× Q 翻訳類語辞典

そういえば  

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かえって かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さえ さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう その実 そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに だから ちなみに ちゃんと つい というより とにかく とりたてて どうして どうも どうもうまく どちらかといえば なるほど なんと なんとなく はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうに ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まったく まで まるで むしろ もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく よく見ると 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 却って 欠かさず 結果的には 現に 言っときますけどね 事実上 実に 実のところ 実をいうと 実際に 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 寧ろ 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

and の訳語→ 〜が、 が、〜 したあげく したまま しては〜し しても だが〜 と〜の別なく ながら のうえ の上で〜する もあり〜もある あげく あるいは いいえね いいかい いましも いやそれより いよいよ おかげで かつ が、その実〜 けれど ことに さて さらにいうなら さらに付け加えさせて頂くなら したがって してみれば しながら じっさい すると するとどうだろう そういったとたん そうなったら そうなれば そこへもって来て そしてついに そのあとで そのうえ そのくせ その間 その瞬間 そもそも それからな それだけならまだしも それで それでも それとても それなのに それにさ それにね それに何といっても それ故 たびに だいたい だからこそ だけど だの ついては つと つまりな ですから では というわけで とくに ところで とたん とはいうものの ともども どうやら なににもまして なのになんだ なんで にも ので ふうん まあいい またあとを まだある もうひとつ もちろん やおら ようやく ブレンド プラス 以下 以来 一所に 一方 加えて 含めて 共に 結局 兼ねる 実際 上に 第一 同時に 頼りに ...

hell の訳語→ あまりにも いやはや くそっ すごい すごく てんやわんやの大騒ぎ とんでもない とんでもねえ なに ははあ ひどい目に遭う ほら めちゃめちゃ やれやれ 苦悩 酸鼻な光景 騒ぎ 大目玉 地獄 馬鹿いっちゃ困るよ 文句なし 面倒

now の訳語→ 〜が済む あたり あとは あらためて いい? いいから いい加減に いつしか いまこの瞬間 いまさら いまだから いまとなっては いまにして いまにも いまは おやおや が、いまは こうなっては ここ ここから先は ここでは ここは このとき この期になって この時点で これで これでやっと こんどはやおら さあってばさ さてと しばらく前から すでに そうよ そこにゆくと そして そのため そら行け それでは そろそろ ちょっと でも とうとうきたよ ところが とりあえずは なら はじめる はやくしろ まあ まずは もう もうすっかり もとより もはや やがて やっと よーし ようやく〜になる んーと 一刻も早く 何はともあれ 近ごろ 近頃 現在 現在では 現代では 後で 此の頃は 今から考えると 今こそ 今さら 今でも 今となっては 今にして思へば 今になって 今の 今のところ 今は 今はもう 今や 今後は 今更 今度こそ 今度は 今度ばかりは 今日 最近では 事情を聞いてみれば 早くも 待て 当面の 目下 ...

or の訳語→ 〜いようと したら最後 だの〜だの であれ〜であれ なり、〜なり いくら いや いや、そうではなくて いや、それとも おまけに から こと さもなくば さもなければ さらには しからずんば じゃないと すくなくとも それとも それともなにか それにまた たり つまりだね でないと でなきゃ でなければ でなければ〜か というか ということは とか ないし にせよ はたまた ほかにも 悪くすれば 案外 時としては 少なくとも 場合によっては 駄目だというなら 土地の言葉で〜という

that の訳語→ 〜から っての という事実 以上 あっちのほう あれじゃあ あんな あんなに いかにも いつものように いまの かの こいつ こいつは この これが さっきの そういう そこ そっち その程度のことは その分 それ それだけ そんなの そんなもの そんな訳で ただ つまり とでもいったような などと には まあそんなもの 気がして 情報 世の中 先ほどの 彼の 様子 類のもの 例によって 例の

too の訳語→ 〜ない程度に ああ あまり あまりといえば あまりに あまりにも〜すぎる あまりにも〜すぎる順調な あんな〜 あんまり あんまり〜すぎる いたって いちいち いとも いやというほど おそろしく かえすがえすも ぐっと すぎたる すぎる ずいぶん そう そんなに たいして たまらない たまらん ため だいぶ〜 だって ついでに とても ばか〜だ ばかに また むやみに もったいないくらい よっぽど 越した 根っからの 大きい 値しない 必要以上に 余計

until の訳語→ 〜し、〜する したあとまで したとき するうち〜 するほど する段になると ときは ならないうちは ほど までは が、やがて〜 こんどの したときには しないうちから しなければ しまいには そのうち そのうちに ついに ついには ついには〜 と、 と〜するうちに とうとう はじめて ほどに までの間 やがて〜 気がついてみると 最後は 遂には 突然

そのほかの「そう」で始まる語句・表現

そう そう、おそらく そういいながら そういう そういうこと そういうことになるかもしれない そういうことには疎い そういうときでもたいてい そういうの そういうふうに そういう事情なので そういう様子をつづけると そういう調子 そういえば〜していたことがあった そういったたぐいの そうか そうかといって そうかと思うと そうこうしているうち そうこうするあいだにも そうしたもの そうしたら そうしておちる そうしよう そうじゃなくなる そうすりゃ そうすれば そうそうあることではない そうそうはない そうそう衰えない そうだ そうだとも そうだと思いたいこと そうだな そうっと そうであるように そうです そうですか そうですとも そうですね そうでない者 そうでなくたって そうではない そうではないと そうでもしないと そうとう そうとする そうとはっきりわかるほど そうとは知らず そうとは知らずに そうな そうなったらそうなったで そうなのか そうなんですか そうに そうねえ そうはいうものの そうはいかない そうはさせまいとする そうはさせられない そうよ そうよと答える そう思う そう思わない そう言う そう言われても


ツイート