× Q 翻訳類語辞典

数  

ナンバー 数字 数詞

基数

件数 番号

分量 数量 物量

few の訳語→ あまり いくつか いくつかの いくらかの いささかの たまに ちょっと ちらほら ときたまあるくらい ところどころ ども ひとことみこと ふたことみこと ほとんど ほとんど皆無 まばらな まれな めったにいない わずかばかりの 一口二口 一端 一部の 何人か 何人かの 何組か 何度か 何日か 何杯か 何粒かの 限られている 若干の 少し 少数者 数えられるほど 数すくない 数少ない 多少 多少なりとも 多少の 得がたい 二、三 二つ三つ 二三の 滅多にない 余人には〜せぬ 類がすくない

just の訳語→ 〜したて したばっかりだぜ したままぽかんと〜しているばかり でも なんだ に過ぎない までですよ あっさり あともう〜しかない いいから いたって いつでも いましがた おとなしく かろうじて きっと ぎりぎり これこそ ごくごく さあ さっさと しげしげと すぐ すでに そっくりの そもそも たかだか ただ、無性に ただじっと ただの ただひたすら たった今 たんなる だけ だけに ちゃんと ちょっぴり ついさっき つい先頃 つまり というものだ とことん とにかく とりあえず どうせ どうやら なに のこのこ のも ばかり ひょいと ふつうの ほんと、いかにも ほんの まあ まさに まず まだ まちがいなく まったくの まるで みすみす もっともな よりによって わずかに サシの 一介の 一足ちがいで 何をするともなく 簡単に 間をうめる 間一髪 近く 今ここで 今しがた 今しがた〜したばかり 今の 今度のは 最近 至極 失敗する 瞬間 辛うじて 甚だ 正義を尊ぶ 精一杯 惜しいところで 単なる〜の域を出ない 単純に 同じように 同様に 不用意に 本能に 無造作に 黙って 要するに 要するに〜というものである 脇目もふらず ...

more の訳語→ 〜に近い あと あらためて あんまり いくぶん いくらか いささか いちだんと いっそう いつもより いまひとたびの いまより いまよりもずっと いや いよいよ いよいよ増す いわば おおいに おかわり かなり くだくだしく ぐっと けっこう この先 すぎる ずっと それを上回る それ以上に それ以上余計な ぞくぞく たくさん どちらかというと なお ならず はっきりした ひときわ丁寧に ひとしお ほかに ほかにも まして ますます また またしても またまた まだしも まだまだ むしろ もう もう少し もっと もっともっと もっと重要な意味がある もっと多い よくよく よけい よっぽどいい よほど 以上 以上に 以上のこと 以上のもの 強い 向上させる 少しは 尚更 精々 前よりは 前よりも 増す 増加 足す 多い 大きく 大なり 超す 特別に

number の訳語→ 〜人目の 度目の すべて やってること やりかた やり口 データ 一巻 演目 回数 金額 手口 出番 電話 背番号 範囲 番号をふる

odd の訳語→ あてにならない あやしい うさんくさい おかしい おかしな おかしなこと きょとんとした ぎごちない じつに奇妙な ただならぬ ちぐはぐな とんでもない にやにや ふしぎ ふしぎな ふとした 意外な 異様 異様な 異様に 一種特別の 運命 何故か 怪しい 怪訝な 確率 間の悪さを感じる 奇異 奇矯な 奇妙な 奇嬌な 吸いのこしの 筋違いもいいところ 思いだしたように 思ひがけない 中途半端な 珍しい 珍妙な 的はずれな 不穏当 不思議 不思議な 不思議に 癖がある 変てこな 変な 変わった 変わっている 変人 妙ちきりんな 妙てけれんの 妙な 妙な感じの 妙に 様子が変

population の訳語→ 国民 住民 人口 人口の


ツイート