× Q 翻訳類語辞典

例によって  

again の訳語→ 〜にも をとりもどす あらためて いまいちど いまさら いまふたたび かなり ここでも こりずに さっきと同じように さっきも言ったとおり その後 それっきり つぐ なお なおる のみならず ふたたび ぼちぼち また また〜か また〜なおす またか またしても またぞろ またまた またも またもや また元の もう もういっぺん もうひと口 もうひと声 もう一度 もとどおり もと通り もどる やっぱり やはり ようやくまた よく よみがえる 以前に変らぬ 一方に 何度も 改めて 久しぶりに 繰り返し 繰り返す 元の〜に返る 元通り 後は 今度は 今日はまた 再び 次の 重ねて 性懲りもなく 昔どおり 前と同じで 前のように 前回同様 蘇る 相変わらず 二度と 二度目 返る 又しても 戻って

characteristically の訳語→ こうした場合の常で その性格から 案の定 元来

customarily の訳語→ 〜がならわしである ふつう

customary の訳語→ いつもの しきたり ふつうならある 習わし 習慣 通例 例によって例のごとく

inevitable の訳語→ かならず かならずとびだす きまって出てくる こんなばあいにもかならずいる やむを得ない 決定的な 結果として 仕方がない 仕方ない 当然な 当然の 特有の 判で押したように 否応なしに 避けがたい 避けては通れない 必至である 毎度きまって 余儀なくされる

still の訳語→ 〜であることに変わりはない でもなかなか は前と同じである あいもかわらぬ いずれにしても いぜんとして いつまでも いまでも いまなお いままた いまもって いよいよ おのずから が、依然として この先 さあっと走る さりとて しかし、そうはいっても しかも しばらくのあいだ しんと じっと じっとしている じっと動かぬ そういいながら そして その後もつづけて それだって それでも それにしたって それはいいとして ただし だからといって だけど つづけていた でも とっさに とはいうものの とは言っても どっぷりと なおも なのになぜか にもかかわらず ひっそりとたたえた ぴたりと ますます まだ よどんでいる 以前と同様で 依然 依然として 依然として尽きない 一向に 一段と 現在 現在も 口をつぐむ 今でも 今にいたるまで 今も 今も〜に変りはない 今もって 今も残っている 今更 今日まで 最近も 最後に 残しながら 残る 十分に 身じろぎしない 身じろぎもせず 静かな 静かに 静まりかえった 静まり返った 静まり返り 静寂の 絶やさない 相変らず 澱んでいる 動かない 同じように 微動しない 風がそよとも吹かない 風のない 変えずに 未だに 無風状態 立派に ...

that の訳語→ 〜から っての という事実 以上 あっちのほう あれじゃあ あんな あんなに いかにも いつものように いまの かの こいつ こいつは こと この これが さっきの そういう そういえば そこ そっち その程度のことは その分 それ それだけ そんなの そんなもの そんな訳で ただ つまり とでもいったような などと には まあそんなもの 気がして 情報 世の中 先ほどの 彼の 様子 類のもの 例の

usual の訳語→ 〜に特有の あいかわらず いつも いつもと同じ いつもどおり いつもどおりの いつもながら いつもながらの いつものこと いつもの通り いつもの通りの お決まりの お定まりの お定まりの手順 お得意の ごくありきたりの すっかり板についた そこらの だれしもやる なに、どうせまた ふだん ふだんと同じ よくある 以前と同じ 一定の 何時も 行きつけの 今にはじまった話じゃあない 持ち前の 従来の 常より 常套 常套手段である 常連の 世の常の 昔ながらの 相も変わらぬ 相変わらずの 大抵 通りいっぺんの 通常の 典型的な 当然ながら 日頃の 日頃から 日課 独特の 不断 平生 毎度 毎度のことで 例のごとき 例のごとし 例のプレゼント 例の調子で 例の定食のような

そのほかの「例に」で始まる語句・表現

例にあげる 例にない 例にもれず 例によって例のごとく 例に洩れず


ツイート