× Q 翻訳訳語辞典
ふるえる   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
heave
   
荒い息のなかでこきざみにふるえている: be heaving slightly as if one were out of breath 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
pulsate
   
まばたきふるえる一条の光: a pulsating flickering band of light マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 436
quail
   
どんな強い心臓をもふるえさせるような過去をみすえる: face a past to make the strongest of hearts quail クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
quiver
   
恥ずかしさと不安で、(人の)身体はぞくりとふるえる: feel a momentary quiver of shame and unease スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
shake
   
こんなふうに心臓がどきどきするとき、ブライアンの声はついついふるえてしまう: Sometimes his voice shook when his heart was pounding hard like this スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
shiver
   
がたがたふるえる: shiver violently 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 94
swing
   
ひとまず風にふるえる葦のように、しばらくびくつかせておく: let sb swing in the wind for a little while スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
twitch
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 81
vibrate
   
〜の胸はどうする術もなくふるえだす: one’s sternum starts to vibrate フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 165
waver
   
不安にふるえる声: one’s voice wavering with alarm スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

小刻みにふるえる: agitated waggle
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 64
ぴくぴくふるえ: become convulsed
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
その動きがさらに早まって小刻みにふるえるまでになる: the rocking develops into an agitated waggle
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 64
(人の顔が)二重にかすみ、わなわなとふるえる: sb doubles, trebles
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
ガラスがびりびりとふるえるほど荒々しい叩きつけようだ: slam sth hard enough to rattle the glass
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
胸がふるえる: feel the excitement rising within
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 64
(人の)声が少しふるえる: sb’s voice falters
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 26
ほころびた神経がふるえるとこんな音かと思うような: like the sound of a frayed nerve vibrating
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 61
ぶるぶるふるえる: quake with fright
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 63
よろこびにうちふるえる: be gladdened
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
わなわなとふるえるウィルマの片足は、道ばたの溝にすべりおちていた: Wilma's jittering foot slid into the gutter
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
わなわなとふるえる手: one’s shaking hands
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
(人の)手がぶるぶるとふるえる: one’s hand in a spasm
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 314
(人の)頭はこまかく上下にふるえる: shake one’s head
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
カタカタとふるえる:jounce
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
膝がわなわなふるえる: one’s knees shake
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
ふるえる指を突きつけている: point one shaking finger
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 103
びりびりとふるえる:pulsate
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 385
がたがたがたがたふるえる: quake and shiver, and shiver and quake
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 43
クライスラーの声は、つまってわなわなとふるえた: Chrysler's voice was muffled, quivering
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 396
首がわなわなとふるえだす: one’s quivering neck
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
からだがふるえる:shake
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 272
〜してしまった女のようにわなわなとふるえていた: Sb was shaking like a woman ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
道ががくがくふるえる: the path shake itself
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 32
がたがたがたがた、ふるえる: shake and tremble, and tremble and shake
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 43
「うん」ケリーの肩が、一瞬、小さくふるえた: "Yes," Kelly's body shuddered for a moment
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 216
こころもちふるえる: shake slightly
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 202
がたがたふるえちゃって、肝腎の王冠はいまにも頭からおっこちそうだ: be nearly shaking off one’s head, one trembles so much
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 137
わなわなとふるえながその場に立ちつくす: stand trembling for a moment
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
(人の)声がわなわなとふるえる: one’s voice tremble
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
わなわなとふるえる:tremble
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
頭から王冠を落っことしそうになる。わなわなふるえているのである: be nearly shaking off one’s head, one trembles so much
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 147
わなわなとふるえる文字: trembling letters
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
がたがたとふるえる: shiver uncontrollably
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 104
〜にがたがたふるえる: shake violently with ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 129
ぶるぶるとふるえる:work
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
ツイート