× Q 翻訳訳語辞典
ひどく   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
acutely
   
ひどく気になる: be acutely aware of ... マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 236
almost
   
ひどく雑然と: with almost careless abandon 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 173
as
   
ひどくやつれて見える: look as frumpy as ever クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 127
atrociously
    辞遊人辞書
awful
   
〜の臭いがひどくこもっている: there is an awful smell of ... 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 80
bad
   
ひどくなり、しつこくなる: become bad and relentless ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 529
completely
   
ひどくしおれかえる: completely crestfallen 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 22
curiously
   
ひどくごちゃごちゃしている: be curiously crowded together フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 441
deeply
   
ひどく心を傷つけられる: sb’s feeling is deeply hurt 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 6
definitely
   
ひどく納得のいかない気分である: there is something definitely suspicious, sb feels 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 32
disproportionately
   
ひどくがっかりする: feel disproportionately disappointed レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 41
distastefully
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 137
enormously
   
(人が)ひどくよろこぶ: please sb enormously ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 96
exceedingly
   
(人の)顔はひどく若々しい: sb’s face seems exceedingly young 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 10
excruciatingly
   
〜がひどく可笑しくなる: find ... excruciatingly funny 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 427
extraordinarily
   
ひどく異国人めいて見える: look extraordinarily foreign 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 12
extreme
   
島での生活をひどく新鮮で純粋なものにする: give island living an extreme vividness and purity リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 38
extremely
   
額縁が凝っているために、絵がひどくかさばる: the elaborate character of the frame has made the picture extremely bulky ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 181
genuinely
   
〜するまでひどく落ち込んでいない: be not genuinely depressed enough to do ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
great
   
ひどくあわてふためき: in a great flurry ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 88
grossly
    辞遊人辞書
hard
   
(人が)ひどく打ちのめされた状態: hit sb so hard スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 342
heavily
   
彼女は男のあとから、ひどく足をひきずりながらカフェに向かった: She followed him to the cafe, limping heavily ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 12
heavy
   
残暑のひどく厳しい: still heavy with the torrid heat of summer 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 19
highly
   
ひどく作り話めいた感じがする: be rather a highly coloured story アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 27
incredibly
   
部屋がひどくせまくるしく感じられる: the room seems incredibly stuffy デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 494
indeed
   
ひどく大きなこぶし: a very big fist indeed ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 306
infinitely
   
人間の想像もつかないほど、ひどく不思議なものだ: be infinitely stranger than anything which the mind of man could invent ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 93
intense
   
ひどくしんとした松林の中を: through the intense silence of the woods 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 17
long
   
答えるまでにひどく手間どる: take a long time answering ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 106
magnificent
   
ひどく軽蔑した口調で叱るように言う: complain with magnificent scorn O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 12
monumentally
    辞遊人辞書
nicely
   
ひどく疑い深い心の持主: a nicely suspicious mind アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 34
painfully
   
ひどく咽喉が乾く: one’s throat is painfully dry 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 444
palpably
   
ひどく尻込みする気持ちになる: feel one’s heart palpably squirm トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 184
particular
   
ひどくおかしそうに: with particular relish ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34
particularly
   
ひどく残念でならない: be particularly sad ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 284
passionately
   
ひどく戦争に興味を持っている: be passionately interested in war シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 202
profoundly
   
ひどく意味ありげに: profoundly meaningful 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 8
rather
   
(人を)捉えてひどく無遠慮な批評を加える: say rather unkind things about sb 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
real
   
ひどく古ぼけた奴: a real old one サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 127
really
   
ひどくこたえる: really get to sb スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 339
royally
   
ひどく怒る: be royally pissed-off about sth デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 156
serious
   
ひどく心を悩ませる: to the serious disturbance E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 76
severely
   
ひどく叱られる: be scolded severely 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 23
sincerely
   
〜だろうか、ということがひどく気になる: sincerely question whether ... 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 44
so
   
ひどく内に沈んだ: so inward ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 240
somehow
   
ひどくぼんやりして立っている: stand somehow absent-minded 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 63
startlingly
   
ひどく虚ろな表情をしている: sb’s face is startlingly empty マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 235
such
   
あの数々の石彫の顔も、ひどく手持無沙汰げに: such ample leisure have the stone faces ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 318
sufficiently
   
ひどく腹を立てる: be sufficiently enraged E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 22
surprisingly
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 238
terribly
   
ひどく打ちのめされた様子だ: look terribly wrought up ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
throughly
   
ひどく楽しそうに: be throughly enjoying 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 147
thundering
    辞遊人辞書
utterly
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 187
very
   
ひどく暑い: very hot ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 462
wildly
   
ひどく難しいことだと思う: seem wildly unlikely アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 192
wonderfully
   
ひどく懐かしい声: a wonderfully familiar voice ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 53
worse
   
だんだん、ひどくなる: gradually become worse and worse 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 92

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

ひどく悪い:abysmal
辞遊人辞書
ひどく黄色い声で: in a very shrill Accent
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 18
ひどく気が安まらない: be acutely uneasy
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 196
ひどく長い時間が流れる: an age goes by
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 360
ひどく可哀そうなくらいとりみだしている: be indeed in a pitiable state of agitation
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 203
ひどくひもじい:ahungered
辞遊人辞書
〜がひどく気になってくる: ... be causing sb considerable alarm
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 38
(物に)ひどく興味を覚える: amuse myself with sth
ひどく古そうに見える:ancient-looking
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 96
ひどく古めかしい:ancient-looking
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 369
〜にひどく恨みを持つ: very angry about sth
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
ひどく生き生きとした活気がみなぎっている: be remarkably animated
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 36
(人には)ひどくいらいらする: annoy hell out of sb
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 287
それにしても、ひどくちっぽけな傷跡だった: Anyway, his injury was an exceedingly small one
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 48
ひどく色情的に、(人の)目には映る: appeared incredibly seductive to sb
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 72
そう思うとひどく蝶に気をとられる: at the thought sb’s attention becomes riveted upon the butterfly
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 121
〜はこれ以上ひどくなれないだろうというくらいひどい感じだ: descend on sb in the worst possible way
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 133
具合がひどくわるい: be in very bad health
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
そんなにひどく負けがこんでいるわけでもなさそうだ: could not be losing too badly
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
ひどくやせた人:barebones
辞遊人辞書
(人を)ひどく折檻する: beat sb terribly
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 581
ひどく古ぼけている:bedraggled
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 36
ひどくきつい: a bitch
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
ひどくむさくるしくなっている: be bitterly the worse for wear
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 225
顔も体もひどく不健康にむくんだ(人)だ: sb be so unwholesomely bloated both in face and person
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 133
(人を)ひどくあわてさせる: bother sb exceedingly
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 40
ひどく揺れだす: start bouncing roughly
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 115
ひどく小さい貸切り桟敷: a horrid little private box
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 79
そうひどく悲しいとは思わない: don’t think to break one’s heart very much
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 114
(人を)ひどく悲しませる: break sb’s heart
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 83
ひどく衰弱してしまう: suffer a breakdown
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 104
(人を)信じられないほどひどく傷つける: can not hurt sb more if ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
ひどく粗末な銃器の取扱い方をする: carrying one’s musket very recklessly
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 118
ヨギ・ベラは、とくに暑い日は、ダブルヘッダーでマスクをかぶるのを、ひどく嫌った: Yogi Berra hated catching doubleheaders, particularly in the heat
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 335
〜にひどく慎重だ: be so cautious about ...
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 122
ひどく無骨ではあるが、なんとなく誠意のようなものは確かに感じられる: there is a certain rugged fidelity about one
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 42
元の姿からひどく変わった:changeling
辞遊人辞書
ひどく遅れる: take a long time coming
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
ひどくややこしい代数の因数分解か何か: some terribly complicated problem in algebra
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 85
患者への責任をひどく重んじる: so concern about one’s patients
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 10
頭がひどく混乱していて、運転のできる状態からはほど遠い: feel too confused to drive
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
ひどくまぎらわしい: be all very confusing
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 85
さわぎは刻々とひどくなってゆく: the confusion gets worse every moment
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 126
〜をひどく意識する: be very conscious of doing
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 446
なんだかひどく徒労感をおぼえる時: when the whole world seems to be conspiring against one
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 122
(人は)あまりひどく興奮して鼻血がどっさり流れる: the vehemence of one’s agitation bring on a copious bleeding at the nose
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 26
意地悪く、ひどく馬鹿念をおしているようだが、別にはっきりこれといった意味があるのではない: have no particular meaning in these sulky corroboration
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 288
ひどく皮肉な:corrosive
辞遊人辞書
ひどく愚かな:crass
辞遊人辞書
ひどく人がたてこんでいる部屋: a crowded room
サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 18
(人を)手ひどくあつかう: treat sb cruelly
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
ひどく嘆き悲しんでいる: cry piteously
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 37
ひどく嘆き悲しむ: cry one’s eyes out
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 351
いつもよりひどくあばれる: cut up more’n usual
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 13
ひどく粋だ: be extremely dapper
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 116
ひどくわびしい朝の白々明け: a dreary daybreak
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
(人の)ことを、ひどく悪く思っとる: be gone dead again sb
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 227
ひどく緊張し、疲れきっている: have been under a great deal of strain
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
活力は衰え、物忘れはひどくなり、あちこちが故障して、早い者から順にあの世行きである: Decay, rot, disease, an early grave
ひどくビクビクする: be on the defensive
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 306
いつもひどくきっぱりとした: be always so exceedingly definite
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 165
あまりに落胆がひどく、しょげかえってしまったので: so deflated and disappointed that ...
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 247
(物を)ひどく応用したがっている: take an eager delight in sth’s exercise
ひどく落ちこむ: feel deeply depressed
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 28
(人の)口ごもりはひどく、むかしならどもりと軽蔑して呼ばれたところだ: sb’s stammer was just short of what we would once have derisively called a stutter
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 219
ひどく静かな、やっとききとれるほどの声でささやきかける: whisper into sb’s ear so gently that it is all that one can do to distinguish the words
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 237
〜がひどく気になり出す: become disturbed by ...
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 247
〜をひどく気にしている: drive sb nuts
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
ひどくだるい: one’s body feels dull and heavy
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 90
突然ひどく思いつめたような表情をうかべたので、: be looking so intensely earnest all of a sudden that ...
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 168
ひどく痩せる:emaciate
辞遊人辞書
ねたましくもあり、またこっけいでもあり、私はひどく落ちつかない気分にさせられてしまった: Enviable, and at the same time comic, he made me feel most uncomfortable
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 57
ひどく焼き餅をやく: be green with envy
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 11
なんだかひどく奇妙な成り行き: a very strange turn of events
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
ひどく四角ばったキスをする: kiss sb very exactly
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 93
ひどくいらついた様子でいう: say in exasperation
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
ひどく退屈なものだ: be really excessively boring
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 20
ツイート