× 書名 著訳者 出版社      最近のランク順 日付順 値段順 
#
『タイトル』 著訳者 [出版社] 出版 書評 ランク 価格
(中古)

51 仮面のダンス ジョージ・ソロスの一家はいかにしてナチ党支配下のハンガリーを生き延びたのかティヴァダル・ソロス, ハンフリー・トンキン, 三田地昭典    [現代企画室] '17.06 440,120 2,376円
(1,500円)
52 主体の後に誰が来るのか?ジャン・リュック ナンシー, エチエンヌ・バリバール, ミケル・ボルグ・ジャコブセン, アラン・バディウ, モーリス・ブランショ, ジャン・フランソワ クルティーヌ, 港道隆, 大西雅一郎, 安川慶治, 広瀬浩司, 鵜飼哲, 松葉祥一, 加国尚志    [現代企画室] '96.04 659,906 4,104円
(1,642円)
53 別荘 (ロス・クラシコス)ホセ・ドノソ, 寺尾隆吉    [現代企画室] '14.08 70,833 3,888円
(2,649円)
54 解剖と変容 アール・ブリュットの極北へ―チェコの鬼才ルボシュ・プルニーとアンナ・ゼマーンコヴァー (Anatomia Metamorphosis)服部正, バルバラ・シャファージョヴァー, テレジエ・ゼマーンコヴァー    [現代企画室] '12.02 571,771 12,521円
(2,490円)
55 アメリカが本当に望んでいることノーム・チョムスキー, 益岡賢    [現代企画室] '94.06 438,102 1,404円
(1円)
56 気狂いモハ、賢人モハ (越境の文学・文学の越境)タハール・ベン ジェルーン, 沢田直    [現代企画室] '96.07 559,765 12,504円
(499円)
57 ぼくらはヴィジュアルで思考する: シームレス・メディアの時代とvideo art(見ることの技術/芸術) (〈1〉) (visual philosophy note)諏訪敦彦, ホンマ・タカシ, 飯村隆彦, 松本俊夫, 西山修平, 瀧健太郎, ジョナサン・ホール, 河合政之, REF lab.    [現代企画室] '13.06 254,679 1,296円
(989円)
58 ボンバの哀れなキリスト (シリーズ 越境の文学 文学の越境)モンゴ・ベティ, 砂野幸稔    [現代企画室] '95.08 558,917 11,316円
(3,700円)
59 チェ・ゲバラの影の下で (インディアス群書)カネック・サンチェス・ゲバラ, 棚橋加奈江    [現代企画室] '18.07 344,584 3,240円
(279円)
60 アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだモフセン・マフマルバフ, 武井 みゆき, 渡部良子    [現代企画室] '01.11 388,412 1,404円
(1円)