× Q 翻訳訳語辞典
きっと   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
always
   
〜するときっと: as always as when ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
bet
   
〜なんだな、きっと: I bet ... ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 174
bitterly
   
きっと(人の)方をにらむ: round on sb bitterly デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 244
blankly
   
きっと(人を)見据える: look blankly at sb グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 262
but
   
ドストエフスキーとまではいかなくても、きっとそこそこの二流にはなれたよ: Maybe not your Dostoyevsky, but a known second-rate novelist 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 121
certainly
   
きっと逢える: certainly will see sb again 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 10
definitely
   
きっとまだ、抵抗するつもりだよ・・: He still definitely plans to resist 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 216
doubtless
   
<例文なし> ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 160
fixedly
   
きっと前方を見据える: stare fixedly ahead プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 372
hard
   
(人の)顔をきっと睨む: look at sb hard オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 53
have
   
〜には、きっとなにかわけがある: there have to be a reason for ... クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 233
invariably
   
〜するのはきっと(人)だ: it is invariably sb who does 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 173
just
   
きっと寂しかったんだと思う: probably just lonely ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
likely
   
きっと: most likely ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 51
maybe
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 105
must
   
こんな言い方は(人)らしくない。きっと頭がいかれたんだ: must be losing one’s mind to talk like sb カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 296
obviously
   
(人は)きっと〜と思ってるんだ: sb obviously thinks ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 255
ought
   
きっとわけない: ought to be easy ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 57
perhaps
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 291
presumably
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 103
probably
   
きっと路上に放りだすのはしのびなかったんですよ: She probably couldn't bear to chuck him into the street ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 239
stiffly
   
きっと前かがみになる: lean stiffly forward 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 381
sure
   
きっと〜だろうと思う: think for sure トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
then
   
<例文なし> 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
tightly
   
くちびるをきっと結ぶ: one’s lips press together tightly スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 269
truly
   
話せばきっとわかってくれる人間に出会う: find someone who might truly understand クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 60
undoubtedly
   
きっと(人は)自殺していただろう: would undoubtedly have taken one’s own life ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 133
will
   
きっと見た目は無害な人物です: He'll look harmless クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 574

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

きっと: believe me
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 80
きっと: no doubt
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 110
きっと: I expect
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 46
きっと: I guess
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 239
きっと: if truth were known
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 142
きっと: for sure
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 256
彼ら--どう言ったらいいだろう?--つまり、われわれより偉大な存在は、われわれ地球人をねんごろにもてなしてあげるよ、と匂わせているんだろう、きっと: There's a hint of acceptance by--how to put it?--greater beings
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 321
(人は)きっと前方を見据え、ひたむきに歩いていく: one’s eyes are fixed straight ahead
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
きっと前方を見つめたままだ: be staring ahead
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
〜を想像してどきっとする: be alarmed at the prospect of ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 215
突然しゃきっとして: suddenly alert
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 214
きっと〜だと思う: be almost positive that ...
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 35
きっと度肝を抜かれるだろうよ: be confident sth will amaze you
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
〜にどきっとする: ... catch sb’s attention
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 428
どきっとする: have a very bad moment
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
きっと協力してくれる: he will play ball
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 81
「スカパに着くまでには、きっと要領をのみこむだろう」ふきげんな声だった: 'No doubt they'll get the hang of it before they get to Scapa,' he growled
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 177
今に見ろ、(人には)きっと仕返しをしてやるからと盛んに気炎をあげている: boastful of what one would do to avenge oneself on sb before long
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 98
きっと〜だ: I bet that ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 194
きっと〜だよ: I bet ...
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 115
きっと〜わ: I’ll bet ...
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 99
きっと〜する: be bound to do
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 248
そのうちきっと、〜の関係に思いあたる: be bound to make the connection
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 276
この先ワシントンの政界では、きっとこのことがさんざん取り沙汰されるはずだ: the burning question in Washington will be
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 161
もちかえった料理をしゃきっとさせる: put a buzz under take-out
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
きっと〜だ: in case ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 135
きっと〜だろうと見当をつける: feel fairly certain that
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 102
きっと〜する: there’s a good chance ...
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 247
きっと母は出がけに靴下の伝染病を発見して、あわてて穿き代えて出て行ったのであろう: She must have noticed a run on her way out and changed in a hurry
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
(人に)ひとつしゃきっとしたところを見せる: show sb some class
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 209
きっと貴重な収集品になる: Collector's item
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 347
きっとよくなる: will be completely well
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
きっと結ぶ:compress
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
きっと〜するにちがいない: be convinced that ...
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 280
大丈夫、将軍はきっとやさしいから: The general will be very courteous
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 130
タイムネットは隠れみのですよ、きっと: Maybe Tymnet is just a cover
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56
指の間接をぽきっと鳴らす: crack one’s knuckles
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
べきっとおぞましい音がして: there is a sickening cracking sound
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 387
きっと〜だと思う:decide
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 102
きっとスコットランドの異端の歴史が、彼らを遠くの教会にひきよせるのだ、と彼は断じた: Their heretical Scottish history drew them to distant churches, he decided
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 64
きっと〜するだろう: no doubt ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 177
きっとそうだ: no doubt
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 36
はきだめみたいなとこだろ、きっと: A dump, no doubt
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 101
きっと體に惡いだらう: must be a poisonous place in which to dwell
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 21
あいつはきっと適当なもったいをつけているんだよ: Yeah, I guess you could say he equivocated
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
きっと(人に)ちがいないと思う: expect sb
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
ピンク・フロイドがひいきなんだな、きっと: I bet he's a Pink Floyd fan
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 174
あの人、かなりお金を貯めたらしいし、きっと物見遊山の旅行でもなさってるんでしょ: He's made a good deal of money and he's seeing life, I fancy
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 66
〜をいつまでもくよくよ反芻していたならば、きっと病気になるか、発狂するかしてしまうだろう: feel that if one brood on ... one would sicken or grow mad
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 235
きっとわたしは、〜と思ってたのね: I guess I figured ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
きっと(人を)見つける: will find sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
きっとうまくいく: be going to be fine
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 137
(人を)きっと見すえる: fix one’s eyes on sb
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 146
きっと態度を改めてハイ・スピーチに切り替える: flash into High Speech
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 192
下にいた人たちは、きっと身体に電気でも流されたような反応を見せたことだろう: The reaction among the people below must have been galvanic
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 259
最初、その光景を見たときはどきっとさせられた: it gave me quite a start when I first saw it
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 403
〜をきっと睨む: glare at ...
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 96
きっと(人を)睨む: glare up at sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 72
きっと参考になりますよ: you’re gonna learn something
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 188
きっとうまくいく: be going to be okay
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 333
きっと〜だよ: I guess ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
きっと〜だろう: I guess ...
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
きっと見た目は無害な人物です: one will look harmless
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 574
心臓がどきっとする: feel one’s heart trip
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 381
きっと墓場ゆきだ: be for one’s long home, and no mistake
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 209
きっと痛い目にあわせるだろう: may hurt sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
きっと〜でしょう: imagine that ...
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 82
きっと〜だろう: ..., I imagine
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
ひとりでさまよっている子供の姿がきっと見つかる: always spot some isolated children
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 29
とにかく、気を長くもつんだな。きっと何とかするよ: Just be patient, and we'll work it out
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 52
見てろ、きっとそうなるから: you just wait and see
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
きっと見物だぜ: I think it'd be a kick
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 10
ご存じの方はきっといらっしゃるだろう: someone may know
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 293
きっとなにかあったんだとぴんとくる: know something is wrong
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 435
きっと〜に決まっている: know that ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 199
指の関節をぽきっと鳴らす: crack one’s knuckles
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
どきっとする: a leap of one’s heart
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 224
あたしなんかの言うことより、きっとききめがあると思うわ: Likely she'd listen to you quicker than to me
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 188
きっと〜だろう: most likely
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 17
唇をきっとむすぶ: purse up one’s lips
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 105
(人に)きっとした目を向ける: look sharply at sb
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 270
きっと首ったけなのにちがいない: must be madly in love
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 66
ツイート