× Q 翻訳訳語辞典
(place)   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

その場所をぎっしりうめつくすようにして: covering just about every inch of the (place)place
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 113
どんな場所にでも容易に入り込める: can accommodate oneself to any (place)place with ease
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 78
(物を)〜の上におく: (place)place sth across
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 171
出番はない: have no (place)place in this action
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 560
驚くほどめまぐるしく取引をおこなう: astonishing flurry of activity takes (place)place
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 165
(人に)頼んで広告を出してもらう: have sb (place)place ad
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
事の中心的存在になる: assume one’s (place)place in the center of the affair
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 294
うちの哀れな旦那さまの代わりに: in the (place)place of my afflicted husband
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 165
身の丈にあったもっと小ぶりな家: a more moderate and affordable (place)place
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
〜して、やわらかい腹にそっと押しつけてくれる: (place)place ... against one’s stomach
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
狂いまわるような苦しみかただ: be throwing oneself about the (place)place in one’s agony
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 136
列の何人か前に(人の)姿が見える: see sb a few (place)place ahead of one
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 310
(場所)の中にただらぬ気配が漂っている: there is an air of unease about the (place)place
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 166
新しい光や新しい空気とはほとんど無縁の場所: the sort of (place)place where new light or fresh air rarely enters
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
盗難はいずれも宵の口であった: They had all taken (place)place in the early hours of the evening
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
いっさいのものをちゃんとあるべき秩序に保たせる: used for keeping all thing in their (place)place
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 193
すべてはきちんともとの場所に収まっている: all things are in their (place)place
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 280
そこらじゅうに結び目がつくられている: the knots are all over the (place)place
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 131
みんなよその国の人ばっかり: all from foreign (place)place
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 406
やたらめったら振りまわす: wave all over the (place)place
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 126
めちゃくちゃにあくびが出る: yawn all over the (place)place
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 38
それもよりによって: of all (place)place
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 415
今度こそたたきつぶしたことをしかと見とどけようと目を上げる: look up to make sure one have gotten the (place)place once and for all
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
そこらじゅうに散乱している: be all over the (place)place
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
ちゃんとととのえている: be all in (place)place
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 13
あちこちに: all over the (place)place
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 283
むやみやたらと: all over the (place)place
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 48
やたらと: all over the (place)place
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 55
メチャクチャに: all over the (place)place
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 57
四方八方に: all over the (place)place
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 433
こうして掃除も行き届かない場所に限って、〜が、激しく鼻をつくようになる: ... become manifest in all such (place)place that are ill cared for
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 130
すでに仕掛けてある: be already in (place)place
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
一足さきにやってきた: be already in a (place)place
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 70
瓶を祭壇にささげる: (place)place the bottle on the altar
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 72
年寄りの脛って、海辺やなんかで見るけど、きまってなまっ白くって、それに毛が生えてないみたいに、つるんとしてやがるじゃないか: Old guy's legs, at beaches and (place)place always look so white and unhairy
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 14
長いあいだ、駐米ソ連大使を務め、このほど帰国が決まった: the recently replaced, longtime Soviet ambassador to the United States
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 40
得体のしれない土地: amorphous (place)place
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 214
隠れ家を転々とする: move from one hiding (place)place to another
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 231
わたしの知っているところにいけばおどろくほど安い: I know another (place)place so cheap you won’t believe it
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 64
あることをなしとげる: get from one (place)place to another
死骸を移す: bear away the body to another (place)place
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 44
(人を)頭から信用していない: never (place)place any faith in sb
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 139
(場所)だってどこだってかまやしない: be as good a (place)place as any
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 201
どこといって他に行くとこもない: do not have anyplace else special to go
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 238
手あたりしだい押込みをはたらく: break in anyplace
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
それにしても、どうしてきみはこの場所にそんなに詳しいんだ?: Say, how do you know so much about this (place)place anyway?
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 123
それはそうと、ドッグマスターというのはどういうところですか?: What is this Dockmaster (place)place anyway?
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 146
どこへ出かけようがギャンブルとは無縁だった: have never (place)place a bet anywhere else
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
〜はどこもかしこもぞっとする場所だ: be appalled by the (place)place ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 109
おぞましい場所: appalling (place)place
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 133
ちらかっててすまんがね: excuse the appearance of the (place)place
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 283
能く聞くと、それが尋常の談話でなくって、どうも言逆いらしかった: An argument, rather than an ordinary conversation, seemed to be taking (place)place
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 27
〜を軽謹慎に付す: (place)place sb under open arrest
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
とりすましてお高く止まった眉間: one’s complacent, arrogant head
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 286
〜しているような(場所)で: the same kind of (place)place as the one where ...
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 27
(人)のことをいますぐにでも母親の座につこうとしてる人間と思ってるんじゃないかしら: see sb as trying to step into one’s mother’s (place)place too soon
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
こんなところで何ですけれど: I shouldn’t really ask you in a (place)place like this, but ...
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 35
このあたり一帯の看板のひとつは風光明媚の遊歩道である: one of the attractions of the (place)place is its scenic trails
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 160
陸軍当局者: highly (place)place military authority
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 381
身動きのできないような所には近寄らない: avoid tight (place)place
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 180
〜から逃避するための家: a (place)place away from ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
旧套を打破する: replace awkward ones
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 7
ひやりとして、がらんどうのような家だ: there is a chilly bareness in the (place)place
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 48
(場所)に行く: will be (place)
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 56
わたし、大晦日には何度もここへきてるの: I been in dis’ (place)place many New Year’s
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 43
そこに移ってXX週間たっている: have been in one’s new (place)place for XX weeks
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 210
頭上には、パラソルがじつに優雅にさしかけられている: with the parasol held beautifully in (place)place above sb
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177
賑やかで陽気になる: become a gay (place)place
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 153
帰り際に: before one leave sb’s (place)place
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
いろんな話がだんだんきちんとした場所に収まってくる: pieces of the story begin to fall into (place)place
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 383
地球文明にその座を奪われつつある文明: civilization which human beings have now begun to replace
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 14
想像もつかないところにいる: wouldn’t believe this (place)place
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 51
ここは(人の)土地だ: this (place)place belongs to sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
(人は)この土地の人間だ: sb belong to this (place)place
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
自分はここにいるみんなとは違うんだという表情を浮かべる: don’t look like one belong with sb in this (place)place
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 206
まともにつきあえる娘が、〜にはめったにいない: be not the best (place)place to find serious relationship material
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 57
〜と言えば恋人探しと相場が決まっている: ... be the best (place)place to find a new love affair
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 503
(人が)自分の馬券を買う: (place)place one’s bet
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
〜にこれほどうってつけの場所はまたとないのではないか: there can be no better (place)place for ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 293
いくらかはマシなところ: a slightly better (place)place
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
ほんとは、もっとちゃんとした場所にしまってあげなきゃいけないんだけどねえ: it deserves to be in a better (place)place and I know it
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
ここにいるのがいちばん: have no (place)place to go that’s better than this
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 276
まさにお誂えむきの場所だ: can hardly pick a better (place)place
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 353
なにか神々しい、この世のものならぬ怖しい世界: other world, some divine and yet dreadful (place)place beyond their own
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 71
大きな手間のかかる家: a big, demanding (place)place
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 366
例のカードの住所は(人の)ところになっている: the card gets billed at sb’s (place)place
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
本場:birthplace
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 341
焼け跡のつづく瓦礫だらけの街: a (place)place of blackened emptiness and rubble
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 44
その部屋はまばゆいばかりの照明がこうこうとついている: the whole (place)place is a blaze of light
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 109
ここまで消火ホースをひっぱってくるのは、ちょっくら骨ですからね: Bloody difficult to get a firehose down to this (place)place I should think!
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 452
ひとつぱーっとやろう: let’s cheer this bloody (place)place up
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 59
(人の)読んでいたあたりを開く: open the book to sb’s (place)place
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 79confess
ツイート