× Q 翻訳類語辞典

さながら  

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さえ しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ おおかた およそ かならずしもよく かなり かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とても とも ともいえる どうにか どうも どこか〜さえ なかなか なかば なんだか なんとか はや ひどく ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ ほんの まあ まざまざと まず まずたいていは まもなく まるで まるで〜よろしくといった むしろ めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 もっぱら よく よっぽど 一種の 一種の〜にも似たもの 何となく 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 実際に 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 本当に 滅多に

as の訳語→ 〜ところで うちに ころになって ざま し、〜する しかたに似ている したちょうどそのとき したところ した瞬間 して している前で するあいだ するうち するうちに するたびに するなかを するなり するにつれ するほど する間に する直前 だが という理由で とともに と同時に ながら ながらの にさも似たりだ に似た に劣らず のころ のなか の頃 を勤めながら 然として 通り 流に 流に〜すれば せいで えてして おいて おなじだ おなじように かけ かぶって からね こう こと ころ ざまに しな そのあいだに そのあと その拍子に そばから そんなところへ たびに だと言う つれて でもあるかのように といった名で ときに として としての立場から言えば とたん とまあ、見てのとおり と言って どおり どおりだったから なんて にも のに はずみに ひけをとらぬ まさしく〜ごとく まさに また まま ように らしい 何分にも 具合に 従えば 瞬間 折しも 前で 態度で 代わりとして 直後に 途中 同じ 如く 拍子に 標榜する 負けず劣らず 並み 並みの 変わらない 例にもれず

like の訳語→ 〜がえてしてそうであるように しているような じみた する思いだ という といったおもむき といった雰囲気で とか と同じように なみに にも似て に似て のか のつねとして のふりをして のような恰好で の態度で の例にもれず ほどの やその手の らしく を思わせる 張りに 例に漏れず あたかも いいと言う いかにも いやな顔はしない うける うれしい おなじ おもしろい かなんぞのように きらいじゃない このましくおもう こんなに さしずめ さながらに そうであるように その手の たとえていてば たとえば〜のように だけでなく というと とかなんとか とばかりに なかなかいい気分 ならって ひいきにする まねる まるで〜みたいに みたいなの もどきに ような類の よからずと見る よろしく らしき 意志 意味で 楽しむ 感心する 含めて 嬉しい 気に入る 興味をもつ 見まごう 好きだ 好きになる 好ましい 好みに合う 好意 好意をもっている 好意をよせる 好意を持つ 好感をいだく 好感を覚える 参る 思わせる 似ている 心を惹かれる 選ぶ 対をなす 大歓迎 虫が好かない 同じだ 同様 同類 得手 匂いがするような 如くに 買っている 匹敵するものだ 平気 慕う 望む 目がない 要請する 例に洩れず 彷彿させる ...

nearly の訳語→ 〜しかける しそうになる あらかた あわや いいかげんに うっかり かける かねない かれこれ〜近く けんまく すんでのことで すんでのことに たいがい たいてい ちかい ばかりに ひどい もうかれこれ ようやく よほど〜と思う ろくに 一時は〜に見える 危うく 今にも 身近で 大方 同然だ 殆ど

そのほかの「さな」で始まる語句・表現

さなか さなかに


ツイート