× Q 翻訳類語辞典

すっかり  

いっこう おさおさ およそ かたきし からきし からきり からっきし さっぱり すっぱり ずっぷり ずぶ とんと ふっつと ふっつり ふつに ぷっつり まったく まるきり まるっきり まるで まる切し まる切り まんざら みっしり みっちり 一に 一円 一切 一向 万万 丸きし 丸っきり 丸っ切り 丸で 丸切 丸切し 丸切り 何も 全く 全然 凡そ 凡て 壱に 奇麗さっぱり 完全 完膚なきまで 完膚なきまでに 完膚無き迄 完膚無き迄に 徹頭徹尾 掻い暮れ 掻暮 掻暮れ 根っから 満更 皆乍 皆乍ら 皆式 皆目 皆色 諸に 頓と

きれいさっぱり ころっと すっぽり すぽっと すぽり まんまと 完全に 綺麗さっぱり

ずっと

つくづく つぶさに とっくり まんべんなく 万遍なく 万遍無く 余すところなく 余すところ無く 余す所なく 余す所無く 備に 具に 徹底的 悉に 洗いざらい 洗い浚い 洗浚 洗浚い 満遍なく 満遍無く 篤と 逐一 骨の髄まで

ほんに 何とも 何共 本に

ばっちり 断じて 断然 神掛けて 絶対に 誓って

全身ことごとく

大いに 徹底的に

純然たる 絶対的 全か無か 全面的 総力をあげての まったくの 完全な 周到 精到 綿密 肉付けされた フル 一杯 本格的 充分 十分 すべてを備えた 自己充足の 自己完結した 自給自足の

absolutely の訳語→ 〜そのもの にちがいない いつも おそろしく おっしゃるとおりです きっぱり きわめて このうえない このうえなく さぞかし したきり じっと じつに たっぷり ちゃんと とにかく とにかくまったく どうしたって どうしても どうしようもなく どうにも どこまでも どのみち ならない ひっそりと ひとえに ほとほと ほんとうに ほんとに ぽかんとした まぎれもなく まさしく まちがいなく まったくもう本当に もちろんです ゆえん わかった。かならず 圧倒的な 圧倒的に 一つ残らず 何の〜 何一つ 極度に 決して 固く 少しも 正真正銘の 生粋の 絶対に金輪際 全幅の 大抵は 到底 百パーセント 文句のつけようがないほど 文句のつけようのない 本当に

all の訳語→ 〜ずくめ だけが という〜 人が〜人とも あとかたもなく あらゆる ありたけ ありったけの あれこれと いかなる いずれも いっさいがっさい いっせいに いろいろ いろんな おしなべて かぎり かたっぱしから きれいに けっきょく こぞって これこそ こんな さんざん すべての すべては ぜんぜん そこらじゅう そっくり残らず その他もろもろ それぞれ そろって たいへんな ただの〜にすぎない だけ だらけ だれにも つくす どう どおし どのような どれも どんどん どんなに なにもかも なによりも なんとも のこりなく ひたすら ひとり残らず みな みんな〜ばっかり みんなで もっぱら もろもろ やる よく ゴマンとある 一ぺんに 一手に 一斉に 一切すべて 一同 一文残らず 何から何まで 何もかも 各種の〜のたぐい 寄ってたかって 懸命な 権化 今までの 際限なく 四方 手当たりしだい 出來るだけ 上から下まで 申し合わせたように 数々 世の中 全員 全身の 全部 全部ひっくるめて 総出で 体じゅうの 大きな 大勢の 誰の目にも 度重なる 猫も杓子も 風物 並いる 片っぱしから 片っ端から 万事 本性 要は 例外なく 連中 話のすべて ...

already の訳語→ あのころから あらかじめ いうよりはやく いまではすでに これまでに すかさず すでに その時分から それだけで ただでさえ たちまち だいぶ だけで つとに でも とうに とっくに はやくも もう もうちゃんと もう一足とびに もとより 一足さきに 何時の間にか 最初に 実際に 手回しよく 先だ 先刻 前に 前にも 早くも 他に

altogether の訳語→ <訳なし> あながち うってかわった せいぜい とても なにしろ はたと 諸事 歴然と

anew の訳語→ またしても 新しい人生

awful の訳語→ いやな えらい おそろしいほど おそろしいまでの おぞましい おっかない かんかんに くだらない すごく後ろめたい すさまじい ずいぶん そんなに たまらない とんだ どうしようもない ひどい ひどく みじめな みすぼらしい ものすごおく ものすごく よっぽど 陰惨な 気持ちがわるい 強く 驚くような 空恐ろしい 嫌な 見るも無惨な 厳しい 実に 手に負えない 息ぐるしい程 破廉恥な 馬鹿げた 怖ろしい事 閉口する 無気味な 目もあてられないような

certainly の訳語→ 〜さえ しそうな とも に決まっている あたりまえ いうまでもない いかにも いっとくが〜だぞ いわんや えらく かえって かしこまりました きっと きまって きまっている さぞ しっかり ぜったい ぜったいに ぜひとも そう そのもの たいした たしかだ だって ちがいない ともかく どういたしまして どうみても どう見ても どう考えても なお なにぶんにも なるほど なんという はず はずだ はっきり はっきりいえる はっきりして まぎれもない まさか まさに まず まずまちがいない むろん もちろん もちろん怠らない もっとも もはや ようですよ よほど モチさ 案の定 違いない 確かだ 確実に 間違いない 現に〜ではないか 充分に 少なくとも 随分 正しく 正直に言うが 相当 筈である 避けられない 必ず 別に 無論 明らかに 余っ程

completely の訳語→ 〜しきった もいいとこ あます所なく からからに がらりと きれいさっぱりと くたくたに ぐるりと これ以上ないほど すごく すつかり すべて そっくり ちっとも つきつめて とことんまで なにがあったって はっきりと ほとんど まことに みごとに みじんも みんな めいっぱい ゆっくり ケロリと ツルツルの 一向に 一切の 一体全体 何ひとつ 何もないところから 完璧に 疑いの余地なく 見事に 根本から 至極 心から 寸分の隙なく 跡形もなく 全能の 全面 全面的に 大〜 大きく 突然 抜かりはない 文句なしに 綺麗に

deeply の訳語→ 〜の絶える暇はない あまりまともに ぐっと とことん どっぷりと なかなか ふかく ふかぶかと 以上に 異様な 遺憾なく 奥へ 感心する 胸いっぱいに 言いようのない 骨の中まで 思うさま 心の奥底から湧き上がる 心の底から 心底 深々と 深い 深く 真剣な 痛切に 篤く 突っ込んで

deep の訳語→ ぐっすりと ずしーんと底鳴りのする はげしい ひとかたならぬ ふかふかした ふける ふっと大きく ふとい ゆったりした ゆゆしき 暗い奥 奥深く 奥まって 奥のほう 奥に 荷が重い 喫水の深い 広々 根の深い 根深い 根深く 心の奥底に秘められた 深々とした 深い深い 深みがある 深める 深奥の 深海 深味のある 蒼い 太い 谷間のような 彫りのふかい 彫りの深い 沈んだ 沈痛な 追憶 底ごもりした 底知れず 動かしがたい 濃い 夢中 夢中の 容易ならぬ

dramatically の訳語→ びっくりするほど みるみる 嘘みたいにけろりと 急激に 急速に 劇的に 効果的に 大仰に 大幅に 痛烈に 役者よろしく

drastically の訳語→ ローラーコースターのように

dreadfully の訳語→ たまらないほど

easily の訳語→ 〜やすい あっけなく あっさり うまく おいそれと ぐいぐい さりげない ざっと すぐ すぐに すらすら するすると するりと すんなりと そのくらいのことで ちょっとやそっと ちょっと見には つい なんのこらえ性もなく なんの苦もなく ぬけぬけと のんびり ふわっと ぶらぶら むざむざ やすい やすやすと やすやすとは ゆったり よい らくらくと わけなく 悪びれずに 円滑に 往々にして 何でもなく 何とはなしに 楽々 楽々と 楽に 簡単に 簡単には 気安く 気楽に 軽く 軽快に 見境もなく 巧い 事もなげに 手っとり早い 脆くも 素直に 造作もない 造作もなく 朝飯前 文句なく 平気で 別に気にもしないで 無造作に 優に 容易に 淀みなく

everything の訳語→ あたり あとのこと あとは あらゆる〜 ありとあらゆる ありとあらゆること ありとあらゆる面 ありのまま いちいち いっさい いろんなこと いろんなもの かぎりのこと くわしく ことごとく すべて、ひとつ残らずだ すみずみ することなすこと ぜんぶ できるだけ どこにも どれもこれも どんなこと なにからなにまで なにに なににつけても なにもかもみんな なんでも なんでもかんでも のこらず ものごと もろもろの携帯品 よろず クールに見つめる マニア 一〜残らず 一から十まで 一語ももらさず 一時が万事 一切の〜 一切のもの 一切合財 一通りのこと 一部始終 何でも 何でもかんでも 何にせよ 何事 何事によらず 隅から隅まで、どこをとっても 見るのものすべて 見境なく 細かいところ 細大漏らさず 事情 詳しく 情勢 世界 全て 全部のこと 全貌 万物 万全 様々な試み

every の訳語→ 〜ごとに しない〜はない という〜から は挙って あちこちの あらゆる点で いたるところの いついかなる瞬間でも くまなく ごとに ずつ そこかしこの たびに だれもかれも どこからどこまで どの〜でも どんな どんなにわずかなものであれ なべてありとあらゆる ひと ひとこと洩らさず ひとりとして ひとりひとりの まで みんなの アメリカじゅうの 一つたりとも残さず 一つ一つに 一本一本 何度となく 皆口をそろえて 細心の 残らず 事あるごとに 自分の 十二分の 尽くし 全〜 全〜ことごとく 全域 多めに 代々の 片端から 毎回 毎年

exactly の訳語→ 〜というほどの というやつだ どおりに 通り あまり いちばん いったい うってつけの お説の通りだ かっきり かわらぬ きちんと くっきり じかに そういうことね そうです そこ そっくりそのままに そっくり同じ そのとおり それこそ たしか たしかに ただの ちょうど つまり どおり どおりの どんぴしゃの なんの不思議もなく はっきりいって はっきり言って ぴったり ぴったりだ ほんとにそっくり ぽっきり まさしくそうだね まさにそう まったくだ まったくもって まともに ままに やかましく やっと よくよく 一体 額面以上でも以下でもない 具体的に 厳密にいうと 細大洩らさず 四角ばった 子細に 寸分たがわず 正解だ 正確なところ 正確にいうと 正確にいえば 正確には 正確に言うと 忠実に 的確に 判ってるじゃないか 非のうちどころのない 本当の 歴とした

extremely の訳語→ 〜すぎる あっぱれなほど かなり ことのほか このうえもない ごく すぐれて すこぶる ずばぬけて そりゃもう それはそれは たいそう たいへん たまらなく とてつもなく どん底の はなはだ ばかに ほれぼれするような まずなによりも やけどしそうに やけに やたらに 異常に 何となく 過ぎる 極まりない 極めて 極端 極端なまでに 至って 十分に 甚だ 世にも 全くの 素晴らしい 測り知れない 非常に 並みはずれて 並み大抵ではない 優れて 余程

fairly の訳語→ いたって かろうじて きれい しかも すこし だいたい ちょっと とくに どうしてなかなか どちらかといえば なるべく なんとか ほんの まっさかさまに もの静か わけへだてのないように わりあい わりと わりに 比較的

finally の訳語→ 〜しはじめる するに至る のやむなきに至る あげく あげくに あれこれの末に いったん いつかは いよいよ ここらで この時になって これで しかたがないから しばらくして しばらく考えた末に しびれをきらして しびれを切らしたように しまいに しまいには しまう しんがりに ずいぶんたってから そして そしてそうこうするうちに そしてそれが終わると そしてやっと そのあとに そのうち そのうちに そのうちにやっと そのときになってようやく そろそろ たまりかねて だんだん ついに ついに奥の手 とうとう とうとう我慢できなくなったのか とどのつまり どうやら ばかりは ひいては ひとしきりして まして もうのっぴきならない やがて やっとのことで ようやく ようやくのことで ようよう 意を決したように 意を決して 一応 運命的な 押し問答の末 果たして 久しぶりに 挙句 決定的な 結果 結果的には 結局のところ 結論からいうと 結論に 考えたあげくに 行きつくところまで行きついたとき 最後に 最後には 最後のほうは 最後の最後になって 最終的に 仕方がない 仕方がないから 思案の末に 初めのうちこそともかく 少しあとで 辛うじて 辛抱しきれなくなる 晴れて 漸く 第一 遅まきながら 長い道程だった 突如 無事に

forever の訳語→ あくまでも いつになっても いつまでも ずいぶん時間がかかる たえず のべつ もう一生 やまない 永遠の 延々 古い 口を開けば〜する 始終 続ける 無制限に 矢鱈に

freely の訳語→ あとからあとから いきなり いくらでも ずんずん びっしょり スムーズに 安定した音で 遠慮なく 気ままに 仰々しい 公然と 好き勝手な 自在に 自由意思による 手放しで 勝手気ままに 心おきなく 正直に 惜しみなく 放埒に 便利

fully の訳語→ あまさず いやというほど しかと すべてを てっきり まる まるまる スーツ 一通り 完全なかたちで 喜んで 十二分に 是面的に 精密 当然 揺るぎない

full の訳語→ 〜のかたまり の池 あふれ あふれるばかりの〜をいだく いたるところに いっぱい いっぱいに いっぱい頬ばった きっちり ぎりぎり さんざ しきり じっと正面から ずらりと並んでいる たたえる たちこめる たらふく だらけの とてもたくさん ばかり ぴたりと ふくれて ふくれる ふさふさとした ふっくらした ふんだんにたたえる ぼってりする みんなに よく出てくる 一身に 溢れる 縁まで一杯の 旺盛 画面いっぱいを 環視 丸々 寄せ集めた 最高 山ほど 思う存分 充ちた 充実した 十分な 少しもない 詳しい 上出来 真の 盛りの 積極的に 絶対の 全速力で 全力 多くのものがある 大きい 大柄な 頂点をきわめる 定員の 徹底的な 肉がつく 豊かな 本格的な 満ちて 満ちている 満ち満ちている 満員 無制限の

genuinely の訳語→ あまりに こんなにも しんから 心からの 心底から 真にせまっている 真顔で 真剣に 通りいっぺんでない

hopelessly の訳語→ あてどもなく いかんせん とほうにくれたように どうしようもないほど どうにもならないほど やりきれぬ思いで 救い難いほど 絶望の思いで 痛ましく

indeed の訳語→ 〜と云えるほどである なもんか! ありていにいって いな いや いやはや いやむしろ こそ ことに これはこれは さえ じっさい じっさいに じつの話 そうか そうだ そうなったらそうなったで その言葉どおり そりゃそうだ それどころか できるとも というより とりあえず どうか どうせ どころか なにはあれ のだ まさしくそのとおり また まったくのところ むしろ ものだ やっぱり やはり れっきとした 果たせるかな 覚悟 却って 更にまた 思ったとおり 事実 実は 実をいうと 早い話が 打ち明けた話 兎も角 如何にも 文字どおり

late の訳語→ あたらしい おそまき その後 たつと なかなか〜しない のちに 間に合わない 居残る 元に戻れない 後半 更ける 今の 最終 最新 死んだ 時間に後れる 時節遅れの 手おくれ 手遅れ 手遅れである 終るころの 終わり 終わりに近づいた 終わりの 終わり頃 遅い 遅い時間 遅くなる 遅れる 当世 晩年の 亡くなられた 末の 約束の時間に遅れる 約束の時間をすぎてる 夕方の

much の訳語→ あれだけ おびただしい さして さほど さまざまな しきりだ しきりに そこまで それほど たいして とやかく どう〜ても どうも はるかに へん ほとんど何も ほど めきめき やたら よけいなこと ろくすっぽ 何度も何度も 過度の 幾多の 苦心の末 山のように 深刻な 精出す 多くを 大したこと 段違いだ 値が張る 虫がいい 特別な 片鱗 躍起になって 余計

noticeably の訳語→ あきらかに そうとはっきりわかるほど とたんに ぱっと見にわかるほど めっきり めっきりと 一まわり 見るからにわかる 少々〜ぎみ 特に 目に見えて 目立って

perfectly の訳語→ あますところなく あんな〜はない ええ、全然 きわまる くっきりと しごく しっくり しっくりと じゅうぶん すんなり そのまま どこから見ても どんな刺激を受けてもまったく なんの支障もなく ぴしりと ぴったりと まだ十分に 一も二もなく 何にも 何の問題もなく 何不足ない 完璧な 最初から 至つて 申し分なく 正当な 念入りに 百も 立派に

quite の訳語→ あんまり いっこうに いとも いまにも うんと かなりの かなり手きびしく くらい けっこう この上なく ごくごく しかとは じつに驚くべき すばらしい ただ だた ちょっとした とっくの なかなかの なんとも言えなく はっきりとは ひしひしと ひとしきり へべれけに ほぼ もっと ゆうに よくよく大した よほどの ナンバーワン 何だか 顔負けの 結構 厳密に 充分ある 重々 少なからず 相当難儀な 多少は 大した 大分 満ちる 妙に 露ほども

rapidly の訳語→ あっというまに あっという間に あわただしく おおいそぎで ぐんぐん こくりと さっと すっと せかせかと スピードをあげて パチパチと パラパラと 一日も早く 間をおかずに 急速度で 駆け足で 口ばやに 高率の 早口で 早口に 足ばやに 飛躍的に

real の訳語→ 〜のなかの〜 らしい いっぱしのまともな いつわりではない いやに かえすがえす きびしい これといった これは本物だと思われるような さも じっさいの すげえ それはもう ただただ ちゃんとした とびきり とんでもない とんでもなく なまなましい べつだん ほんとうの意味での ほんとにほんとに ほんとの まさにあつらえむきの またとない まとまった まともな めちゃ もういっぱしの ものすごい やはり、なんと言っても 一人前の 一端の 一番 一番の 何の 外にあらわす 格別 格別である 確実な 掛け値なしの 気のきいた 偽りない 現実 現実に存在する 現実的 現実的な 現実味 根っからの 最先端 実際に起こった 実際の 申し分ない 真髄 真相 芯から 身に迫る 正真の 正真正銘 生々しい 生きている 生みの 生身の 絶好の 存在する 大事な 地に足のついた 典型的な 天人ともに許さざる 非常に大きな 腹を割った 本格的に 本質的な 本職の 本当みたいな 本物 本物の 本来の

ridiculously の訳語→ 笑ってしまうほど 大袈裟な

seriously の訳語→ かなりすさまじく じっくり せずにはいられない ちゃんと一人前に まじめな顔 まじめな話 まじめに まじめ一途の まともには シラを切るなよ 額面通りに 鹿爪らしく 重い 心のうちで 深刻に 真っ向から 真剣味 誠実に 熱心な 熱心に 本気で 本気に 本来の目的で 由々しく 来る日も来る日も

significantly の訳語→ もったいぶって 一挙に 嘘のように 大幅な 要するに

splendidly の訳語→ おどろくほど すてきな なかなかに なんとも言えない 壮麗に 非のうちどころがない

spoil の訳語→ こじらせる せっかくの〜がなくなる つやけしだ ふいになる ダメにする フイにする フイになる 艶消し 獲物 邪魔をする 水をさす 水を差す

stone の訳語→ 石をぶつける 石畳 石畳の 石造りの 石彫の顔 度胸

sufficiently の訳語→ 〜でたまらない じゅうぶんに つかのま べき 非常に強く

superfluous の訳語→ 不適切な 役にも立たない 余計な 余分な

terribly の訳語→ おそろしいばかりの なんとも言いようのない なんとも言えず へんに やたらと 何よりも 恐ろしくも 胸がしめつけられるくらい 驚くばかりに 極端に 凄さまじい程

totally の訳語→ いちめんだらけ がらっと ぐったりと しまいまで とりつく島もない なにひとつ ひとくちに言えば ものの見事に 格段の 完全にいかれた 根本的に 甚だしく 大丈夫だ 文句なしだ 殆ど

unmitigated の訳語→ 楽にならない 緩和されていない 軽減されない 紛れもない 容赦のない 和らげられない

very の訳語→ 〜こそ すらも あまりにも いくらなんでも うら きわだつ きわめる ことさら この〜ぶり さぞや それは それゆえに たっての たっぷりの とっても とびきりの めっぽう バリバリに メチャ 異様に 一途 掛け離れた 肝心の 強い 恐ろしく 九分通り 見るからに 自体 頗る 真実 多少 耐えがたいほど 大して 大変 著しい 底まで 特上の 飛切り 並はずれて 並みの〜じゃない 満点 ...

whole の訳語→ 〜ごと じゅう あそこいらの ありのままの いっしょに ごと ぜんたい そもそもの だいたいの ちゃんとしている どこもかも どちらか ひとそろい べた一面に まるごと みななべて 一般 一面 一連の 自体が 全額 全体 全体として 全般

simply の訳語→ 〜とだけ あっさりした口調で さっさと さりげなく ざっくり そっけなく そもそも ただ〜するばかりである ただ〜だけだ ただそれだけ ただひたすら ただ単に たんなる とばかり とりもなおさず なんとなく のっけから のらりくらりと はじめ ひとこと ふっと ほんのちょっと ぽつりと ぽつんと までだ めんどうなことはせずに 易々と 一言だけ 一口 何もしないで 何も言わずに 簡にして 簡潔に 苦もなく 忽然と 思い切りよく 〜してしまう 質素な 質素に 手っ取り早く 勝手に 尽きる 単なる 単に 単簡に 単純にいって 単刀直入に 頭から 無言で 猛烈に 黙って

そのほかの「すっ」で始まる語句・表現

すっからかん すっかりきれいにとり去られる すっかりとりみだしている すっかりものにしている様子 すっかりよみがえってくる すっかり夢中になって すっかり度を失って すっかり心を奪われた すっかり悦に入っている すっかり惚れ込んで すっかり改める すっかり整った すっかり暗いものにする すっかり板についた すっかり気をとられる すっかり没頭して すっかり消える すっかり混乱した すっかり色褪せた すっかり見おわる すっかり降参する すっきり すっきりさせる すっきりした すっきりと すっきりとして すっきりとまとまった すっきり片づいている すっくと すっくと立っている すっげえ すっごく すっごくひどい すっごく大きな すっすっ すったもんだ すっと すっとのばして すっとぶ すっとぼけて すっとんで行く すっぱりと すっぱ抜く すっぽかす すっぽりおおう すっぽりかぶせる すっぽりくるまる すっぽりつつむ すっぽりと すっぽり隠れる すっぽ抜ける すっ裸 すっ頓狂な すっ飛ぶ


ツイート