× Q 翻訳類語辞典

どこまでも  

absolutely の訳語→ 〜そのもの にちがいない いつも おそろしく おっしゃるとおりです きっぱり きわめて このうえない このうえなく さぞかし したきり じっと じつに すっかり たっぷり ちゃんと とにかく とにかくまったく どうしたって どうしても どうしようもなく どうにも どのみち ならない ひっそりと ひとえに ほとほと ほんとうに ほんとに ぽかんとした まぎれもなく まさしく まちがいなく まったく まったくの まったくもう本当に まるっきり まるで もちろんです ゆえん わかった。かならず 圧倒的な 圧倒的に 一つ残らず 一切 何の〜 何一つ 完全に 極度に 決して 固く 充分 少しも 正真正銘の 生粋の 絶対に 絶対に金輪際 全幅の 大抵は 徹頭徹尾 到底 百パーセント 文句のつけようがないほど 文句のつけようのない 本当に

absolute の訳語→ あくまでも いっさい それはもう なんといっても まぎれもない まごうかたない 完璧な 頑として 極度の 最低の 深い 真骨頂 絶対 絶対の 単純な 徹している 頭から 不動の 文句なしに 文句なしの

all の訳語→ 〜ずくめ だけが という〜 人が〜人とも あとかたもなく あらゆる ありたけ ありったけの あれこれと いかなる いずれも いっさいがっさい いっせいに いろいろ いろんな おしなべて かぎり かたっぱしから きれいに けっきょく こぞって これこそ こんな さんざん すべての すべては ずっと ぜんぜん そこらじゅう そっくり残らず その他もろもろ それぞれ そろって たいへんな ただの〜にすぎない だけ だらけ だれにも つくす どう どおし どのような どれも どんどん どんなに なにもかも なによりも なんとも のこりなく ひたすら ひとり残らず みな みんな〜ばっかり みんなで もっぱら もろもろ やる よく ゴマンとある 一ぺんに 一手に 一斉に 一切すべて 一同 一文残らず 何から何まで 何もかも 各種の〜のたぐい 寄ってたかって 懸命な 権化 今までの 際限なく 四方 手当たりしだい 出來るだけ 上から下まで 申し合わせたように 数々 世の中 洗いざらい 全員 全身の 全部 全部ひっくるめて 総出で 体じゅうの 大きな 大勢の 誰の目にも 逐一 度重なる 猫も杓子も 風物 並いる 片っぱしから 片っ端から 万事 本性 要は 例外なく 連中 話のすべて ...

emphatically の訳語→ いっそう強く はっきりと 激しく 勢いよく 大きく 力をこめて

extremely の訳語→ 〜すぎる あっぱれなほど いかにも かなり ことのほか このうえもない ごく さぞ すぐれて すこぶる ずいぶん ずばぬけて そりゃもう それはそれは たいした たいそう たいへん たまらなく とてつもなく どうしようもない どん底の なかなか はなはだ ばかに ひどく ほれぼれするような まことに まずなによりも やけどしそうに やけに やたらに 異常に 何となく 過ぎる 極まりない 極めて 極端 極端なまでに 至って 十分に 甚だ 世にも 全くの 素晴らしい 測り知れない 非常に 並みはずれて 並み大抵ではない 優れて 余程

faithfully の訳語→ りちぎに 克明に 丹念に 熱心に 忘れず

forever の訳語→ いつになっても いつまでも ずいぶん時間がかかる たえず とことん のべつ もう一生 やまない 永遠の 延々 古い 口を開けば〜する 始終 続ける 無制限に 矢鱈に

indefinitely の訳語→ 後々まで 際限もなく 無限に

perfect の訳語→ ありがたい あるべき いうことなし いかにも〜にふさわしい いちばんいい うってつけ うってつけで うってつけの おあつらえむきの かぎりなく かっこうの きちりと きちんと けっこうな このことだ すばらしい そりゃいい ちゃんとした ふつうの まったく無類の みごとに もってこい よくよくの 何という形のいい 恰好の 完全 完全な 完全無欠 完全無欠な 完璧に 完璧にする 完璧の出来 完璧をきわめる 見ず知らずの 持って来いの 十全 傷ひとつない 申し分ない 申し分なく 申し分のない 真〜 精緻な 絶好の 非の打ちどころのないしゃべる 非の打ち所のない 文句なしに幸せ 磨きをかける 満点 理想の 理想的な 立派な 腕のある

persist の訳語→ 〜が抜けきれない かさねてきく くいさがる しつこくつきまとう しつこく訊ねる それでもひっこまない たたみかける つっこむ つづける ねばる まだやめない 気がすまない 居座り続ける 喰いさがる 言いはる 言い張る 言い返す 残留することになる 思いなおさない 食いさがる 食い下がる 頭を離れない 粘る 負けていない

stubbornly の訳語→ かたくなに きかない ことさら しつこい しつこく 依怙地に 依怙地になって 一向に 頑なに 頑固に 執拗に 必死に 木で鼻をくくったように

through の訳語→ 〜から・・にかけて が終わるまで ごしに によって にわたって に隠れて に分け入って のあいだから のあいだをとびぬける のむこう の外に の世話で の名の下に をくぐり をすかし をすかしみると をついて をやぶって を介して を介する を割って を潜る を通る を透かして を抜ける を縫って を浴びて を裂いて 越しに 内に あいだ あびながら かきわける から くぐりぬけ くぐる じゅうに すっかり見おわる つらぬく ながらに のなかにつづく のゆえ まで もうずっと 一気に 陰から 介して 繰る 効かない 向こうに 考える 済む 使って 次々と 失格で 吹きこむ 潜る 中を 通りぬける 透かして 濡れ 病状が進んでいる 負う 縫うように 無事に務める

そのほかの「どこ」で始まる語句・表現

どこか どこか〜さえ どこか〜なもの どこか〜臭い どこかしら〜している風だ どこかで見たような どこかなげやりな態度 どこかに どこかに消えてしまう どこかの店 どこかの男 どこかの誰か どこかへ どこかへ行く どこかよそに どこかよそへ どこからか どこからどこまで どこから見ても どこかオツムが軽い どこか不自然な どこか他の どこか変 どこか意味ありげな どこか板につかぬ どこか気弱な どこか気詰まりな どこか焦点が定まらない どこか茫洋とした どこぞの どこだかわからない どこでどうやって どこでも どこで何がおこったか どこといって取り柄のない どことなく どことなくうさん臭い どことなし どことも知れぬ どこに どこにでもあること どこにでもいそうな どこにでも顔をつき出す どこにも どこにもやましいところのなさそうな どこの どこの〜にもある どこのだれだ どこのどいつか知らんが どこのものともつかない どこのものともわからぬ どこの誰ともわからない どこの馬の骨だかわからない人 どこへでも行く どこへも どこへ行っても どこまで どこまでも遠く どこまで行っても どこも どこもかしこも どこもかも どこも共通して どこやら どころか どころじゃない どころではない どこをどう迷ったものか


ツイート