× Q 翻訳訳語辞典
ちょっと   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
almost
   
ちょっと島とまぎらわしい: be almost indistinguishable from islands 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 221
bit
   
ちょっとやつれている: look a bit ragged デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 395
brief
   
ちょっと会って話したい: I propose a brief meeting and discussion クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 343
briefly
   
ヴァレリーはちょっと笑ってつけくわえた: Vallery smiled briefly マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 72
brisk
   
(人を)ちょっと抱く: give sb a brisk hug オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 163
but
   
casually
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 35
faintly
   
口もとをちょっとゆがめて笑う癖があって: with a faintly crooked smile プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
fairly
   
ちょっと珍しい彫像: a fairly interesting black statuette ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 189
few
   
〜についてちょっと断って置きたい事がある: should perhaps explain a few things about ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
hey
   
ちょっと、マック」: 'Hey.' トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 135
hi
   
ちょっと!」通りのむこうから弱々しい声をかけた人がいた: "Hi!" someone screamed thinly at them from across the street スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
jiffy
   
ちょっと上にきてくれませんか: care to pop upstairs a jiffy ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 74
just
   
ちょっと待ってもらお: they are just gonna have to wait タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 214
little
   
ちょっと身を揺すったりぴくっとしたりしながら: with little swaying and jerking motions カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
maybe
   
ちょっとせっかちな気もするけど: a bit precipitate maybe ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 57
merely
   
ちょっとおあずけをされてるんだ: be merely a delayed meal ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 42
mildly
   
ちょっと不機嫌そうな、ふだんと変わらない口調: one’s tone ordinary, mildly disgruntled レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 78
moment
   
ちょっと: for a moment クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
nearly
   
ちょっとやりすぎ: nearly go too far ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 262
nominal
   
ちょっと言い争った末: after a nominal altercation 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 192
now
   
ちょっと待ってくれ: steady down now ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 297
pinch
   
ちょっと厳しい表情: an expression of pinched severity アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 40
pretty
   
ちょっと赤面するような: pretty embarrassing トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
psst
    辞遊人辞書
pure
   
ちょっと〜しただけ: pure ... スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 80
quick
   
なに、〜をちょっとのぞくだけのことではないか: only want a quick look in ... スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
quickly
   
〜にちょっと眼を通す: quickly read ... through 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 256
quite
   
〜からはちょっと遠い: quite a way from ... メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 100
rather
   
土地のミルクは、たしかにちょっと癖があるかもしれないが、彼女にとってはヒマシ油と変わりない: The local milk, admittedly rather curious stuff, put her bowels in an uproar メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 158
right
   
ちょっとお待ちください: be right with you フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 16
sec
   
ちょっと待って: wait a sec タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 84
short
   
ちょっとだけ進む: go only a short distance カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 114
shortly
   
正午をちょっとまわったころ: shortly after noon スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
simply
   
ちょっと(人に)会いたい: simply want to see sb 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 144
slight
   
ちょっとでも風が吹けば〜はたちまち吹きとばされる: the slightest wind will blow ... away オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 21
slightly
   
スマイリーはちょっとおどろいていい返した: Smiley protested, slightly alarmed ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
small
   
ちょっと〜の顔を見にくる: make a small visit to see sb ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 150
some
   
ちょっと腹立だしい: with some resentment ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 348
something
   
ちょっとメモする: pencil something in ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 197
somewhat
   
ちょっと気むずかしそうだ: seem to have a somewhat difficult streak to one’s character 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 114
sort
   
ちょっと間が抜けてる: be sort of ditzy スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
subtly
   
この部屋はちょっと様子が変わっている: The place was subtly different レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 420
totally
   
〜だとは、ちょっと想像がつかない: be totally at odds with ... リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 74
touch
   
ちょっとあれなんだ: get a touch of the what’s-its ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 99
tut
   
ちょっとちょっと: Tut. Tut. Tut. タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 119
while
   
(人の)言葉がちょっと其所で途切れる: be silent for a while 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 29

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

ちょっと: just about
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 32
ちょっと: for a fleeting instant
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 35
ちょっと: a little
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 80
ちょっと: for one minute
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 97
ちょっと: for a second
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 21
ちょっと: a word
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 198
ちょっと意外である: be somewhat taken aback
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 17
ちょっとどぎまぎした笑いを(人に)向ける: give sb a rather abashed grin
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 440
(人)にちょっと会えるかな: sb is about for just a moment?
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 101
ちょっとないくらい気分のいい旅になる: it is about as nice a way to go as there is
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 247
(人)みたいにハンサムな人ってちょっといないと思わない?: isn‘t sb about the most handsome man you’ve ever seen?
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
ちょっと考える: take a second to absorb that
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 134
ちょっと見ると、ばかばかしいほど簡単だ: it seems absurdly simple
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 169
ちょっとまずいことがある: have an accident
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 479
(人)自身にしてみればちょっとしたおしゃれにすぎないのだがその趣味のよさが偶然醸しだす魅力: accidental charm of sb’s graceful, though to sb only half-serious, fopperies
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
ちょっとした処置をほどこす: perform some minor act
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 78
ちょっと間違ったことをしたり、気にさわることをする: any infraction or displeasing act
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 190
そういえば、そっちもちょっと変わってる: Actually, it's one of those personalized plates,
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 333
お宅からはちょっと遠いんだ。というより、ずっと海寄りだよ: Quite a way from you, actually, nearer the coast
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 100
ちょっとした情報が掴めたのでという: hint at some additional information
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 261
(人は)ちょっと不安になる: make sb a little afraid
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
ちょっと思案してから: after a moment’s contemplation
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
〜に対してちょっとでも強気に出る: be in the least aggressive toward ...
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 155
二年ちょっと前から: a little over two years ago
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
ちょっとの物音にも震え上る: least sudden noise set sb all in a quiver
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 63
あれだけの量はちょっと食べきれない: can’t possibly eat them all
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 21
ちょっとでも: at all
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 285
ちょっと(〜する)だけ: all it is be ...
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 30
これにはちょっと閉口した様子。だが、さすがにそんな気配は、その陰険な顔つきに、微塵も出しては見せない: do not allow one’s baffled state to express itself in one’s sinister face
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 329
ちょっと眉をしかめる: allow oneself a bit of a frown
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
このわめきあいは、すんでのところでちょっとした乱闘劇にまで発展するところだった: That one almost degenerated into a brawl
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
もうちょっとで溺れるところでした: I almost drowned
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 116
色男と呼ぶにはちょっと難がある: almost a hunk, but not quite
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 55
ちょっとした遊び半分の書きものをする: write a few minor things as a form of amusement
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 349
いや、それを欲望などと呼んでは、ちょっとおすましが過ぎるかもしれない: And desire was a little too coy, wasn't it?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
互いにちょっとした意見を出し合う: make small suggestions to one another
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
ちょっと不安げにいう: say a little anxiously
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 61
ちょっとでも喧嘩腰になる: any sign of belligerence
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 231
〜している者にとって、ちょっと具合がわるい: be not something anyone wants to do who do
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 232
「ちょっとはっきりしません」と、ベントリーはことわった: 'Bit confused, sir,' Bentley apologized
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 307
欲望をかき立てるちょっとした刺激:appetizer
辞遊人辞書
ちょっとした議論:argument
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 328
ハーヴェイ・メトカーフは十一時ちょっとすぎに騒々しくカジノに乗りこんできて、: Harvey Metcalfe arrived noisily at the Casino just after 11 pm,
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 192
ちょっと待っていてくださいと(人に)ことわる: ask sb to wait a minute
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
ちょっと別室で話をしたいのだが、と(人に)言う: ask if one can see sb in one’s office
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
ちょっと訊いてみただけ: just asking
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
ちょっと煙幕を張る: blow a little smoke up sb’s asses
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 239
ちょっとかんたんに結びつく要素ではない: be not an easy association to make
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 75
ちょっと手の離せない用事がある: have a matter to attend to
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
ちょっとばかりやさいいことばをかけて(人と)仲なおりをしようとつとめる: by a few attentions to make one’s peace with sb
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 158
ちょっとした見物だ: it’s rather an attraction
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 150
美人だけど、ちょっとケバい、って感じ: attractive but, well, a little overdone
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 412
ミス・デイナにちょっと身体があいていないか聞いてきてくれ、ハワード: Ask Miss Dana if she's available for a moment, Howard
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 37
もうちょっと残る: stay awhile longer
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
ちょっとうまい: be not bad
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 152
ちょっとした切り札: a little something in the bank
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 103
パーティをはしごしてちょっと挨拶するだけで多額の謝礼: large speaking fees on the banquet circuit
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 205
ちょっとやそっとじゃ:barely
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 106
ちょっとトイレという: tell sb one have to go to the bathroom
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
ちょっと言い淀む: baulk a little
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 154
ちょっと常識はずれの話だ: be a little off the beaten track
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 57
〜にはちょっと勿体ないほどの美人だ: be really too beautiful for ...
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 67
ちょっと気が変わる: become interested
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 165
ちょっと間をおいて: pausing before ...
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 123
ちょっと待って: I beg your pardon
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 320
ちょっとお伺いしたいことがあるのだが、と声をかける: beg the favor of a word
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 62
〜なんて、ちょっと信じがたい: it’s hard to believe ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 399
それはちょっと鵜呑みにはできない: I find that hard to believe
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 317
ちょっと虚をつかれた感じだ: can’t believe it
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 61
なんだかちょっと間ぬけな男のオタケビのような: like a bellowing oaf
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 57
ちょっと場ちがいのような: don’t look as if one belongs here
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 144
ちょっといい後日談がつく: there’s as better ending to it than that
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 151
(人の)気分がちょっとでも晴れるかどうか知らないけれど: if it’ll make sb feel any better
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 429
ちょっとばかりあっちの面が過ぎる: bit of a punchboard
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
ちょっと気がかりだ: worry about a little bit
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 327
十年ちょっとの間、こんな具合にぐだぐだと意気地なく暮らす: spend a bit over a decade in this kind of shiftless fog
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
〜の際、ちょっとしたトリックを用いる: cheat a bit with ...
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 112
そりゃあちょっとばかり頑固だけど: be just a little bit stubborn
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 265
自分にちょっと似たところがある: be a bit like oneself
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 136
〜をちょっとずつ: a little bit of ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 80
ちょっとピンぼけ: a bit out of focus
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 311
ちょっとやそっとでは〜しそうもない: be a real bitch to do ...
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 131
二人とも、ちょっと言葉がとぎれる: there is a blank silence
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 235
想像力、とわたしは答えたい。ちょっと背中を押して飛び立たせてやることだ。餞とは、まさにそれを言うのである: Imagination, a shove out and up, a blessing
ちょっと凝った読み方をする名前: bookish name
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 87
〜にちょっとした装置をとりつける: put some clever boxes on sth
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 56
ちょっと発想の転換というのをやってみようよ: let’s brainstorm a minute
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 143
ちょっとした乱闘劇に発展する: degenerate into a brawl
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
ちょっとした気晴らし:break
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 227
そういって、彼は雪をすかしてちょっとの間じっと水平線に目をこらしたが、あきらめた: He peered out into the snow, scanned the horizon briefly, then gave up
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 104
ほんのちょっと会ったことがある: have meet sb briefly
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 318
(人の)眉がちょっと曇る: a shadow crosses sb’s brow
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 20
髪にちょっと触れる: brush at one’s hair
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
ちょっとした金儲けをやりたい: wanna make a buck or two
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 175
ちょっと(人を)困らせてみようと思っただけだ: just wanted to bug sb
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 153
ちょっとした事業をやる: have a wee business
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 135
ちょっと手がふさがっている: be kinda busy
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 302
ツイート