× Q 翻訳類語辞典

とても  

ありあり いかにも いっそ いと いとも おもいきり きわめて さね じつに じつは すこぶる ずいぶん ずんと そう そのじつ その実 それはそれは たいへん たっぷり とっても とっと はたして はなはだ ひじょうに ひっしと ほんに まことに めっきり よっぽど 世に 世にも 世に世に 事実 余っ程 余り 余程 其の実 其は 其は其は 其れは其れは 其実 大いに 大して 大変 大層 如何にも 実に 実にも 実にや 実に実に 実は 実際に 寔に 思い切り 思切 思切り 悉皆 最も 本に 本当 本当に 根から 根っから 極く 極めて 正しく 然ばかり 然許 然許り 熟熟 現に 甚だ 甚も 真に 真実 神もって 神以って 神以て 結構 絶ばかり 至りて 至極 誠に 迚も 重々 随分 非常に 頗る

いたく かなり ことのほか こよなく なにより ひどく めきめき よく メキメキ 中々 中中 何より 克く 善く 堪らなく 好く 極々 極度 極極 殊のほか 殊の外 滅法 甚く 痛く 能く 至って 良く 重々に 重重に 非常 飛び切り 高度

ひとかたならず やたら 一方ならず 善く善く 能く能く 良く良く 許多 酷く

ずっと はるかに 相当に

ずばり

ぜひとも

ほんとに 心から

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さえ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ おおかた およそ かならずしもよく かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とも ともいえる どうにか どうも どこか〜さえ なかなか なかば なんだか なんとか はや ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ ほんの まあ まざまざと まず まずたいていは まもなく まるで まるで〜よろしくといった むしろ めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 もっぱら 一種の 一種の〜にも似たもの 何となく 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 滅多に

altogether の訳語→ <訳なし> あながち うってかわった すっかり せいぜい とにかく なにしろ はたと ほとほと まったく 完全に 諸事 歴然と

awfully の訳語→ いやに えらく すごく すっごく なんとも言えない 呆れるくらい

certainly の訳語→ 〜さえ しそうな に決まっている あたりまえ いうまでもない いっとくが〜だぞ いわんや おさおさ かえって かしこまりました きっと きまって きまっている さぞ しっかり ぜったい ぜったいに たいした たしかだ だって ちがいない ともかく どういたしまして どうみても どう見ても どう考えても なお なにぶんにも なるほど なんという なんとも はず はずだ はっきり はっきりいえる はっきりして まぎれもない まさか まさしく まさに まずまちがいない まったくの むろん もちろん もちろん怠らない もっとも もとより もはや ようですよ よほど モチさ 案の定 違いない 確かだ 確実に 間違いない 決して 現に〜ではないか 充分 充分に 少なくとも 正直に言うが 相当 断じて 筈である 避けられない 必ず 別に 無論 明らかに

deeply の訳語→ 〜の絶える暇はない あまりまともに ぐっと たいへんな とことん どっぷりと はっきりと ふかく ふかぶかと 以上に 異様な 遺憾なく 奥へ 何とも 感心する 胸いっぱいに 言いようのない 骨の中まで 思うさま 心の奥底から湧き上がる 心の底から 心底 深々と 深い 深く 真剣な 大きく 痛切に 篤く 突っ込んで

dignified の訳語→ ちゃんとしたものだ みごとな みるからにけだかい 威厳がそなわって 格式が高く感じられる 厳粛な 厳然たる 高尚な 取り澄ました 堂々とする 品格の高い

firmly の訳語→ 〜とばかり あくまでも うむをいわさず きっちり きっぱり きっぱりと きびしい調子で きめつけるように しかと しっかりと ちゃんと つよく ばかり ぴしっと ピシャリと 一歩々々、ふみしめるように 頑固に 強固に 決めつけるように 決然と 厳重に 据え付けるように 断固と 有無を言わさぬ 落ち着いて 力をこめて 力を入れて 力強く

goddamned の訳語→ いまいましい おぞましい くそったれの 当の

hardly の訳語→ 〜するまでもない ではない ない なくらい になるわけがない いくらも〜しない お世辞にも〜とはいえない お世辞にも〜とは言えない お世辞にもいえない かねる さだかには〜ない するわけにいかない たいした〜ではない ちらりと てんで できない とてもそれほど〜ではいられない ないといっていい なるかならないか なんか ほとんど〜ない ほど遠く まさか〜ない めったに もはや〜ない ろくすっぽ ろくに ろくに〜しない ろくろく〜もしない 格別〜ではない 危うく 別に〜ない 殆ど例がない 滅多にない

huge の訳語→ すごく大きい すっごく大きな ばかでかい ふくよかな ゆたかな マンモス 巨大な 強い 広い 重大なる 甚だしい 数えきれない 多額の 多大の 大〜 大きくみひらく 大きく燃え上がる 大きな 大規模な 大口 大口の 大男 特大サイズの 馬鹿でっかい 非常に高い 不相当な 膨大な 厖大な

jolly の訳語→ よき よくよく バッチリ 愛想がいい 元気だ 明るい

never の訳語→ 〜したこともない したためしがない したためしはない ない主義でして はたえてない いかなるときも いくら〜しても いささかも〜ない いちども いっかな いっこうに いっさい〜しない いっときも〜ない いつでも いつの場合も いつまでたっても〜ない いつも いなかった いまだに いまのいままで かいもく かつて〜ない きざしもない しまい じまい ぜんぜん そよとも それきり〜しない それぎり ただのいちどもない ためしがない ちっとも ちっともない ついぞ ついぞ〜ない ついに ついに〜しなかった ついに一度も〜しない つゆ〜ない とうてい とうてい〜しきれない とうてい〜ない とうとう とてもとても どうしても どうしても〜しない どうしても〜できない どうしても〜ない なかった なかなか〜ない なれない のぼらない ひとことも ひとつも〜しない まず〜しない ません まったく考えられない まるで〜ない めっそうな もともと〜でない ゆめゆめ〜ない よもや わかんなかったなあ わけじゃないの 一ミリも〜ない 一向に 一生 一滴だって 一度も 一度も〜しない 一度も〜なかった 一度もない 永遠に 縁のない 何度聞いても〜ない 皆無 頑として〜ない 禁物だ 金輪際 金輪際しない 今まで〜ない 最初から 最初から〜ない 試しがない 瞬時も〜ない 生まれてはじめて 生まれて初めて 絶えてない 絶対に 絶対に〜しない 絶対に〜できない 絶対にやらかさない 絶対にやらない 賭ける 到底 二度と 片時も〜しない

painfully の訳語→ あがき苦しみながら あんまり くるしいほど つらい思いをしながら つらそうに ひりひりするほど やっとの思いで 含むところありげな 苦しい 苦しそうに 苦痛に耐えながら 自分でも厭になるほど 痛々しくなるほど 痛いまで 鈍重な動きで

perfectly の訳語→ あますところなく あんな〜はない いたって ええ、全然 きわまる くっきりと くわしく このうえなく ごく しごく しっくり しっくりと じゅうぶん すんなり そのまま どこから見ても どんな刺激を受けてもまったく なんの支障もなく ぴしりと ぴたりと ぴったり ぴったりと ほんとうに まだ十分に みごとに もう 一も二もなく 何にも 何の問題もなく 何不足ない 完璧な 極度に 至つて 十分 申し分なく 正当な 当然 念入りに 百も 百パーセント 文句なく 立派に

practically の訳語→ 〜といったほうがいい といっていいみたいだ といってもいいほどだ と言うべき も同然 いつこう ころっと たいてい だいたいにおいて とまで ほとんど全部 ほんというとね まともに よく見ると 今にも 実際には 実質的な 生々しく 全く

really の訳語→ 〜でたまらない なもんですよ いったい いよいよ え、ほんとですか こころから さぞかし しきりと じっさい すなわち そうか そもそも そんなに たしかに たって だいいち とくに とびきり とんと などの ねえ はらの底から べつに ほんというと ほんとうは まあまあ まぎれもなく まちがいなく まるきり もっと もともと やっぱり ようく 案外 隠さずに 俄然 掛け値なしに 完璧に 強いて 元来 現実に 今度こそ本当に 細部まで 実態は 真の 正式の 正真正銘 正真正銘の 正直 正直なところ 正直な話 積極的に 絶対 全面的に 徹底的に 内心では 腹の底から 文字通り 本気で 本質的な 本当にそっくり 本当のところは 本当は 満足に 猛烈な 露ほども ...

real の訳語→ 〜のなかの〜 らしい いちばん いっぱしのまともな いつわりではない うんと えらい かえすがえす きびしい ぎりぎり これといった これは本物だと思われるような さっぱり さも じっさいの すげえ それはもう ただただ ちゃんとした とんでもない とんでもなく なまなましい べつだん ほんとうの意味での ほんとにほんとに ほんとの まさにあつらえむきの またとない まとまった まともな めちゃ もういっぱしの ものすごい やはり、なんと言っても よほどの 一人前の 一端の 一番 一番の 何の 外にあらわす 格別 格別である 確実な 掛け値なしの 気のきいた 偽りない 現実 現実に存在する 現実的 現実的な 現実味 根っからの 最先端 実際に起こった 実際の 心からの 申し分ない 真剣に 真髄 真相 芯から 身に迫る 正真の 生々しい 生きている 生みの 生身の 絶好の 存在する 大事な 地に足のついた 典型的な 天人ともに許さざる 非常に大きな 腹を割った 本格的 本格的に 本職の 本当みたいな 本物 本物の 本来の

such の訳語→ あまりにも かくも かような きわみ こういった こうした この この手の この種の これだけの こんな こんなに しつこい そういう そこまで その手の その種の それほど そんな とりわけ など むやみに 何やらかやら 願ってもない 斯うした

too の訳語→ 〜ない程度に ああ あまり あまりといえば あまりに あまりにも〜すぎる あまりにも〜すぎる順調な あんな〜 あんなに あんまり〜すぎる いちいち いやというほど おそろしく おまけに かえすがえすも すぎたる すぎる そういえば それも たいして たまらない たまらん ため だいぶ〜 ついでに ばか〜だ ばかに また もったいないくらい やはり 越した 大きい 値しない 必要以上に 余計

totally の訳語→ いちめんだらけ がらっと ぐったりと しまいまで ただ とりつく島もない どうしようもなく なにひとつ ひとくちに言えば まるっきり まんざら ものの見事に 何も 格段の 完全な 完全にいかれた 根本的に 甚だしく 全然 全部 大丈夫だ 文句なしだ 文句なしに 殆ど

very の訳語→ 〜こそ すらも いくらなんでも うら かんかんに きわだつ きわめる けっこう ことさら この〜ぶり さぞや すぐ それは それゆえに たいそう たっての たっぷりの だけ つい とびきりの なかなかの なんでも めっぽう やけに バリバリに メチャ 異様に 一途 掛け離れた 肝心の 恐ろしく 極端に 九分通り 見るからに 仕方がない 自体 多少 耐えがたいほど 大分 著しい 底まで 特に 特上の 飛切り 並はずれて 並みの〜じゃない 豊かな 満点 妙に 目に見えて ...

simply の訳語→ 〜とだけ あっさり あっさりした口調で かろうじて さっさと さりげなく ざっくり じっと そっけなく ただ〜するばかりである ただ〜だけだ ただそれだけ ただひたすら ただ単に たんなる とばかり とりもなおさず なんとなく のだ のっけから のらりくらりと はじめ ひとこと ふっと ほんのちょっと ぽつりと ぽつんと までだ めんどうなことはせずに やっとのことで 易々と 一言だけ 一口 何もしないで 何も言わずに 簡にして 簡潔に 苦もなく 忽然と 思い切りよく 〜してしまう 質素な 質素に 手っ取り早く 勝手に 尽きる 素直に 単なる 単に 単簡に 単純にいって 単刀直入に 頭から 無言で 猛烈に 黙って

そのほかの「とて」で始まる語句・表現

とて とてつもない とてつもないこと とてつもないことを考える とてつもないやつ とてつもない任務 とてつもない規模の とてつもなく とてつもなく大きな とてもいい とてもいやな とてもいやな気持ちになる とてもうるさい とてもおいしい とてもこっけいな とてもたくさん とてもつき合いきれない とてもみじめな とてもやりきれない人間だ とてもよい とてもよくない とても信じられないというふうに とても変わっている とても大きな とても大事にする とても嬉しくさせる とても小さな声で とても悪そうに とても美しい とても虫のよい とても面白い


ツイート