるで自分で〜をいかんともしがたいと言っているようだ: say, as if acknowledging that one have no control over ...
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 76
まるで〜みたいな顔をしている: act as if ...
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 261
まるでまざまざと見たように: if I had actually seen
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 158
(人に)対して己を飾る気はまるでない: don’t wish sb to believe one better than one actually is
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
まるでいくら感心しても感心したりないかのように: can not sufficiently admire sb
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 17
以前はむっつりした青年のようだったが、いまはまるで子供のよう: Grim and adolescent before, he now seemed almost childish
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 290
美術品としてもまるで値打ちがなさそうだ: don’t even have any aesthetic value
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
まるで〜なような顔をしている: affect the attitude of being ...
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 97
相変らず何かを求めて、まるで飢えかわいたもののように: with strikingly greedy air, as if one hunger for something
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 308
女なんて生きものはまるで化物だ: women are all evil at heart
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 19
まるで〜などない: not ... at all
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 354
まるであたりまえのように: no surprise at all
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
まるでヒステリーでも起こしたように言葉がほとばしり出る: it all comes out in a almost hysterical rush
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 83
〜をまるで忘れてしまった: haven’t remembered ... at all
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
まるで不倶戴天の仇をにらむかのように: for all the world as if there were some mortal unavenged between us
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 16
もじゃもじゃ髪の、まるで野蛮人よろしくといった風体の男: a shaggy-haired man, of almost barbarian aspect
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 81
まるでだしぬけに近い: almost come as a surprise
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 217
まるで芥子粒のよう: seem almost lost
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 53
(人に)とってまるで無意味だ: be to sb almost totally without significance
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 143
まるで〜するみたいな格好だ: be almost doing
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 160
まるで〜のように: almost ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 274
他人の時間と手数に気の毒という観念をまるで持たない: be always ready to bother others busier than oneself with annoying requests
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 94
まるで奇跡のように:amazingly
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 130
おまけに蓬髪をばっさり切って、なんだか以前とくらべるとまるでたよりないような丸坊主姿になっていた: And he had lopped off his wild hair, which gave him a forlorn, bald look
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 69
もうひとつ、私は悦楽的ヴァケーションというものにまるで縁がない: And I have no use for vacation paradises
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 10
およそこの美と魅力の世界では、六十の祖母もまるで二十歳の娘のように盛装し、飲み食いする: and charming grandmammas of sixty dress and sup as at twenty
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 191
まるで街燈がいつせいにともるやうにしてだしぬけに: one right after another like the street lamps coming on
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 139
まるで勝手がわからない: don’t know anything about ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
四人の男たちは、冷然と、まるで気がないように見えた: The four men seemed apathetic, indifferent
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 16
(人には)二人がまるで口論しているように映る: make the couple appear quarrelsome to sb
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 242
人によっては、自分自身のイメージと外観がまるでずれていることがある: some people’s appearance is at war with their self-image
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 107
まるで〜している図である: giving the appearance that ...
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 33
〜のことはまるでわかってもいない: not know sth from green apples
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 71
料理にまるで理解も関心もない一家: no one in this house has the least appreiciation or interest in cooking
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 128
あそこいらの様子がまるで違ってしまう: the whole area has changed in appearance
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
外からはパリ市のどよもしが、まるで葬送用の鼓隊のように送られてくる: the roar of the city arises like muffled drums
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 134
まるで〜という風情だ: look as if ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 129
まるで女房きどりになっている: as if she were sb’s wife
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 92
〜でまるで〜だ: as adj. as ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 187
〜さながら、まるで〜: as ... as ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 236
まるで〜さながら: as ... as ...
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 143
〜。それはまるで、〜といった風情である: ..., as if ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 185
〜するところはまるで〜する恰好: ... as if ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 432
まるでダンスでも踊るみたいなおどけた格好で降り立つ: come down in a fantastic dancing attitude
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 58
まるで経験者みたいな自信に満ちた口ぶりだ: sound authoritative
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
まるで地響きである: sound like an avalanche
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 164
(人の)意識はまるで混沌としている: be barely aware of where one is
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 269
まるで異空間にいるように遠い: seem miles away, in a totally different space
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
まるで宿敵に向かうみたいに(人を)扱う: treat sb as one’s worst enemies
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 190
まるで駄目: be very bad at ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 140
まるでたよりないような丸坊主姿になっている: give sb a forlorn, bald look
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 69
ハッカーは三○分にわたって同地のシステムをつつきまわしたが、中身はまるで不毛で、: For half an hour, he probed their system, finding it amazingly barren
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 110
まるで見当はずれだ: be a mile of base
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 94
止せという(人の)方には筋の通った理屈はまるでない: have no resonable basis for one’s objection
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 185
まるで勉強もできない: can’t study worth beans
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 84
まるで前ぶれもなく巨大な彫刻に化してしまったようなものだった: It was as if he had suddenly become a huge piece of sculpture
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 400
〜なんてまるでだめ: be beyond one’s mark
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 432
まるで何かの栓みたいな代物だ: it is like a big plug of something
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 222
(物事に)まるで頓着していない: pay sth not a blind bit of notice
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 6
あのきたない、鈍重な、ただれ目の、まるで古かかしみたいな海賊おやじ: that filthy, heavy, bleared scarecrow of a pirate of ours
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 17
まるで懐手をしている人と同様だ: sit like a block of wood
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 224
まるでほかの二人の息子に向けられていたもの珍しさが、一夜にして影も形もなく消え去ってしまったみたいだった: It was as if, overnight, the novelty of the other boys wore off for him
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 156
まるで脳味噌でもたたき出すかのように: as if sb knock its brains out
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 325
まるで息が途絶えたように: like a breath cut off
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
まるで敵意を持っているとしか思えぬ目つきで: with eyes brimming with enmity
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 436
まるで焼けるように痛い: feel all sore and burny
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 304
(人)より外にまるで頼りにするものがない: have no one in this world but sb to depend upon
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 29
まるで意に介してないようだ: don’t care
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 186
〜などまるでくだらんと思う: care not a fig for ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
まるでおかみさんよろしくの入念さで生花を生けておく: arrange with matronly care
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 11
まるで狼の行列よろしくという格好で、三個の獲物をかざしながらパリの街々をのし歩く: carry three spoils of the day, in wolf-procession, through the streets
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
まるで話しにならない: a complete catastrophe
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
実質的にはまるで変化していない: never really change
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
日の光を受けてまるでダイアモンドのように輝く: diamonds into which the sun change them
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 85
まるであべこべになる: change places
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 81
まるで将棋の駒でも動かすように: as though one is moving a checker to another square
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 19
まるでチータのようにまっしぐらに飛んでいく: move like a cheetah
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 174
まるで子供のように無邪気に: in the forgiving way of a child
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
「おれの心臓はまるで蒸気機関のようだった」と、あとで彼は述懐している: "With my heart going like a complete steam engine," as he later claimed
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
まるで虫が鳴いているような騒々しさだ・・: A clamor like the buzzing of insects
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 238
まるで(人の)身辺から雲霞のごとくあおばえどもがわき立ったかのように: as if a cloud of great blue-flies were swarming about sb
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 118
どこから手をつけていいかまるでわからない: not have a clue
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 37
ツイート