× Q 翻訳訳語辞典
まったく   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
absolutely
   
まったくおぞましい: be absolutely revolting トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
actually
   
まったく訊くだけ野暮というものだ: Actually, it was foolish to ask アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 23
altogether
   
(人のことに)まったく嫌気がさす: weary of sb altogether ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
and
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
apparent
   
感情をまったく欠いている: the apparent lack of emotion アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 64
but
   
まったく君はよくやってくれたよ: But I must say you did your stuff 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 215
certainly
   
まったく肝がつぶれたよ: You certainly frightened us! ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 139
cold
   
まったくなし: stop cold トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
completely
   
その話もまったくデタラメと思えないところがある: suspect the story is not completely made up 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 71
considerably
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 12
distinctly
   
〜とまったく同じ〜はほかにいない: be distinctly different from every other ... フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 172
entirely
   
まったく予想もしない激しさで: with an entirely unpredictable force トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 288
exact
   
まったく同じ姿勢で: be in the exact same attitude プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 121
exactly
   
(人と)まったく同じように見える: seem exactly like sb 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 190
exceedingly
   
すべてはまったく運まかせです: it is all exceedingly chancy ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 28
fully
   
〜にはまったく感心する: fully appreciate ... ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 210
genuine
   
まったく邪気のない声で〜と言う: say ... with such genuine innocence ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 110
gevalt
   
まったく、: Gevalt トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 209
God
   
まったく: God, トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
goddamn
   
まったく奇妙なことに: this is the strangest goddamn part トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
gosh
   
まったくたいした女性だ: Gosh, she was great トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
great
   
(人にとって)〜はまったくうれしい瞬間だ: be a moment of great sweetness to sb アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 218
hell
   
まったく……ウォーミングアップというのはそれ自体、ほとんど芸術なんだ: Hell, warming up is practically an art in itself プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
intense
   
ほかのことにまったく心を奪われている: be in a mood of intense preoccupation トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 9
just
   
まったく、とどまるところを知らないんだなあ: You'll just never stop トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 27
man
   
まったくコレだからいやになるんだ: man, it’s stuff like this that really bugs me 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 229
merely
   
まったく〜の賜物だ: it is due merely to ... 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 79
naturally
   
〜することになったって、それはまったく自由だ: be naturally free to do アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 81
never
   
まったく予測が立たなくなる: never sure スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
outstanding
   
(人の)質問に対して、まったくはぐらかした回答を与える: answer sb’s inquiries with outstanding avoidance ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 98
particularly
   
まったくとりとめもないやり方で: particularly in a rambling way ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 368
perfectly
   
結果はまったく異常なしだ: reveal ... to be perfectly normal フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 49
practically
   
まったく唇を動かさない: lips practically unmoving フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 20
precisely
   
〜とまったく同じ: precisely the same as ... 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 60
pretty
   
まったく奇妙: pretty fucking strange トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
quite
   
まったく白々しいばかりだ: be quite obvious ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 80
really
   
まったく−−何なんだ、これは?: Really--what is this? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 54
simply
   
まったく持続不可能である: be simply unsustainable ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
some
   
まったく異彩をはなっている: cut some figure トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
squeaky
   
まったく前歴がない: squeaky clean フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 189
strongly
   
まったくその通りだと思い、: strongly incline to agree トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 91
such
   
まったく利口なやつだ: be such a card トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
supremely
   
まったく風采のあがらぬ人物という第一印象を人に与える: when you first look at one seem supremely unimportant アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 214
surely
   
(人は)〜とはまったく別人である: surely sb can not be the same one who ... スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
totally
   
まったく無知: totally ignorant ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 32
truly
   
まったく、この家族とは相性が悪い: Truly, he was doomed with this family トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 231
virtually
   
だけどもとの文章がなにかわからないと、まったく解読不能だからね: But if you don't know what the sentence is it's virtually indecipherable レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 27
well
   
まったく、あんな男がまたやってきてボールでぐっさり、なんてことはもう願い下げにしていただきたい: Well, I hope nothing like that guy ever comes down the pike again プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 201
what
   
まったくいやな日だ: what a shitty day クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 249
yes
   
まったく: Yes スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

まったく: at all
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
まったく: sure enough
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 72
まったく: in the extreme
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 59
まったく: in fact
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 30
まったく: God above
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 43
まったく: what the hell
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
まったく: I swear
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
まったく: I can tell you ...
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 301
まったく: I tell you true
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
医者や子供たちがなにを言ってもまったく無駄だ: neither sb’s doctor nor sb’s children is able to reason with sb in any way at all
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 133
空気はまったくの無風状態である: the air is abnormally still
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 207
まったく箸にも棒にもかからない音楽家: an absolutely abominable musician
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 49
(人に)とってすごくあかぬけていて、地元の他の男の子たちとはまったく違った種類の人間に見える: be just about the handsomest, most different kind of boy that sb have met
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
野菜類がとにかくまったくなくなってしまう: absolutely no vegetables are available
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 135
まったくの初耳だ: be absolutely the first one have heard of it
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 441
まったくもう本当に本格的にアベコベだ: be absolutely, totally topsy-turvy
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 230
まったくの観念だ: be all purely abstract information
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 49
〜したのはまったくの偶然だった: happen by accident to do
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
こういうことになるとまったく知識に乏しい: have never come across such things
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
譲歩のきざしはまったくない: wouldn’t give any actual ground
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
〜するなんて、まったくおれには蚊なみの頭しかないってことだ: really I ain’t got no more brains than a gnat after doing
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 29
いったいなにに対してはいと答えていたのか(人には)まったくわかっていない: have no idea of what sb agreeing to
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 290
まったく(人の)肩がもちたくなってくる: can almost agree with sb
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 486
(〜する)そぶりはまったくない: does not wear the predictable air of a man who ...
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 134
まったく〜って国は!: that says it all about ... right there
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
まったく〜しない: not at all
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
今夜は連絡も呼出しもまったく入っていない: haven’t had a call all night
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
まったくほしい放題金がある: have got all the money sb need
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 26
(人を)まったく知らないといってよい: don’t really know sb, in fact, at all
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 201
(人の)いる方角にはまったく眼もくれていない: do not look one’s direction at all
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
(人の)存在などまったく眼に入らない: cease seeing sb at all
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
ずっと以前から嗜好品がまったくおんなじだ: have always had exactly the same appreciation of good food
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 234
まったくじろじろと、油断も隙もないね: you’re always gawking
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 277
〜にはまったくいいところがある: be the most amazing person
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 95
そうかといって悪事を犯すこともまったくない: and one never do a wrong thing
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 14
たがいにまったく噛み合わないことをわめきあう: yell different things to one another
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254
まったく反対の地点:antipodes
辞遊人辞書
〜にまったく動揺していない様子だ: seem unshaken by anything that ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
〜なんてまったくの初耳だ: have never known anything about ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 397
まったく関心をあつめていない:apathetic
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 51
一見したところまったく打てそうもない: apparently totally unhittable
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 315
知っている人に会う恐れがまったくない: nobody you’d know would ever appear
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 34
(人の)様子には〜したことをうかがわせるそぶりはまったく見られない: there is nothing in either sb’s appearance or manner to indicate that sb did ...
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 67
論駁しようという意欲はまったくおこらない: feel no desire to argue
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 95
(物事を)まったく気にかけていない: do not give a rat’s ass about sth
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 98
まったく意外なという顔つきをする: look thoroughly astonished
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 264
まったく呆れた理屈もあったものだ: sb have an astounding reason to boot
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 207
〜の態度ってまったくなってない: sb’s manners are atrocious
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 15
なにかまったくべつなもののおぼろな認識: a dim shadowy awareness of something altogether different
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
まったく閉口する: be really awful
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 103
まったく、よからぬいきさつだ: oh, yes; it is a bad business
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 55
かどうか、まったく予断を許さない: hang in the balance
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 69
まったくインケンなガードマンだ: that guard is a real bastard
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 96
まったく無視する: become unmindful of sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
まったく知らない: have never even heard of before
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 108
〜か、まったく予想できない: can’t begin to guess ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 589
〜にはまったく閉口する: bore the bejesus out of me
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 32
まったく自分の目がまだよく信じられない: don’t believe one see what one think one see
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 352
(人は)薄情もんなんだからまったくなさけなくなってしまう: I just can’t believe how heartless sb is
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 163
いやあ、まったくなあ: I can hardly believe it
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 83
畜生め、まったく: Hell’s bells
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 85
まったくいいときにきてくれたよ: you could not possibly have come at a better time
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 51
ふたりはまったく言葉をかわさない: not a word passes between the two men
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
まったく腹立たしいほど感激もコーフンもしない: be so cool and blase about ... that it irritates sb
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 83
まったくばかだ: be right bloody fool
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 219
まったく意外だ: come like a bolt from the blue
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 46
まったく、この男の度胸には感服する: Dixon's bravery was admirable
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 260
〜の伝統とは、まったく相容れないやり方だ: a complete break with the tradition of ...
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 100
いまは風がまったく止んでいる: breeze have now utterly failed
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 110
まったくの山かんだ: be all buckshee speculation
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 46
友情はまったくあてにならない: the friendship is total bullshit
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 253
が、今夜のヒューの心は、どんな刺激を受けてもまったく波風を立てないようだった: But this also seemed perfectly okay tonight
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
まったく気にならない: hardly care
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
現役生活が続けられるかどうか、まったく予断を許さなかった: His career hung in the balance
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 69
(人にも)失敗することがあるなどとは、まったく考えなかった: the very possibility of sb’s failing has ceased to enter into one’s head
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
まったくの別人だ: be certainly a different guy
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 281
まったく無表情に見えたことは確かだ: one’s expression certainly seemed deadened
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 229
ほんとうに正直にいうが、そんなつもりはまったくない: certainly not expect ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
〜である可能性もまったく考えられないわけではない: there is a slight chance that ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 102
まったくの運まかせにする危険をおかしている: leave those experience utterly to chance
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 54
(人の)予想には成果の展望はまったくなかった: have been pessimistic about one’s chance
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 123
(人にとって)まったく目新しいものである: be quite a change for sb
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 62
〜はまったく余計なことである: have in effect changed nothing
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 8
まったく〜みたいな野郎だ: what a ... this character is
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
別にこんなことをしてやる義理はまったくない: have done nothing to deserve sb’s charity
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 156
じつにおとなしく、じつに礼儀正しく、そしてまったく取りつくしまがないのです: Very civil, very courteous and completely unapproachable
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 106
まったくうんざりしてしまう: I am feeling clean discouraged
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 119
まったく新しい人生の出発: a really clean slate
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
まったくひどい事件だけれど、複雑ってわけじゃないし: Nasty, but clear
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 337
ツイート