× Q 翻訳訳語辞典
いかにも   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
apparent
   
いかにも冷静: apparent composure ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 134
certainly
   
いかにも、昆虫がよろこんで住みつきそうな環境だった: It was certainly an environment in which insects would gladly live 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 25
clear
   
いかにもしぶしぶというふうに: with clear reluctance アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 256
completely
   
いかにも元気を喪った様子だ: be completely cast down in spirits 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 112
considerable
   
砂の色はいかにも鉱物質の赤みをおびている: the sand contains a considerable amount of reddish mineral matter 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 64
decided
   
いかにも不幸なめぐりあわせのもとにこの世の仲間入りをする: enter the world at a decided disadvantage マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 43
deeply
   
いかにもくやしそうに: deeply chagrined トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 300
deliberately
   
いかにも印象にのこらぬ茶色のメルセデス・ヴァン: deliberately forgettable brown Mercedes lorry ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 289
eminently
   
いかにもありそうだ: be eminently plausible ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 104
evident
   
いかにもいいにくそうにいう: say with evident reluctance ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 493
evidently
   
いかにも(人)らしい姿で: in what is evidently a familiar pose 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 218
exactly
   
また、いかにもそういうことをやりそうな男なんだよ: That's exactly the kind of a guy he was サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 87
exceedingly
   
音楽は、私には、いかにも野卑に思われた: The music seemed to me exceedingly vulgar 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 35
extraordinarily
   
<例文なし> 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 26
extremely
   
いかにも一本気な人らしく見える: look extremely tenacious 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 141
forsooth
    辞遊人辞書
genuinely
   
いかにも気の毒がっているみたいに: as if sb be genuinely sorry リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 221
great
   
念入りに、またいかにも得意そうに: with great pride and care ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 50
highly
   
いかにも示唆的だ: be highly suggestive 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 100
ideally
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 265
indeed
   
いかにも上品な奥床しい細工だ: be indeed a tasteful, refined piece of workmanship 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 139
just
   
いかにも(人の)やりかただ: it is just one’s style スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
like
   
いかにも退屈しているようなそぶりを見せる: act like one is bored ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 108
most
   
いかにもありそうな結果: most convincing result 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 260
obvious
   
いかにも面白くない: with obvious disapproval ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 178
obviously
   
それがいかにも偽装という感じで、〜とはあまりにちがっているから、〜だ: it is so obviously a disguise, so different from sth that ... クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
only
   
いかにも人の上に立つ者のそれである: only be described as a commanding presence コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 52
perfectly
   
いかにもまことしやかな話: a perfectly plausible story スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
pseudo
   
いかにも慰めるような調子: pseudo-soothing tone デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 145
rather
   
いかにも堅苦しい: rather strained 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 34
real
   
〜の見るところだと、いかにもプロのやり口だそうだ: say it looks real professional, like クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
really
   
いかにも自然に(人)らしい性格がにじみ出ている: really naturally a character resembling sb is fused 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 17
right
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 65
seem
   
〜というのは、いかにもジェームズ・ボンドもどきだ: it seems so James Bond to do クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
seemingly
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 325
simple
   
いかにも遺憾の口調で: in a tone of simple regret ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 152
so
   
とても理屈っぽい、いかにもお医者さんらしい説明の仕方だ: sound so factual, so clinical グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 112
spotlessly
   
いかにも清潔だ: be spotlessly clean 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 44
such
   
いかにも確信に充ちた歩き方なので: walking with such assurance that ... 三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 23
terribly
   
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 74
that
   
いかにもそそくさと出ていったような雰囲気がある: have that fly-about look トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
too
   
いかにもはしこすぎ: too agile ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 497
true
   
いかにも常連らしい: seem like true regulars 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 218
typically
   
いかにも政治的な意見だ: seem a typically political view アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 44
unexpectedly
   
僕の家は小さいわりにいかにも瀟洒とでき上がっていました: Considering how tiny it was, my home was unexpectedly neat and cosy 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 11
utterly
   
いかにも女らしい声だ: the sounds are utterly feminine 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 170
very
   
いかにも興をそそられた様子で: with very apparent interest サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 149

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

いかにも: by comparison
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
いかにも: in fact
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 48
いかにも: through and through
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 24
いかにも恐ろしいことを話しているのだといわんばかりに: as if to accentuate the horror of what one is saying
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 88
茶目っけたっぷりのいかにも楽しげな笑い顔をつくってつづける: add with an eager smile full of mischief
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 199
(人の)方をいかにも気に入ったというように上機嫌で眺めている: look at sb with approving affability
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 94
冗談口調もいかにもわざとらしい: one’s joking is too affected
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 372
それがいかにも苦しい告白ででもあるかのように見せかける: make it sound like an agonized confession
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 80
いかにも我が意を得たりと頭を上下に振る: nod one’s head in violent agreement
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 301
いかにも善人らしい物腰: with an air of sweet benevolence
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 193
いかにも〜らしくないとりみだしようだったので、: sb’s air of distress is so unlike sb that ...
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 41
いかにも楽しそうに、得意げな笑い声をあげる: laugh with all the pleasure of triumph
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 179
いかにもそれらしいラストネームをもった悪党のタクシー運転手: villainous cab driver with the all-consonant last name
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 25
(人は)いかにも人生に疲れたような〜かたをするのだ: one’s way of doing always makes one look jaded
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 55
いかにもアメリカ株式会社のやりかたですが: that’s the way corporate America works
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 46
いかにもアメリカ的な喜びや感嘆の声: various American exclamations of delight
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 176
いかにも不服そうに: extremely annoyed
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 232
皆、いかにも気の毒がっているみたいに慰めを言うのよ: Everyone kept apologizing, as if they were genuinely sorry
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 221
いかにもきみの気に入りそうなものだ: I can see why it would appeal to you
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 118
いかにも〜に: every appearance of ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 129
いかにもそのとおりと言いたげに、しきりにうなずいている: sb’s head is nodding approval
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 404
〜を想像して見るといかにも不憫だ: the thought of ... arouse sb’s compassion
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
いかにも傲然と: be a good deal of haughty arrogance
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 48
あれはいかにも作りごとめいている: It had always been artificial
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 458
いかにも〜といったような顔つきをした: looking as though ...
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 217
いかにも〜である: it is as if ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 199
いかにも〜のようなふりをして: as if ...
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 84
いかにもわざとらしい無関心な声で言う: ask with studied indifference
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 342
いかにも専門の知識をわきまえているかのように言う: say with the authority of an expert
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 414
(人が)いかにもふきげんだ: be not in the very best of moods
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 43
とってもくたびれてるみたいな、あるいはいかにも気乗りがしないといって格好でね: He looked like he was very, very tired or very, very bored
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 159
いかにも涯がなく、窺いきれぬほど暗黒なものを蔵しているかのようだ: seem boundless and swathed in unfathomable mystery
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 79
いかにも勇敢そうな押し出し: a brave front
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
てきぱきと、いかにも調子に乗った仕事ぶりである: work briskly and efficiently
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 38
いかにも堅牢なつくりの農家スタイルの家: solidly built farm-style houses
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 321
いかにもそっけなくうなずく: nod, all business
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 190
〜のように、いかにもさりげなく: with no more ceremony than ...
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 292
いかにも自分の行動に自信ありげなようすだ: be certain of what one is doing
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 35
小さないかにも厳粛な部屋: small, stately chamber
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 585
(人の)唇にいかにもうれしそうに、だが節度のあるキスをする: kiss sb rapturously but chastely on the lips
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 95
いかにも心から信じているように、声をはずませて答える: answer with a cheerful firmness of conviction
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 8
愛想のいい、いかにも身内ぶった微笑みを、そのろくでもない顔から剥ぎ取る: rip the cherry, familial smiles off their fucking faces
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
いかにも芸術家村らしい: it is a great choice for an artists’ colony
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 307
(人の)目にさえいかにも不格好に見える、途方もない木靴をはいている: tall, in wooden shoes that are clumsy even to the eyes of sb
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 81
いかにも冷酷なコンクリートの床の固さ: the coldness of the hard concrete floor
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 408
いかにもカラフルななりのちんぴらたち: a colorful smattering of its would-be criminal types
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 197
いかにもありがちな勘ちがい: a common failing
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 145
いかにも盗み聞き然とした格好で: like a common eavesdropper
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 268
(人が)話相手になることがいかにもうれしいらしい: evidently pleased to find sb so companionable
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 50
いかにも、やにさがった: extraordinarily complacent
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 26
いかにも落ちついたものなれた態度だ: seem completely at ease
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 101
〜な場合にでも言いそうな、いかにも不承々々といった恩着せ顔のお義理愛想: with a far more grudging condescension and patronage than one could have shown if ...
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 203
いかにも先生らしい、筋のとおった、面白い推理でしたよ: It was an interesting conjecture, rational, very much like you, sir
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 110
いかにも酒好きらしく: like a connoisseur
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 12
いかにも事をたくらむ足どり: conspiratorial strides
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 28
いかにも満足したように: with an expression of utter contentment on one’s face
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 104
いかにも気楽そうに暮らしている: sb seem the picture of contentment
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 18
いかにも愛想のない返事の仕方をする: be a lousy conversationalist
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 297
相手を納得させるにはいかにもあいまいな話: not a very convincing story
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 26
うまく当たったのでいかにもうれしそうだ: say with the exultation of a correct guesser
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 227
ゆっくりと間延びした、いかにも粗野な声: sb’s slow, countrified drawl
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 448
いかにもまずそうな表情を顔に浮かべる: a disgusted look crosses one’s face
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 228
いかにも面白いというように目を輝かせる: remark, one’s eyes lit with curiosity
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 212
いかにもあぶなっかしげである: seem exceedingly dangerous
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 47
いかにも恋愛の対象になりそうだ: seem a suitable object for love’s darts
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 170
一日のはじまりにはいかにも好ましい気がする: seem so fitting to the start of a day
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
いかにも形式張った、とりすました口調で言う: give sb that official deadpan delivery
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 56
いかにも〜な感じの: decided impression of ...
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 191
声はつねに、いかにもその道の権威めいた自信と自負に満ちあふれている: have the tone of voice of a self-declared expert
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 224
いかにも元気がない: look most dejected
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 132
いかにも嬉しそうにいう: add in a tone of delight
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 44
いかにもたのしみといいたげに: with delightful insinuation
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 179
いかにもそう呼ぶにふさわしい: be a man who obviouly deserved the title
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 119
いかにもソ連的な: Soviet design
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 253
いかにも辛そうに: with great difficulty
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 74
いかにも気の毒そうに:doubtfully
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 185
ツイート