× 翻訳訳語辞典
 翻訳訳語辞典 Quiz
翻訳訳語辞典で、次の訳語をもつ英単語は何でしょうか?(基本1000語に入るような単語1語です。カタカナの訳語は除いてあります。*例文、†出典)
解答→ pleasure       Next
pleasure   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜しては〜する
   
take pleasure in doing: 〜してはおもしろがる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 341

いい気持ち
   
it is a pleasure to do: 〜するのはいい気持ちだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
いとしさ
   
the pleasure of sth: 〜のいとしさ 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 122
うれしい
   
in pleasure: うれしげに ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 82
うれしさ
   
make no secret of one’s pleasure: うれしさを隠さない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 160
おもしろい
   
be not any pleasure doing: 〜してもちっともおもしろくない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 130
すてきな気分
   
a pleasure that made one feel as if one had taken a pill: 覚醒剤でもやったようなすてきな気分 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
たのしみ
   
one’s little pleasure: ささやかなたのしみ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 47
よろこび
   
a little smile of pleasure touches one’s face: (人の)顔にはよろこびのあかりがぽっとともる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
よろこぶ
   
sth give sb no discernible pleasure: 格別よろこぶ様子はない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 10
よろしく
   
go about one’s pleasures: よろしくやる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 338

意に添う
   
serve at the pleasure of sb: (人の)意に添うように努める ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 97
逸楽
   
misshapen pleasure: 畸形の逸楽 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 32
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 36
快楽
   
long pleasure of the night: 夜すがらの快楽 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
快感
   
take a degree of pleasure in doing: 〜するのに、多少の快感を感じる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 259
a distinct pleasure: 本能的な快感 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
楽しい気分
   
nor is ... the only pleasure of ...: 楽しい気分でいるのは〜のためだけではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
楽しみ
   
there is almost pleasure in ...: 〜のなかには一種の楽しみさえあった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 179
take the ... pleasure: 〜する楽しみを十二分に味わう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
take pleasure in ...: 楽しみには〜をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 151
steep in peasant pleasure: 粗野な楽しみにふけり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
close one’s eyes for extra pleasure: 楽しみをじっくり味わいたくて目を閉じる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 39
a only source of pleasure: 唯一の楽しみ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
楽しむ
   
take one’s pleasure with a wild gimlet eye: ギムレット色の目で楽しむようにみつめている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
歓楽
   
houses of pleasure: 歓楽街 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
歓喜
   
shout with pleasure: 歓喜の叫びをあげる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 193
喜び
   
have the pleasure: 喜びを味わう デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 114
喜ぶ
   
unexpected pleasure at ...: 〜を予期以上に喜ぶ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
to sb’s great surprise and pleasure ...: (人が)驚きかつ喜んだことには、〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 393
beam with pleasure: 面を輝かして喜ぶ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
喜んで
   
deliver pleasure from even the most trivial occupations: どんな下らない仕事でも、ただもう喜んでやる ポオ著 中野好夫訳 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』(Murders in the Rue Morgue and other Stories ) p. 77
嬉しく思う
   
realize with surprise and pleasure that ...: 〜を知って、驚きもしかつ嬉しく思う 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 14
気持ちよく
   
feel a sense of pleasure: 気持ちよく感ずる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 65
幸福
   
small pleasures: ささやかな幸福 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 53
祝福
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 381
心のときめき
   
for sb there is a certain pleasure in the anticipation of what sb is going to see: これから起ると思うと、なんとなく心のときめきをおぼえる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 44
心ゆくまで味わう
   
pleasure one’s freedom: 自由を心ゆくまで味わう ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 144
大歓迎
   
it’s a pleasure of ...: 〜は大歓迎 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 372
得意然として
   
with a mixture of pleasure and pain: 得意然として、かつ、もどかしげに フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 77
保養
   
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 130
面白い
   
take little enough pleasure in this world as it is: 世の中のどっちを向いても面白くない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 47
愉しみ
   
gain much pleasure from ...: 〜に無上の愉しみを得る レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 14
遊び
   
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 458
遊覧
   
pilot the pleasure boats: 遊覧ボートを操る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34