× Q 翻訳類語辞典

何とも  

いやに おもいきり さんざっぱら ずいぶん たいへん とっても とっと とんだ なんとも はなはだ ひどく やけに よくよく 世にも 善く善く 堪らなく 大変 大層 思い切り 思切 思切り 極々 極極 然ばかり 然許 然許り 甚だ 甚も 能く能く 至って 転た 迚も 酷く 随分

すっかり とんと ふつに ほんに まったく まるで 丸で 何共 全く 完全に 本に 頓と

acutely の訳語→ あまりに たいへんな ひしひしと 痛いほど 痛いように 眉をひそめて真剣に

deeply の訳語→ 〜の絶える暇はない あまりまともに いかにも ぐっと とことん とても どっぷりと なかなか はっきりと ふかく ふかぶかと よく よほど 以上に 異様な 遺憾なく 奥へ 感心する 胸いっぱいに 言いようのない 骨の中まで 思うさま 心から 心の奥底から湧き上がる 心の底から 心底 深々と 深い 深く 真剣な 大いに 大きく 痛切に 篤く 突っ込んで

most の訳語→ 〜盛り あらかた いたって いちばん おおかた おおかたの おおむね おそろしく およそ きわめて このうえない この上ない この世のものとも思えぬほど これほど これより〜はない ごく ごくごく しごく じつに すごく せいいっぱい たいていの たまらない だいたい とくに とびきり とびきりの とびぬけて とりわけ どうしても どうも どう考えても どこの どんな なにより なによりも なるたけ はなはだしい はるか ひとしお ほとんど ほとんどすべての ほとんどの ほとんど例外なく まことに まさに みごとに もっぱら ものすごく ろくに 一介の 一等 一番 往々 何よりの 何よりも 最たる 最たるもの 最も 最高 最高に 最大の 思いきり 至極 捨てがたい 世の 世界でいちばん 総じて 多くの 大そう 大半 大半を占めている 大方の 頂点を極める 非常に 並の 余人

nothing の訳語→ 〜だったわけではない いや、べつに お流れ けっして〜ではない ご破算 ささいなこと すべて〜ない ぜんぜん無名の ただ どうでもいい どれひとつとっても〜ない どれもこれも ない なしのつぶて なにごと なにごとも〜ない なにひとつ なにも なにも〜ない なんら に¥何も ひとこと べつに まったくなにひとつ もののかずではない ものの数ではない ゼロ 一切しない 一切ない 一度も〜しない 何か 何でもない 何につけても〜ない 何の〜も〜ない 何ひとつ 何ほどのこともない 何も〜しない 何も〜はない 何一つ 何物でもない 虚空 仕方がない 重要でも何でもないこと 他愛もない 地図にも載っていないような小さな 別に 返答なし 無内容な 名もない 有象無象 屁みたいなもの

そのほかの「何と」で始まる語句・表現

何という形のいい 何といっても 何とか 何とかして 何とかして〜したいと思う 何とか捕まえる 何としても 何としても〜してみたい 何とぞ 何となく 何となく嬉しい 何となく話す 何となれば 何とはなく 何とはなしに 何とまあ 何ともいえない 何ともいえぬ 何ともいえぬ慚愧 何ともときがたい 何とも不思議な 何とも云いようのない 何とも名状し難い 何とも形のつかぬ 何とも形容しがたい顔で 何とも知れぬ 何とも答えない 何とも言えない不思議な 何と大した〜ではないか 何と思ったか 何と無く 何と無しに 何と言っても


ツイート