× Q 翻訳訳語辞典
たしかに   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
actual
   
<例文なし> コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 86
actually
   
たしかにディスコで踊っているうちに緑は少しずつ元気を回復してきたようだった: Actually, dancing did gradually perk Midori up 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 148
admit
   
たしかに〜だ: I admit ... カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 379
admittedly
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
definitely
   
でも念を押すけど、たしかに勝呂さんなのか: Now, I just want to make sure, but it definitely was Mr Suguro? 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 20
despite
   
(人は)たしかに暴力的な人間だったけれど〜だ: despite one’s violence, one is ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 280
distinctly
   
たしかに〜とおっしゃいました: you distinctly said ... タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 161
do
   
たしかに彼女の言うことの方が筋がとおっていた: She did have a point 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 151
evidently
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 8
exactly
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 477
forsooth
    辞遊人辞書
goddam
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 111
indeed
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 310
maybe
   
たしかに扱いにくいところはある: Maybe he’s not easy プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 163
namely
   
<例文なし> カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 191
obviously
   
人々の生活を混乱から守る政策はたしかに必要ですが、: Social protection and safe nets are obviously needed サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 157
question
   
それはたしかに〜だ: there’s no question about that 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 150
realize
   
たしかにいい趣味じゃないけど、悪趣味でだめだってほどでもないだろう: It's corny, I realize, but it isn't too corny サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 146
really
   
たしかにめげる: really bother sb ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 291
right
   
たしかに: that’s right ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 258
still
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 65
strictly
   
たしかに腹を立てさせられる奴ではあったけど、語彙の豊富な男には違いない: He was strictly a pain in the ass, but he certainly had a good vocabulary サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 231
sure
   
たしかに: to be sure トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 322
true
   
私の眼に映ずる先生はたしかに思想家であった: True, Sensei, as I saw him, was primarily a thinker 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 41
unmistakably
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
very
   
たしかに〜に近い: very nearly do 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 217
well
   
たしかにわれわれは、彼女についたなにもつかんでいない: Well, we have no read on her, プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 157
yes
   
だがあぶない。たしかにあぶない: But it would be dangerous, yes プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

たしかに: I agree
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 192
たしかに: after all
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 18
たしかに: as a matter of fact
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 52
たしかに: a bit ...
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 62
たしかに: that is certain
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 19
たしかに: with certainty
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 127
たしかに: in fact ...
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 115
たしかに: at least
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 100
たしかに: in any practical sense
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
たしかに: no question about it
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 74
たしかに: swear to God
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 192
たしかに: I can tell
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 46
たしかに: thank you
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 16
たしかに: that is
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
たしかに: it is true ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
たしかに: in truth
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 78
たしかに: upon my word
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 68
それもたしかに真実な(人の)感情の一面にはちがいない: this feeling is absolutely sincere
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 159
〜するのはたしかに間違っている: how absurd to do ...
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 31
たしかに〜だ。それは(人も)認める: ..., one have to admit
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 507
土地のミルクは、たしかにちょっと癖があるかもしれないが、彼女にとってはヒマシ油と変わりない: The local milk, admittedly rather curious stuff, put her bowels in an uproar
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 158
(人に)はたしかに独自の才能がある: have a flair all one’s own
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 244
逆上していたといえばたしかに逆上していた: as mad as sb have been
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
たしかに〜はね: as far as ... go
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 51
(人の)先に立って、足どりたしかに歩く: lead sb with assurance
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 173
たしかにおかしい: Baffling
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 122
たしかに法的な手続きを守るのは大切なことだ: I believe in due process
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 55
たしかにめげた: really bother sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 291
〜する見込みはずっとたしかになった: prospects of doing ... are brighter than ever
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 327
たしかに〜だ: can be ...
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 292
(人に)たしかにそのとおりだと言う: confirm sb’s suspicions
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
たしかに、女にとって、これほどの侮蔑はそうざらにはあるまい: For a woman nothing could be more contemptible
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 168
(物は)たしかに欲しい: I could certainly use sth
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
そりゃたしかに: of course
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
たしかにちょっと脳足りんなんだ: be crazy
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 94
たしかにそうだが、しかしそれではもとの目的が台無しになる−−: Surely, but that would defeat the original purpose--
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 93
「たしかに」とキースはやや受太刀でいった: 'True,' said Keith, a little defensively
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 406
あの夜はたしかにひやりとさせられた: that was a dicey evening
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 143
(人が)たしかにたずねた: sb did ask ...
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 153
(人の)やったことはたしかに非道なことではあるけれど: despite the horrible things sb have done
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 489
〜にくらべれば、たしかに: no doubt compared to ...
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 50
たしかに見る: see ... with one’s own eyes
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 215
たしかにちゃんとつじつまが合う: it makes perfectly good sense
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 356
努力はしているがたしかにまだ努力が足りない: be good, but be not this good
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 40
たしかに〜だ: I’ll grant you that ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
(人を)予言テストのサンプルにしようと決めたのは、たしかにまったくの偶然だった: it was a very singular happenstance that we had decided to take sb as the test case for our prediction
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 96
たしかに不似合そのものといってよい: it can hardly be said to have suited sb
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 117
たしかにそうだ: have a point
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
たしかにだめなところの多い男だった: He had his weakness, I'll grant you
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
たしかに〜だけれど、だから気が軽くなるというものでもない: it doesn’t help matters that ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 412
たしかに昔はそうだったが、今はちがう: Here again, what was historically true is no longer true
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 73
そう、たしかに諜報部員だった: That's right, darling he was a hood
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 258
たしかに思い当たる点がないでもない: it is not impossible
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 74
たしかに、〜などというだけでは説明しきれない: it’s impossible to explain ... by simply claiming ...
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 229
たしかによくは知らない: don’t really know that much
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 197
たしかにもう引上げるほうがいい時分だ: it certainly is a good time to leave
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 140
たしかに〜かもしれない: let’s say ...
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 211
たしかに〜年という年はあぶない: ... looks the most likely year
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 32
ベッドの上掛けのシーツをめくってみると、下のシーツにはたしかに寝た形跡があった: I pulled back the bed sheets, and the bottom sheet looked a bit lived in
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 62
わたし、たしかにそのことわざには賛成よ: I love it!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 74
たしかに、〜かもしれない: maybe ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
たしかに〜だけれども: as much as ...
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 137
たしかに〜する: must do
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 142
たしかに〜かも知れないが: obviously ..., but ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 137
(人の)心臓の鼓動だけがたしかに鳴っている。〜のなかで。: only movement in ... is the beating of one’s pulse
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 216
昔は、たしかに: true, in the past
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 199
たしかに(人の)言うとおりだ: sb get sb pinned
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 232
「それはひとつの考え方だな、たしかに」: "Quite possible," Adamson said
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 87
「たしかに血まみれのハムステッドだ」スマイリーがものしずかにいった: 'Bloody Hampsteasd is right,' Smiley said quietly
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
たしかに〜: recognize that
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
「いやあ、たしかにレックスは……」記憶をたぐるように一方の声がいった: "Yeah, Rex," a voice reminisced
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 379
たしかにそれは漂っているというのが当たっている: the word “floating” is the right one
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 147
たしかに〜だ: be right
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
たしかに彼女の部屋からは聞こえないかもしれないが、それでも、わざわざあぶない橋を渡ることはない: Oh, she'd probably never hear him from her room, but he couldn't risk it
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 370
「そりゃたしかに、彼はこれから栄光の日々を迎えると思うよ、フォートローダデイル」ホストが受けた: "He'll have his day in the sun, Fort Lauderdale," the talk-show host said
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 320
たしかにまったくの偶然: very singular happenstance
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 96
たしかにこれはすごいや: it’s really something
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 409
たしかにな: in spades
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 300
たしかに、ぜんぜん未知の人間じゃないのかもしれませんね: I really don't think he's a complete stranger
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 83
たしかに〜だ。嘘ではない: swear ...
たしかにそうです: in theory, yes
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 105
たしかに、〜だ: the truth is, ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
たしかに<死>は、幼児とともに青年になろうとしている人々に親しいものに相違あるまい: Death is undoubtedly close to us in youth, as close as it is in infancy
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 109
うんまあ、たしかに利口にはちがいない: Well, he was pretty smart
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 257
そりゃあまあ、たしかに耳はね: Well, I guess as far as the ears go,
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 51
ツイート