× Q 翻訳訳語辞典
こと   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
a.k.a.
   
ドットことドロシー: Dot, a.k.a. Dorothy ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 33
agenda
   
単純なこと: a simple agenda トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 34
anything
   
どんなひどいことだってやれるんだ: can do anything, no matter how awful 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 60
as
   
言うこときかなきあ〜するぞ: do as you‘re told or I’ll do ... 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 13
business
   
やり残したこと: unfinished business トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 48
cause
   
きわめて愚劣なことのために: for some highly unworthy cause サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 293
circle
   
ありえぬことを納得させる: square the mad circle ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 69
contemplation
   
〜のことで: by the contemplation of ... トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 93
course
   
(人)としてはふつうのこと: the general course with sb トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 72
episodes
   
苦しいこと、うっとおしいことの連続: a succession of troublesome and depressing episodes 阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 26
event
   
何か変わったことがある: indicate an event of unusual interest メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 205
fact
   
〜していたこと: the fact that ... 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 18
hit
   
とんだこと: hard hit クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 291
idea
   
〜は妙なことに気づく: a strange idea assailes one 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
insight
   
ある程度のことがわかる: offer some insight トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 117
it
   
ことの意味をのみこむ: grasp the significance of it all マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 130
matter
   
どんなことだ?: what kinda matter? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
matters
   
ことは強いて詮索しない習慣がついていた: have taught one not to probe matters that ... 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
moment
   
news
   
いいことだぞ: good news クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 219
occasion
   
めったにないこと: rare occasion スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
occupation
   
にふさわしいこと: occupation worthy of ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 189
occurrence
   
日常茶飯のこと: daily occurrence 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 362
or
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 349
part
   
気がかりなこと: worrisome part クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 344
pass
   
こういうことはこれがはじめてではない: have sort of been down this pass before トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
problem
   
(物の)こと: problem of sth ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 47
question
   
きかずもがなのことだ: it is the most obvious of questions クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 248
reason
   
ちょっとしたことで: given a half reason ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
scale
   
これだけのことをする: make a ploy of this scale ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 278
score
   
そのことに神経質になっている: be sensitive on that score 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 135
sense
   
相手に余計な警戒心を起こさせることはない: there is no sense alerting sb to anything クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
shit
   
こういうことはやるべきじゃない: shouldn’t be doin this shit トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
solution
   
一番手っ取りばやいこと: the quickest and simplest solution クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
something
   
見過ごしていたことがあります: we missed something クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 389
story
   
stuff
   
いざ大きなことになると: when it come to the big stuff ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
target
   
こと〜にかんしては: about ... target ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
task
   
ことに臨む: treat the task ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 75
that
   
(人の)やりそうなことだ: that be sb トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
thing
   
うれしいことを言ってくれるじゃない: you say the nicest things クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 32
time
   
ことがよくある: there are times when ... トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 99
truth
   
悲しいことに〜だ: the uncomfortable truth is that ... トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
what
   
推測できること: what one suspect クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 103
word
   
こんなに正直なことを言ったのはたえて久しくなかった: truer word was never spoken サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 198
worth
   
そこまで手間ひまかけることはない: it isn’t worth the maintenance time クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 24
ツイート